« 俺の海 | Main | げんなり »

2007.09.26

リアルの夜

武蔵小杉の駅から初めてのバス行。
というのも、等々力へはいつも、
チャリで行くため、川向こうから、笑。

試合については、nessunoさんのここに、
すべて記されている。
こちとらは、
チームの想像以上な疲弊ぶりと、
時間が経てば経つほど、
相手は引きこもりに輪をかけるのでは、な懸念から、
キック・オフ直後よりすでに、前半一気呵成決戦を、
声を大にして主張していたのだけれど、
セキヅカ大将においては、
そりゃまぁこちとらの無責任な立場とは違うってのもあり、却下。
石橋をがつんがつん叩きながら試合を進め、
ついには我らをして、
「監督、ガマン強すぎ!(←日本語?)」
「ゼッタイMだぜありゃあ」
と嘆息せしめたのであったのだった。

結果、今さら言ったって結果論だろ、的な統一見解としては、
“バクチは打つばかりが能では決してないのだけれど、
(少なくとも好んで“打つ”ようなものではない)
打たなければならない時もある。
特に、己が敵を凌駕するコンディションになく、
それゆえ敵のプランを混乱させなければならない時は、余計に”

もっとも、チームの疲弊の激しさは、
仮にバクチ指令が出てたとしても、
果たしてクールに遂行できたか、
疑わせるに十分なものでもあったのだけれど。

泣くな谷口。
負けたのはもちろんあのキック・ミスのせいなんかじゃない。
ただ、いつも重役には言ってっけど(心の中で、笑)、
悔しかったら、次はお前のシュートで足蹴にしてやんな、
ガタガタ言う弱い連中を。
それが漢!イラン人だ!
ってオチそれかよ。いつまでも寝っ転がってんなよ。

Iran

|

« 俺の海 | Main | げんなり »

Futbol」カテゴリの記事

Event」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リアルの夜:

« 俺の海 | Main | げんなり »