« 魚の顔 | Main | あまりに気が急いていて、 »

2006.10.14

帰ってきたカナメ

…と言っても、昨日今日の話ではなく、
もう8月にはケガから帰ってきてたのではあるけれど。
2カ月経ってる、笑。

前半10分。
主審の気まぐれでゴール正面にて得たFKを彼が蹴った瞬間、
自分の見ていた位置からは、キーパーの右上にぽっかりと、
穴が空いてるのが何の障壁もなく見通すことができ、
ああ、あそこに、
ボールが吸い込まれていくのだ、との“確信”に打たれて、
回りよりも先に、「入った!」という叫びを上げたのだった。
くれぐれも誤解のないように重ねて書いておくと、
それは確かに、
“願い”や“望み”というものではなく、“確信”だった。
久しぶりの、懐かしい“確信”…
天皇杯の予選か何かで、
池田が同じようなFKをぶち込んだ時以来の”確信“。
少なくとも東京にあるチームの中だったら、
彼と同じキックを蹴れる奴はもはや他にはいない。

そして彼は本職でも大活躍で、
的確に敵の攻撃を潰しては、
前線に目の覚めるようなパスを供給した。
危ない場面も救ったのが1度や2度ではなく、
J崩れどもの悪質なアフターで彼が削られた時は、
考えるまでもなく“殺すぞ”で対抗。
彼を削るような輩は真っ先に滅ぼされなければ、
フットボールの為にはならない。

試合後、彼=伸吾を称えるオーレのコールが、
聖地のグラウンドにこだました。
そうだよな。今日は伸吾の日だったと言っても、
決して過言ではないだろう。

G_ura2

|

« 魚の顔 | Main | あまりに気が急いていて、 »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Comments

殺すぞ!の声が職場まで聞こえました(笑)

Posted by: socio napoletano | 2006.10.16 15:29

ぶっさすぞ、ぶっさすぞ、ぶっさすぞ。

Posted by: 泡羽 | 2006.10.16 17:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 帰ってきたカナメ:

« 魚の顔 | Main | あまりに気が急いていて、 »