« January 2007 | Main | March 2007 »

2007.02.28

五輪二次予選、所詮

いやー、さぶいなー。
もう今週末にJも開幕だってのに、
ケガはしたくねえよなー。特に筋肉系、こういう日は。
レギュラーだしさー、チームに迷惑かけるわけにいかないし。
そりゃ香港君たちは思いっ切りやりゃいいだろうよ、
勝たなきゃいけない責任ないしなー、
仮にケガしたってたっぶり休める?だろうし、
公式戦なのに審判もなぜか中国人だし。
いや、ヘディングとか競りたくねえなー。
技術ない人たちはムチャしてくるし。
とにかく、要は勝ちゃいいだけなんだから。
極端なこと言えば、1-0だっていいわけで、
…って、インタビューとかじゃそんなこと言えませんけど。
大体まだ最終予選じゃないんだから、
ここでエンジン全開にしてどーすんだよ。
シロウトじゃねえんだから。
監督だってそんなことわかってるから、
外向けはポーズだしなー。あんなにうまくできないよ。
は? 前売りが6000枚しか売れてない?
んなの当然じゃないのかなー、
勝って当たり前のつまんない試合なんだから。
そもそもお偉いが言うようなことじゃねえだろ。
え? 最低でも3点は取れ?
あのさー、客のカタルシスのための試合じゃないんだから、
得失点差得失点差と鬼の首を取ったように言われるけど、
1-0、1-0、1-0でも、
とりあえず全部勝ってけばいいんでしょ?

…てな試合でしたね。笑。

水野とか明らかに足気にしてて所々やる気ナッシングだったし、
“俺の”重役10番だって、
50パーセントぐらいの流し運転だったし、
平山ひとり調子抜群だったようで。

あとホンコンも、限定された域内で、
めちゃくちゃ走りまくってたからなぁ…
つなぎはきつかったかな。

さらにいえば両青山の出来が余り良くなく、
ボランチは後半から替えてくると思ってたんだけどねぇ。
つか、谷口出さないのは、
もしかして関塚監督との密約? 苦笑。

…にしても、オシムが“青山に目”ってのは、
鈴木といい、一貫性があるとは言えるよなー。
あすこのポジションに、テクはいらないと。笑。

U22日本代表 3-0 U22香港代表

Combi
調子良かった人と調子いつもよくわかんない人

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.27

スペース

Post

ちょうど鉢植置くのにいいし…
じゃないような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.26

2月

今朝、家の回りで、
鶯がホケキョと鳴いていた。
2月…

ゼイムショはあるし、
ギョーム・アポリネールは重なりまくるし、
一時体調は崩しかけるし、
CLは再開しやがるし、
金はないし、で、
正直今月はツラかったよ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.25

37番

烏滸がましくもだねえ。
自社ボランチ業の、ま、ほんの小指の先ほどでも、
参考になるとこがあるんじゃないかとだね、
改めて、というか、目を凝らしてたってわけだよ。福西。


あんなの、一般人の、

参考になるか! 苦笑。


えーと…、
7番は、
少し参考になったよ。
やっぱ7番は7番だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.24

ハーモニーおたく

去年か一昨年だかに出た、
DVDの「ナッシュヴィル・サウンズ」(←日本では大して、
話題にもなんなかったものの結構好盤)で、
ブライアン(・ウィルソン)が自分のことを言ったのが、
そう訳されてたのを見て思わず笑っちゃったんだけど、
昔はあまり好きじゃなかったビーチ・ボーイズが、
時々頭ん中でぐるぐる回るようになってんのは、
(特に「I get around」だとか、
「Be true to your school」だとかの超メジャーどころ)
年のせいなんだろうか? 苦笑。

Nashville_sounds

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.23

オートゲート

下町階級とはいえ、最近、
そういう設備があるんだってことぐらいは知ってる。
でもわざわざ書いたのは、
自転車用ってのがあったんで。自転車用だよ自転車。
ICカードなんぞを使って出入るんだそうで。

Auto

世も末だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.22

春愁

今いる事務所前に時々菓子屋がやってきては、
菓子のばら売りをしてったりするのだけれど、
今日、自分の歳の半分ぐらいの女の子に、
“買いにいきましょうよ”と誘われて、
“んなもん行かねえよ”と苦笑しながら答えると、
どうしてと真顔で聞くので、
“金ねえもん”と冗談で言ったら、
一人で行ってきた彼女が、25円だったという濡れ煎を、
「はい、食べて下さい」とおごってくれて、
とってもたそがれた気分になった。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.21

チーム重役

ひとり梶山のみならず、
ふてぶてしさタップリな重役メンツが揃っているので、
ある意味“黄金世代”などよりもはるかに、
“何かやらかし”感がプンプン漂い、
思い入れを増長させるザ“チーム重役”なのだけれど、
確かに点こそ入んなかったものの、
(あれしきのことで「決定力不足」とか、
デカデカ載せる新聞ばかりってのも…苦笑。
だいたい“決定力不足”って物言いだけど、
単なる語彙力不足、思考力不足、
つまりバカまる出し語、ってことが、
わかって使ってんのかねぇ新聞さまー笑)
個人的には、本田圭が今ひとつ元気なさげに見えたのと、
谷口をハナッから入れてみる手は?、ってえのが、
少うし気になったぐらいで…
ま、あんなもんでしょ。
海外組抜き?の相手とはいえ(そっちの方がこわいぞ)、
ウンが良けりゃあ2、3点は取ってたし
(3-1ってとこかね? 別にここでウン使う必要はないし)、
チーム重役のザ重役オブ重役、我らが10番は、
“イメチェン”だの“別人”だのがどーたらこーたらなどと、
意味不明なことも書かれてたりしたみたいだけど、
あれが通常営業、ってか後半消えてる時間もあったんで、笑、
まだ7割にも満たない出来だったと思うし。
おいおい、通常営業が7割なのかよ。もっとシュート打て。

U22ザ・チーム重役 0-0 U22アメ公

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.02.20

前腕屈筋群損傷

いや、損傷ってのはかなりオーバーなんだけど、
前腕屈筋群という、もう何か、
字面を見るからに屈強な筋肉の、
でも別に鍛えてるわけじゃなくてヘナヘナなので、
そこの筋肉痛ってのを最近やって、その時に、
どういう予期もしない不便があったのか、ということで、
その最大のものを抜粋しておく。抜粋。

その1…ケツが拭けない。

これまでハンパじゃない年月を生きてきて、
全く意識してこなかったという体たらくなんだけれど、
ケツを拭く時には前腕屈強筋が必須アイテムなんだよ、
これが。で、そこが「いててててて」だと、
トイレット・ペーパーをムンズとつまんで構えることができず、
ただ尻を撫で撫でするほかない。
撫で撫でを人に見られたら、痔だと思われる危険性さえある。
いや、こいつは前腕屈強のせいで、
決して痔なんかじゃないんだと叫べば叫ぶほど、
「隠さなくても大丈夫ですよ社長」と、決めつけられてしまった。
社長じゃないんだけど。

その2…シャーペンが持てない。

シャーペンというと軽さの代表選手のような文房具で、
軽いと言えばシャーペン、なのだけど、うそ、
シャーペンを親指と人差し指と中指でつまむのにも、
屈強が必要なのだったやっぱり。いや、
正確に言うとつまめることはまだつまめるんだけど、
何か痔を、じゃなくて、字を書け、となると負荷がかかって、
いや負荷ってほどたいそうなもんでもないんだけど、
とにかく字を書け、をすると「いててててて」だ。しかし、
ちょうど“薔薇”と書こうとしてた時で、
書かないでいると、まるで字を知らないみたいで、
もちろん“薔薇”ぐらいはソラで書けるんだけど、うそ、
屈強の痛さに顔をしかめながらノロノロしてたら、
「隠さなくても大丈夫ですよ社長」と、決めつけられてしまった。
プライドが粉々に砕けて散った。
プライド・オブ・社長。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.19

とんでもない偏食の

持ち主であり、とてつもない偏見の、
持ち主でもあるため、

すなわち理由の見通せる偏見は低級な偏見であるが、理由のない偏見こそ高級な偏見だ

なんて文章を本で読むと思わず顔が綻ぶ。

…というより、
今何気なく調べてみてわかったのだけれど、
3年前の今ごろ、
“たまたま”、同じ著者の本を読んでいて、
同じ日に、って今日なんだけど、ちょうど読了。
読了後、今日と同じその日付で、
ぐだぐだここに書き付けをしたりしてたのだった。
いや、3年前のあれっきり、
同じ著者の本を1冊も手に取ってないどころか、
その著者の名前すらもすっかり忘れてたのに…

もちろんそこで運命論を持ち出すほど、
まっつぐな心の持ち主であるわけはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.18

不作為

休日の
耳に染み込む
芝火かな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.17

Tommy_car

2週連続サル。も久しぶり。久しぶりのことが多い。
というより、久しぶりと感じることが多い? のは、
何の兆候なんだろうか。兆候かもしくは本当に、
単なる記憶力散漫? いや、実際に久しぶりだと思うけど。
記憶力に神経質になってる? というか、久しぶり、が、
久しぶりに感じられない方がマズイよね、いえーい!

平均年齢が自分の年に近い老年チームに分けられたのに、
連戦の続く策略?にハメられて死亡。
…と、対外的には年のせいにしながらも、
走れないのは走ってないからなのを自覚してたりして。
ちゃんと。

まだ2月だから。1日雨だったし。これから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.16

祭スタート

はいはいはいはい、
、始まってますよー!

まぁサルゲイロの副会長ご夫妻が、
開幕直前、暴力方面の方たちに消されたり、
いつもながらに物騒なんすけど。

去年の優勝は、
創立60周年のヴィラ・イザベル!だったんだけど、
今年はマンゲイラかペイジャ・フロールの復権か。
登場順はちょっと早いんだな、マンゲイラは。
ポルテイラあたり、来ないだろうかいきなり。

エスコーラの歩き出しは日曜の夜から。笑。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.02.15

開かずの間

Okaz

今日は“開かずの間”でいこうとして、
例の84円ノートに昼メモしといたのだけれど、
ゆっくりメモしてる時間はなかったため、
全部ひらがなでメモ、“あかずのま”。
後からだと、非常に間の抜けた感じに見える。
何故か?
やっぱり“ま”がいけないのだろうか。
それとも“の”? “ず”か?
あるいは “あかず”が“おかず”に見えるから?
“おかずの間”。
確かに間が抜けてはいる。 
“かず”も主犯かもしれない。
“あの間”。
主犯を飛ばして何のことか説明し切る自信はなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.14

5-5-3

特急とか急行とかのシステムを、
全部やめてみたらどうなんだろう。
遠くから出てくる場合それなりに、
時間がかかるのはそりゃ遠くへ、
行くんだから当たり前という事で。

ちょうどアレに似てるよな車線を、
次々に変えて信号はすっ飛ばし、
必死こいて同時に周囲四方にも、
決して少なからぬ迷惑をかけて、
短縮されるのがせいぜい約5分、

その5分はまたテレビでも見るか、
ダラダラ仕事でもするかいずれに、
せよムダに費やしてしまうわけで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.13

メモ帳

Memo

普段伊東屋で税込84円で買うでも別の文房具屋でも多分普通に買える何の変哲もない昔からあるちっこいノートを常々メモ帳として愛用していてそこに仕事の手順だの街で見かけた奇人変人覚書だの何々が幾らだったかだの今日の予定だの今日のポエムだのポエムは嘘だけどだのあることないこと無秩序に書きつけてるのをどうも出先に置き忘れてきてしまったらしく鞄の中を探したのだけど見つからないのにまだまだ探す気で夢の中へなど行ってみたいと思いませんよともかくアレが無かったら死ぬと思ってたモノがでもいざ手元にないとそうでもないのが意外生きてるしまだ笑どうせ中見られたって何書いてあっかわかんないだろうしただ不便なり候。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.12

4時間、ってことで

9時から1時までグラウンドが取れてる、ってことで、
でも親父チーム母体のクラブがちょうど大会シーズン、
コーチ兼業の親父たちはもちろんそっちに借り出されて、
出席率がとっても悪そう、ってことで、とすると、4時間長すぎ、
けど人数がいない、だったら1時間ほどは体ほぐしで、そのあと、
7~8人でたらたらと、いや結構たらたらじゃなくなるんだけど、
ともかく恒例のミニ・ゲームかなぁ…、なんて考えながら、
まったり、ってことで、30分遅刻したりしつつ現地入り、
と、…ん? どうも様子がヘン。人がやたらいる。
あれ? ?????

人数少を見越してだったのか、
別のとこから2チーム呼んで親善試合を始めてた。苦笑。

Fure_ai

ってことで、
3チームってことは昨日と同じだよ。苦笑。
25分6セット。のうち3セット。
きつかったので1セットはサボリ。トイレに隠れてた。うそ。

2試合目には、ボランチ転向後(って転向してるのだろうか?)、
あまり取れてなかった得点も(1-0勝ち)。
ま、誰でもそこにいりゃ取れる点だったけど、
調べてみたら去年の9月以来。
ってことで今季初。少し嬉し。ってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.11

SG

サイモンとガーファンクルじゃないよ。
っても、今の若者はそれさえ知らない。笑。
スポーツガーデン@おしゃれにて、
初蹴りに行けなかったので、
2カ月ぶり?のお誘いサル。
しかも外サルはもっとものすごく久しぶり。

3チームで、A対B、B対C、C対A、
という風に回して、どのチームも2戦連続のキツ場有。
加えて自分の入った個人参加チームは、
交代要員がゼロだった、つまり出ずっぱり必須なうえ、
戦術上?さらにもう一人マイナスの形で戦わなければならず、
後半は“みるみるうちに足が止まっ”てのサンドバッグ状態

…だったんだけど、
4人の味方のうち1人、
一緒にやるのが今日初めての背が高く若い子がいて、
彼の守りというのが、敵と対峙した時のガマンの仕方から、
絶妙なタイミングでの体の入れ方、足の出し方まで、
とにかく水際立っていて、その割に、
テク持ちによくいがちな攻めダルマにもならないので、
最初は遠慮?と思ってたものの、
途中でピン!と来て確認したら、
案の定DF君だった。センターとサイド、両方やってるとのこと。

やっぱり本職の守りは違う。

Sg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.10

4年前の改正

建築基準法。たぶんそいつによって、
大川べりや多摩川べりを例に出すまでもなく、
今、都内近辺、10階以上の高層マンションが、
バカスカ建って、あるいは建てられようとしていて、
せれぶな生活、らしいんだけど、
大丈夫? いろんな意味で。

Bil

個人的にはすっげー怖がりなので、
縄梯子、苦笑、あたりで降りられる以上の高さだと、
まず落ち着かない。眺望の良さなんかどうでもいい。
例えばハリウッド映画などで、
金持ちが階下の夜景を見ながら一杯、なんて、
たいていオープニングに出てくるような、
そのシーンでもう引っかかっちゃうんだよね。うわー、
そんな生活がいいのかよ、とか。

ま、そもそも、
買えもしないんですけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.02.09

今日外出する時に

そういえばお大尽気象庁の回し者どもが(あ、今後は、
そんな風に呼んでみる↑ことにしましたんで、よろしく~)
天気予報で喜々として「暖かい洗濯日和で云々」などと、
言ってたのをふと思い出したため、当然ながら逆張り。
まず防寒をいつもよりキッチリとして(奴らはビル風とか、
そういうことは全くお脳にない)、さらには折り畳み傘まで、
ちゃんと持っていったら、さすがに雨は降らなかった。笑。
しかしながら騙されるよりは170倍いい。ましてや、
真面目なフリをしてふざけてる奴に騙されんのは、個人的に、
ガマンがならない。ふざけてることに真面目な奴はOKすけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.08

あえて同郷なんて都会っぽい言葉を 笑

目線の近い人と鍋をするのは、
本当に楽しい。

ましてや同郷ならなおさら。

いや、同郷だから目線が近い?

厳密に言うと(厳密じゃなくても)、
“同”とは言えないかもしれないけど、
渋谷と品川は電車で10何分ぐらいだから、まぁ同郷。笑。
同じ周縁でもあるし。

片づけもしないで出て来ちゃうとこは、
本当にダメだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.07

シモンにやられた

クアレスマの右からのクロスを、
これしかない、ってな感じの、
美しい走り込みのボレーで。
絵に描いたようなカウンター。
(カウンターじゃないけど)

ジエゴが入ってから、
リズム良くなってたんだけどねー。
典型的な好事魔多しパターン。
ジエゴはやっぱ相棒がいないと、なんて。
(ホビーニョはリーグで足を痛めて不在)

2点目も集中が切れたFKから、
似た形のボレーで。リカルド・カルヴァーリョ。
ポルトガルにとっちゃ、
これ以上ないって展開だな。

ドゥンガ先生ついに初黒星。

親善試合 ブラジウ 0-2 ポルトガル(久々にナマ中継観戦)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.06

平熱

がもともと高め設定なので、
今日はたぶん軽く、
7度台後半あったのは間違いないのだけれど、
9度以上になって初めて、
“ゾクゾクするな”と感じる体質なので、
8度台でもまぁ平常営業十分可、
ましてや7度台なら特にどうってこともなく、
仕事して普通に過ごした。
敢えて言うならちょっとだけ“だりぃ”って気分か。
でも“だりぃ”ってのはいつも口にしてるし。笑。
さらにセキとか鼻水とか嚔とか他に症状が皆無なので、
今日会った人にも当然気づかれることなく、
明日には終了してるような雰囲気も。

それにしても、
2月の頭はいっつもこんな不良状態なのが何とも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.05

小春日和、

Iciなので一所懸命にArcade Fireの「Rebellion」を口ずさもうとしてるのにどうしてもEnoの「Needle in the Camel's Eye」になってしまうのは何で?音痴系?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.04

ロバになるぞ

公私ともにいかがわしさ爆発の、
クリス君、苦笑、楽屋にて。

Chris

そっち方面で今日は1日ビルんなか引きこもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.03

準決勝は通常、決勝より面白い

全日本選手権。
第1試合は得意の(お約束の?)兄弟対決。笑。
事実上の決勝戦ってやつだろう。

ファイル出だしの集中力には目を瞠るものがあって、
特に2番小宮山を中心に守りはホント素晴らしかった。
同様、後ろから前から思い切りのいい3本のシュート、
を浴びせて、畳みかけるように奪った先制点も見事。
この時点では大洋は全くいいところがなく、
もしかしたらもしかして、という風にも思ってたのだけれど…

とある選手のちょっと気を抜いたプレーが呼び水となって、
前半中に実にもったいない失点。
それは本人、自分のミスだったことが、
誰よりも一番よくわかってると思う。

伊藤は今日も良かった。
パスの起点としても十分に精度が高い。
大洋のプレーは、ひと言で言うと“重さがある”のだけれど、
ファイル側ではそれは伊藤だった。
とにかく混線してボールを取られることが物凄く少ない。
改めて。こんないい選手だったのか。
いろいろ役割もこなせるし…

しかしさすが大洋は強し。尻上がりにますます。

関係ないけど、客席にヒカルドもいた。

Oscar_team

第2試合は、うーん。…いや正直に書くか。

アスレのあまりの勝負際の弱さに、
顔では大笑いし内心唖然としてた。
おいおい、というか。

大洋・ボラとかのエグイまでの時間稼ぎを思い返すと、
明日の勝敗はすでにもう決しているのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.02

本年度最後の

代々木。もうしばらくは来ない。

Yoyogi

受験生?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.02.01

べ。びすた。らーめん?

この国を背負って立ってる、らしい?N放送協会さまの、
“私企業の名前は死んでも言わんぞ”純潔主義からは、
どうもMSは除外されてるみたいで、朝昼晩のニュースなどで、
大宣伝してるのは、なぜなんだろう?、どうしてなんだろう?、
なんだけど、ヴェトナム、インドネシア、南アフリカ、トルキエ、
そしてびっくりアルヘンも、合わせて“びすた”というそうで、
ちまたは“びすた”ばやりで、ああこりゃめでたしめでたし、
なんだけど、東京スタジアムは“東スタ”と言われてたのに、
というか東スタは東スタで別に企業の都合にこっちから、
合わせる必要など毛頭ないと思うのだけど、神戸ウィングは、
じゃねえかユニバーか、ま、どっちでもいいけど“びすた”、
とは言わないのは、なぜなんだろう?、どうしてなんだろう?、
なんだけど、それならFCの方じゃないか、論理的に考えると、
じゃあFスタか? そう呼ぶのが筋きだろうよ、といわれると、
でも、Fスタってのはファミスタの略かよとゲーテ言い、…で、
何だっけ? あ“びすた”か、あ“びすた”福岡、というか、
ぶっつけ書きで1日分埋めるのはやっぱつらかった2月1日木。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »