« 肌理が | Main | 大雨一過 »

2006.10.06

太陽の傷

佐藤藍子だの吉岡美穂だのの、
お人形も使いこなす、職人ならではの、
ケレンたっぷりな、見せ物にはなってるものの、
その実、ごく真っ当な主人公の、
ごく真っ当な行動形式を描いた、ごくごく真っ当な物語

マスゴミは論外として、法律やら警察やら、
人権派(笑)の弁護士(宅麻伸いいっすねー)やらを、
信用しちゃいけない、なんてのは、
んなもん当たり前の話である。

目には目を、の展開も、親として当然、というか自然。
(藤原健一の「イズ・エー [isA.]」みたいな映画に比べたら、
主人公が超人すぎるけど)
特に、もう扶養家族のいない親にとっては、
ベリベリナチュラルのロハスみたいな話だろう。
相手をこの手で締め上げたいってのは。

|

« 肌理が | Main | 大雨一過 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 太陽の傷:

« 肌理が | Main | 大雨一過 »