« 軒昂の助言を容れる | Main | “走る”ことと“闘う”こと »

2007.04.27

ラッパー調

といえば、今さら、なんだろうけど、
こないだようやく、出た、
「ブロック・パーティ」。のDVD、見た。

“暗闇に黒人がいて怖かった”式のネタも満載の、
デイヴ・シャペルの与太…でもこういうタフな笑いが、
どこかの国には全くないんだけどさ、
糞みたいな内輪ウケばっかで…にヘラヘラしてるうちに、
ツルツルっと1時間40分、ぐらい。

会場のベッドスタイは、
「ブラックとヒスパニックのミックス・エリア」で、
まぁブルックリンだしねぇ…と、
東京のブロンクス出身者は親近感を覚えるわけで、苦笑。

で、ビギー(ノトーリアス・B.I.G.)の通ってた保育園に、
行って協賛してもらったり、いろいろと面白くなってくわけだ。
ビッグ・ダディ・ケインは出てるし、
もちろん2パックの話も出てくるし。

…という見方の一方で、総指揮のデイヴ・シャペルが、
自分の地元に行って、街の人たちをライヴに誘ってくる、
ってところがまたうまくできてんだよ。
監督はビョークの「ヒューマン・ビヘイビア」で登場した、
ミシェル・ゴンドリー@おふらんす野郎。
個人的にもまぁ最初は「なんだよ“おふらんす野郎”かよ」、
というローリン・ヒルと同じ反応だったんだけど、笑、
特典のインタビューとか見ると、
こいつがデイヴと同じぐらいに効いてんだよな。

んで、デッド・プレズの煽りや、エリカ・バドゥのダイヴで、
“んをををー”と思うし、
フージーズ+ローリンで“ああああー”と思わされるし。
何たって奇跡の復活でロバータ・フラックだから。
キリング・ミー・ソフトリー。やさしく歌ってソフトに殺して。笑。

…という見方関係なくて何も先入観なくて見ても、
ブラック・カルチャーに興味ある人なら1200%面白い、
コメディアン+おふらんす両輪映画ですよぅ。
あ、あと、ローリンやっぱ顔小っちゃ!

Blockparty

|

« 軒昂の助言を容れる | Main | “走る”ことと“闘う”こと »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラッパー調:

« 軒昂の助言を容れる | Main | “走る”ことと“闘う”こと »