« 本年度最後の | Main | ロバになるぞ »

2007.02.03

準決勝は通常、決勝より面白い

全日本選手権。
第1試合は得意の(お約束の?)兄弟対決。笑。
事実上の決勝戦ってやつだろう。

ファイル出だしの集中力には目を瞠るものがあって、
特に2番小宮山を中心に守りはホント素晴らしかった。
同様、後ろから前から思い切りのいい3本のシュート、
を浴びせて、畳みかけるように奪った先制点も見事。
この時点では大洋は全くいいところがなく、
もしかしたらもしかして、という風にも思ってたのだけれど…

とある選手のちょっと気を抜いたプレーが呼び水となって、
前半中に実にもったいない失点。
それは本人、自分のミスだったことが、
誰よりも一番よくわかってると思う。

伊藤は今日も良かった。
パスの起点としても十分に精度が高い。
大洋のプレーは、ひと言で言うと“重さがある”のだけれど、
ファイル側ではそれは伊藤だった。
とにかく混線してボールを取られることが物凄く少ない。
改めて。こんないい選手だったのか。
いろいろ役割もこなせるし…

しかしさすが大洋は強し。尻上がりにますます。

関係ないけど、客席にヒカルドもいた。

Oscar_team

第2試合は、うーん。…いや正直に書くか。

アスレのあまりの勝負際の弱さに、
顔では大笑いし内心唖然としてた。
おいおい、というか。

大洋・ボラとかのエグイまでの時間稼ぎを思い返すと、
明日の勝敗はすでにもう決しているのかもしれない。

|

« 本年度最後の | Main | ロバになるぞ »

Futsal」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 準決勝は通常、決勝より面白い:

« 本年度最後の | Main | ロバになるぞ »