« こういう試合が観てえんだよ | Main | 凍死しそうな夜の »

2006.12.10

親父リーグ戦第3節

を見に行く。

2節もサボってしまった上で3節もだから、
そりゃヤマヤマなんだけど、

やりに行くのではない。
見に行くのだ。

20分自転車をこいで坂を上り下りし、
2時間遅れでグラウンドに着く。

すでにチームの試合は終わってしまっていて、
初勝利をあげたそう。

やりに行ったのじゃなく、
見に行ったのだからそれでOKだ。

リーグ戦3試合の後、余った時間で親善試合が行われ、
10分だけ出た。

あちこちで「何でスパイク持ってんだよ」と言われたけど、
何でか自分も知らない。バッグの中を見たら偶然あったのだ。

だって見に来たのだ。やりに来たのではない。
なぜチームメイトが信用できないんだ。

ストッキングもスネ当てもパンツも偶然入ってたに過ぎない。
誰も真に受けてくれなくて悲しい。

犯人は俺じゃない。真犯人は別にいる。
俺は国家に利用されただけだ。大きく出てみた。

ま10分だけなんで踵は痛くならなかった。
陰謀に巻き込まれながらも、一寸の陰謀にも五分の無痛だ。

20分自転車をこいで坂を上り下りし、
ネギ玉豚丼を食って帰った。

やりに行ったのじゃなく、
見に行ったのだからそれでOKだ。

3setu_mode_seminor

|

« こういう試合が観てえんだよ | Main | 凍死しそうな夜の »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親父リーグ戦第3節:

« こういう試合が観てえんだよ | Main | 凍死しそうな夜の »