« 不作為 | Main | 前腕屈筋群損傷 »

2007.02.19

とんでもない偏食の

持ち主であり、とてつもない偏見の、
持ち主でもあるため、

すなわち理由の見通せる偏見は低級な偏見であるが、理由のない偏見こそ高級な偏見だ

なんて文章を本で読むと思わず顔が綻ぶ。

…というより、
今何気なく調べてみてわかったのだけれど、
3年前の今ごろ、
“たまたま”、同じ著者の本を読んでいて、
同じ日に、って今日なんだけど、ちょうど読了。
読了後、今日と同じその日付で、
ぐだぐだここに書き付けをしたりしてたのだった。
いや、3年前のあれっきり、
同じ著者の本を1冊も手に取ってないどころか、
その著者の名前すらもすっかり忘れてたのに…

もちろんそこで運命論を持ち出すほど、
まっつぐな心の持ち主であるわけはない。

|

« 不作為 | Main | 前腕屈筋群損傷 »

Ahorism」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference とんでもない偏食の:

« 不作為 | Main | 前腕屈筋群損傷 »