« 1日 | Main | 歳末日々是罵詈 »

2006.12.05

がなれ2

今日も呆けたまま、業務傾倒で紛らわせて終了
…したかったんだけど、やっぱ書いとく。

本日を限りに解散というチームの最後の試合で、
そのチームの選手に何の躊躇いもなく、
赤いカードを振りかざすレフェリー。
それも悪質な反則とかしての“一発”ではなく、
ご丁寧なことに黄色2枚での計算ずくで。
いや、別に便宜を図れ、みたいな、
シミったれたことを言うつもりは毛頭ないのだけれど、
それにしても、永遠の思い出となる試合に臨んで、
声を枯らして狂ったように応援するサポーター…はまだしも、
その有終を見届けるためにわざわざ足を運んできた、
選手の関係者や積年の馴染み客、
そんな人たちの“思い”について、
考えることは何もないのかねぇ。
それともなにか、あくまでルール遂行に精励すれば、
それで満足ってことなのだろうか。

わざとだけど、
少し極端な喩え話を出す。

第2次大戦当時、有名なアウシュヴィッツ等の収容所では、
ごく普通のドイツ人が、それこそ“勤勉に”業務に励んでたという、
よく知られた話がある。
個人的には、ドイツ人が勤勉だとは、
これっぽっちも思わないんだけど(日本人も同)、
その話と、ルール絶対遵守主義とは、
同じラインの上にあるように思えるんだよなぁ。
それとも、あくまで正確無比な人間判定マシーンになれ!とか、
上、というか、大本営から強いられてるのかい?
違うよな、率先して励んでんだよな。
自分の判断ってものがないから。ない人間ほど。

いずれにせよ、
大先生の足を折った、あの、元名古屋のクズGK同様、
最大級の侮蔑と共に、
アンタの名前はいつまでも忘れないよ。
反フットボール主義のレフェリーさんよ。

|

« 1日 | Main | 歳末日々是罵詈 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference がなれ2:

« 1日 | Main | 歳末日々是罵詈 »