« 修正テープの歌 | Main | 立ち上がってみんなでガナろう »

2006.11.29

没後15年

新聞のラジオ欄のコラムに、J-WAVEが、
セルジュ・ゲンズブールの没後15年を記念して、
特集を組む旨の記事があった。
…とはいっても、個人的には、
その没後何年記念とかいうのには全く興味がなくて、
どうでもいい話なんだけど、
引っかかったのは記事後半の、
以下の部分。

日本では英語圏の話題はよく取り上げられるが、フランスのアーティストの特集は少ない。
「ものの見方は一つじゃない。価値観は多様。アメリカ以外の音楽や文化にも目を向けよう」という思いが制作者にはある。

まぁ言いたいことはわからなくもないけどさぁ、
“アメリカ以外…目を向けよう”と大きく振りかぶっといて、

フランスかよ。

価値観は多様、ねぇ。
アメリカの方がよっぽど多様だったりして。笑。

“フランスのアーティストの特集が少ない”のは、
単に20年ぐらい遅れてっからじゃねえの?
つか、“アメリカ以外の音楽や文化にも”って、
いつの時代の物言いだよ。
さすがJ-WAVEクオリティー。

|

« 修正テープの歌 | Main | 立ち上がってみんなでガナろう »

So Nota」カテゴリの記事

Onion opinion」カテゴリの記事

Comments

ミシェルポロナレフ。

Posted by: anchez | 2006.11.30 01:29

オロナインナンコー。

Posted by: 泡羽 | 2006.11.30 21:11

ゲンキハツラツ。

Posted by: sanchez | 2006.12.01 01:18

ラッツスタータベタソノヒカラ。

↑長い、荷風。

Posted by: 泡羽 | 2006.12.02 12:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 没後15年:

« 修正テープの歌 | Main | 立ち上がってみんなでガナろう »