« 襟刳り | Main | 疲れ »

2007.09.05

ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド

レコーディング・プロデューサーという役割にしては、
無意味にマッチョなハーヴィー(←でよいでしょうか、
ピーター(・バラカン)さん。笑)・カイテル主演の、
業界内幕物…といっても'70年代の業界だけど。

売りはEW&Fのサントラで、というか、もともと、
「暗黒への挑戦」って邦題の'75年作がソレなんだけど、
「シャイニング・スター」とか入ってるソレが、
サントラ盤ってことを知ってる人自体少なかったみたい。

いわゆるハーヴェイ・カイテルは、「アリスの恋」に出た後、
「タクシー・ドライバー」に出る前の時期。
これが初主演作品だったそう。
ちなみにアースの面々もちゃんと本編に登場している。

ハーヴィー扮する通称“ゴールデン・イヤー”は、
後にボウイの「ゴールデン・イヤーズ」に繋がる。ウソ。
監督は、カーティス・メイフィールドの「スーパーフライ」を、
製作したシグ・ショア。こちらも前社長役で顔出ししている。

DVD盤で最高なのは、“オーディオ・コメンタリー”(?)と、
銘打たれた、本編の副音声解説、…なんて書くと、
聞こえはいいけど、要はアースのヴァーダイン・ホワイトと、
ラルフ・ジョンソンによる、当時を振り返ってのバカ話。

例えばクスリをやってたり、それを暗示したり、
…の、ティピカルなシーンを見つけては、
「堕落(Corruption)の場面ですね」「また堕落してますね」
繰り返すのに爆笑させられたり。

|

« 襟刳り | Main | 疲れ »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド:

« 襟刳り | Main | 疲れ »