« U21黄金世代戦の重役万歳  | Main | へっ? »

2006.10.26

祈るような気持ち

夜、公園の野球場の横を通ると、
いっつもどんな仕事の人たちなんだろうと思う、
親父たちが草野球をしていた。
足を止め、ひと休みすることにして、
アキレス腱なぞを伸ばしたりしながら、
しばしまったりと試合の流れを追う。
とはいえずーっとはこうしてもいられないので、
次にカツンと快音が響いたら行こうと、
切りをつけやすいルールを決めたのだった。

…で、
20分だよもう。

フォア・ボールや盗塁や三振で、
試合は進んじゃぁいるのだけれど、
何たってボールが前に飛ばねえんだよ。
だんだん寒くなってきて、
体も冷えてきちゃったしなぁ…
と、バックネットに顔押しつけんばかりにして、
これほどまで必死になって見てる観客は、
他には絶対いまい。
というかこうまで身を乗り出されてるとは、
奴らの誰も思いもしてないだろう。

つうかさぁ。
何でチャッチャと打てないんだよおら。
別に目の覚めるような当たりの長打を要求してる、
ってんじゃないんだからさあ。
ピッチャーももっといい球投げてやれよ。
ちっとも当たんないじゃねえか。どころか、
てめフォア・ボールばっか出してんじゃねえよ。
あ゛ーイライラする!
何でイライラしなきゃいけないのかよくわかんないから、
余計イライラする。イライライライラ。
うわまたチェンジかよもカンベンしてくれよ、
てかベンチまで走れよこの野郎、あ゛ー、缶投げるぞこら。
ちきしょー腹減ったぞ帰りてえよー!ったく!がああ!

|

« U21黄金世代戦の重役万歳  | Main | へっ? »

Onion opinion」カテゴリの記事

Doubt」カテゴリの記事

Happenings」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 祈るような気持ち:

« U21黄金世代戦の重役万歳  | Main | へっ? »