« 「もう、選手としての私を見ることはないだろう」 | Main | 防御線付 »

2007.05.31

社会人リーグ

実は、去年から結構気になってるチームがあって、
なぜかという大きな理由の一つには、
そのチームが自分の出身地を本拠の一つと唄っていて、
要はまさに“地元のチーム”であるからなのだけれど、
去年は3部を何と全勝、しかも無失点(!)で通過し、
いよいよ2部に上がってくる、とのことだったので、
まずは見に行きたい、と思ってはいたものの、
今年からこちらも突如3チーム抱える身になってしまい、
JFLこそ予定から失われたもののやっぱりなかなか、
予定を合わせることができずに歯ぎしり、
それでも何とか無茶なことをして時間をヒネリ出し、
天気の良い5月某日、ついに初対面してきたのだった。

実は、その時の相手チームというのがまた、
友人のバリバリな地元サポート・チームであり、
当然、現地で友人とは顔を合わせたのだけれど、
別にそのチームを応援してもいいぐらいに、
関係遠からぬチームであって、事実、
友人とは一緒に試合を観戦したのだけれど、
やはり初めて見たそのチームというのも、
すこぶるいいチームで、前半、2点を連取した時など、
どちらも素晴らしいシュートの炸裂で、
思わず「おおー」という声を上げてしまったほどだった。

しかしながら結果は、5-2。
先に2点奪われたゲームを、美しいコンビ・プレーで、
城南のチームはいともあっさりと引っくり返したのである。
で、そういえば、これって、どっかで見た光景だよな…、
ゲームの間中、そんなことをぼんやり考え続けていて、
ふっと思い出したのが、往時の佐川東京SCのことだよ。
先達に連れられて見始めた頃の奴らは、先制されても、
慌てず騒がず、“そうだな、ここら辺で返しとくか”的な時間に、
計ってたように軽々と逆転し、魅せてくれてたのだった。
まぁユニフォームの色味が思いがけずそっくり、
(しかもサブ・メンバーが来てたホーム着の色まで、
STSCのアウェイものに瓜二つだったような…)というのも、
大きい気がするけれど。笑。

1st_contact

それにしても、改めて感じたのだけれど、
やっぱり、自分からしてべらぼうにうまい選手たちのゲームを、
すぐ目の前で見られるってのは、やっぱりメチャクチャ面白い、
し、アツく興奮させられる。
となりゃ都合がつく限り、できるだけ見に行くぞ、と、
1試合見ただけで、ハマリかけてる自分を発見したのだった。
(…と言いつつすでに今節は、近場で試合があったにも関わらず、
どうしてもいけなかったんだけどさ。苦笑。
まぁゆっくりと。でもまた快勝してたよ。強い。
リーグ半分消化したところで、文句なしに首位に立ってたり)

|

« 「もう、選手としての私を見ることはないだろう」 | Main | 防御線付 »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Bay」カテゴリの記事

Comments

その節は、当、地元チームを観戦して頂き、有難う御座いました。
泡羽氏に良いチームだ。と言って頂いて嬉しかったです。
城南のチームは強いですね。ぐうの音も出ませんでした…
先日は、その城南のチームがリーグ戦で初めて勝ち点3を逃したチームとの対戦を観に、
(都リーグなのに何故か)アクアラインを使って行きました。
城南チームがドローに成ったそのチームに勝って、間接的にリベンジ(ジャンケン状態的発想)をしようと思ったのですが、くしくもその城南のチームと同じ1-1でした…
でも、ほぼロスタイムでの同点ゴールには、かなり熱く成りました!

今期うちは、星勘定で、勝ち越しもしないが、負け越しもしない。
と言う微妙な状況ですが、こう成ったら5年連続リーグ6位(Aクラス)目指して頑張ろうと思います(苦笑)
でも、地元宗主的チーム、Kちゃんの元担任先生総監督チームとのダービーと、
J2時代にかなり失望させられた元東京初代9番が居るチームに(元9番を完封して)勝てれば、大満足です。

あ、ちなみにこの日、同会場で、チームHのtopの試合も有りましたよ。

Posted by: tommy0158 | 2007.06.04 11:35

いやいや、いつもお世話になっております&
いろいろ(ディープな)お誘いありがとうございます(笑)。
こちらはまだぼちぼちなので、熱さでははるかに負けてますが、
試合がずれる日にでもぜひ機会を作って、
また一緒に見ましょうね。

Posted by: 泡羽 | 2007.06.04 21:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社会人リーグ:

« 「もう、選手としての私を見ることはないだろう」 | Main | 防御線付 »