« 土曜そういや2 | Main | 都心 »

2007.01.24

覚書(本当に覚書)

見どころはやっぱり終盤。
特に、主人公の父親が亡くなって
(この“父の死”という、
ありがちなエピソードの見せ方がまた、
ぶっきら棒なまでにストイックで唸らせるんだけど)、
主人公の父親が亡くなって、
そこからエンディングにかけては、
主人公の“妄想”、と取ることも可能なわけだから、
で、あのラスト…
体操競技なら10点10点10点10点と並びそうな、
もう呆けんばかりに過不足のないラスト
(思わず“おっけー”と呻いてしまった)
そりゃ、終わり良ければ、ってもんでもないけど、
あそこらへんが何とも「大人の作品」というか、
いや別に大人の恋愛を扱ってるから、ではないし、
だいたい主人公たちはちっとも大人じゃないし、
そもそも、あんなことあり得ねえよ、って話では、
あるのだけれど、
「大人の作品」と言われる所以なんだろなぁ。

逆に決まり過ぎてるところに、
破れがなさ過ぎとかケチつけてみたり。笑。
あと、タンゴはどうでもいいような扱いのとことか。笑。
(タンゴじゃなくたっていいんじゃねーの?)

トレーラー(音出る注意)

それよか。
「東京タワー オカンと~以下略」の監督が松岡錠司ねぇ…
何というかチャレンジャーというか、
同じ年齢の監督(61年生まれ)でいうならば、
三谷幸喜級につまんない映画撮る人だからなぁ。苦笑。
いや、もちろん個人的な相性の問題ですけどね。
でも「大人の作品」にも程遠いしなぁ。三谷幸喜級に。笑。

|

« 土曜そういや2 | Main | 都心 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 覚書(本当に覚書):

« 土曜そういや2 | Main | 都心 »