« 誘われて | Main | 最後の触れ合い »

2007.03.18

トルーカから気合いを込めて

少し早起きして、
でも何のことはない追っかけで、苦笑、
中継を見たのだけれど、
アツイ試合だったなぁ…

これ以上ない展開の先制点から、
でも30分までに点を取られたら、
結構ヤバイよ、といったところでの、
これ以上ない最悪の逆転弾まで、
ほとんどジェット・コースターな展開。
で、やられるかもな、と、
正直覚悟はしてたのだけれど、
特に後半など、ホントよくゲームを殺したよ。
宮本や大谷らヴェテラン陣の、
途中投入も良かったし。

何より値千金の点を取った後も、あの高地を、
終始走り回ったボンバーに代表されるように、
彼女たちの“勝ちたい”という気持ちを強く感じた。
指示が出てるにせよ、FWとしては本来、
一番避けなきゃいけない動きなんだけど、
でも点だって決めたんだから、
ぐだぐだ言う奴はどっか行きやがれ。荒川は偉い。

ワールド・カップ中国2007予選プレーオフ第2戦
日本 1-2 メヒコ

|

« 誘われて | Main | 最後の触れ合い »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トルーカから気合いを込めて:

« 誘われて | Main | 最後の触れ合い »