« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.31

超家

走る車からだったんで写真はちょっとボケてんだけど、
一見、何の変哲もない倉庫のように見えて、
実はそうではない、と思う、たぶん、
「スーパーハウス」を発見した。
信号で一瞬しか止まらなかったんで、
連写できなかったんだけど、実はハウスの側面にも、
「スーパーハウス」の表札が出ていて、
よってこれが「スーパーハウス」であることはもう、
九分九厘間違いない、と睨んだ。
たとえ素人は素人扱いできても、
刑事の目は節穴じゃない。
これは紛れもなく「スーパーハウス」だ。
「スーパーハウス」以外ない。

Superhouse

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.10.30

競艇

蟋蟀や
女帝の瞳は
濡れてをり

珍しく若手と飲みに行って、
いろいろな情報を仕入れた。
役には立たない情報だけど、笑、
ま、聞き役ってポジションだね。
一人は今いる会社を辞めるそうなので、
それの慰労会?も兼ねて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.29

三点盛

Santen

そりゃま盛り合わせ3つではあるんだけどさぁ。笑。

てえかサラダって、
キュウリとぉ、トマトとぉ、レタスとぉ、ハムとぉ…みたく、
そもそもが何点か盛りなのでは?
石松盛。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.28

0-7

試合前にキッズ対象の点数予想(賞品試合球)で、
Kに聞かれて答えたのが0-3だったから、
まぁ当たらずとも遠からず(遠からず?)。
つうか、ごく妥当な点数かと。

内訳としては、
現状の実力差が3点(0-3)。
重役と福西がいない分2点(0-5)。
あとは、もうそのやり方は飽き飽き、ってな、苦笑、
フロント痴呆の名古屋みたいなリーク記事が、
今週流れた時点ですでに2点(0-7)、
で、ほらねぴったり。笑。

しかし…配給係もなしで、
どういうゲームにするつもりだったんでしょうか?

Boco

昨日の台風雨で、
チームKの試合は川べりグラウンド不良で中止。
一方、時間が遅くて行われはしたものの、
欠席したチームHの試合も、久しぶりの先制!後に、
1-5でボコられたらしい。ピクシー再来。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.27

夜ザル

久しぶりに体育館で6時~9時。
途中からは、
“オトナのオトナゲなさをオコサマに見せる会”
になってしまった模様。苦笑。

個人的にはプラス、
今月の仕事になかなかやる気が起きず、
“現実逃避の会”
という感じになってる感じもするのですけれども。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.26

合唱力

Gakkon

合唱コンクールに行った。
略すと合コンである。
ごうこん、ではなくて、がっこん。
お茶漬けをがっこんだ。
言い訳させてもらうと、
昨夜寝たのは3時すぎで、
今朝は忘れもしない7時41分に起こされたのだ。
もちろんそこまで仕事を溜めてる方が悪い、
と正論されると返す言葉はないのだけれど、
だからあらかじめ言い訳させてもらうと、
言い訳させてもらったのだった。
で、案の定というか、
大方の予想通りというか、
昔は大方さんがずいぶん偉い人だと思ってたなとか思いながら、
ぐっすり寝てしまった。
確かに合唱に熱い思いを持っているのではなく、
がっこんについて詳しいわけでもない。
じゃあ何しに行ったんだと言われると、
返す言葉がないのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.25

会社員

地下鉄に乗ってた時、自分の背後で、
スーツを着たまだ20代中盤ぐらいの若者2人が、
昨日のAFCチャンピオンズ・リーグの話をしていた。

会社員A「昨日のウラワはしびれたよなー」

会社員Aはどうも赤のようで、口調が得意げだったのだけれど、
後輩らしき相方は何となく赤ではないみたいで反応ややニブめ。

会社員B「そうですか…(申し訳なさそうに)、
おれ、ニュースでPK戦しか見てなくて…」

会社員A「おれもダイジェストだけど」


ダイジェストかよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.24

請託名

請託名都市生活、

ってのを今日見かけたのだけれど、

請託名都市生活、

ってのは何だ?

ちょっと考えてみたのだけれど、
たぶんキーボードで“ぜいたくな”と打とうとして、
“せいたくな”と打って漢字変換してしまったのだと、
思われることを発見した。確認済。

ちなみに請託の意味は、“内々で特別の配慮を請う、
特に公務員に対して一定の職務行為を行うよう、
依頼すること”、らしい。

請託して名都市生活を送ろう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.23

寝本

確かに、寝酒、ならぬ、
寝る前にちょっとずつ読み進めるには、
最適の本、ではあり続けたんだけど、
“寝本”、なんて称するのは、
烏滸がましい気もする。

Zico

少年団、中高校の選手、また指導者たちの質問に対して、
ジーコが1問1問答えていくという、Q&Aスタイルの教則本、
…なんだけど、実際に球を蹴ってる人間にとっては、
“役に立つ”どころじゃないほど実践的な効力を持つ、
価値の高いハンド・ブックだと思う。

LEVEL1からLEVEL3まで計3冊、
どれも読み応えが十分なうえに、
目ウロコのヒントもたっぷりちりばめられていて使える。
今なら古本屋等、安く買えるはずで、苦笑、
お得、以外の何物でもないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.22

久々

公園に朝練しに行った。
1時間位。単純莫迦之介左右衛門。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.21

完敗

本郷じゃない方の東京大学付近にある、
某都立高校グラウンドまで遠征?しての、
Mリーグ戦・対チャンピオンK1アウェイ戦。

Int_national

前回対戦では、
マス・ゲーム戦術でなんちゃってな勝利を収めたものの、
実はチャンピオン、ここ2戦、人員不足による連敗中。
さすがにもう1敗もできないだろ、と今回は、
フル・メンバー揃え、オールスター・キャストの上に、
気合いも漲り、負けられません、勝つまでは!、
と来りゃ、それは連敗しててもレッキとした優勝本命候補、
こっちも満を持して、というか2匹目のどぜうを狙って、
前・後半大幅入れ替えの戦時共産主義体制で、
臨んだのだけれど…ねぇ、苦笑。

とにかく前半。ダブル・ボランチの片割れで出場。
結構調子も良く、狭めのピッチ、どさくさに紛れて得点も、
なんてスケベ心もあったんだけど…

ダイレクトで回されていいように蹂躙されました。苦笑。

まだ様子見の開始直後に、
パス性のシュートを1本放って、それで終了。
あとはもうボールに触ることすらできず。おいおい。
チャンピオンは中盤がスピーディなだけでなく、
後ろに落としてのDF陣からのフィードも恐ろしく精確で、
となると、為す術なしだよ、どうするよ。
ボランチも何度も釣り出されてしまい、
2点取られて後半はお役ご免に。超悔。

もう1人のボランチ(部活経験者・10才若手)が言うには、
ああなったらもう、横パスは無視して縦だけを切り、
サイドは捨てて中を固めて凌いでいくしかない、と。
でも、そうなのかなぁ。何せパスが正確なわけだから、
圧力をかけずに自由にクロスを打たせたらどうなるんだろ?
もちろん中を空けられないのは絶対なんだけど。うーん…

後半。さすがに向こうも少しペースを落とし、
また逆に、そのもう1人ボランチが走りまくってくれたのが、
ロス・タイムに左MFの素晴らしいシュートを呼び込んで、
何とか1点返したんだけど、気分的には完敗。
さすがにメンツにもコンディションにもハンデなしで、
上手い連中とやるのは無謀なんだなと改めて。
で、個人的にもかなり凹んでたようで、
帰り、送ってもらった車の中にスパイクを忘れた。苦笑。

あ゛ー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.20

Kengo

はすげえな。ちょっと熱くなったよ。

しかし、こういう勝ち方を続けられるチームは、
強えな。確かに。

川崎 4-3 新潟

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.19

青ライオン

16日に手術をして、
無事戻ってきたお犬さまだけど、
青ライオンに変身していた。
昇格?

Lion_blue

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.18

M

マゾ、ってのが実は、と言うまでもないほど、
当たり前のことなんだけど、
マゾ、ってのが実は一番タフ、
というか、一番ふてぶてしく世に憚る、というお話

いつもの廣木(隆一)作品らしく、
パッと見フツウの病んだ人たちが繰り広げる、
救いのない虚無的な映画なんだけど、
その荒涼感のいっそ清々しさが、
例えば、同じ殺伐でも、笑、石井隆の映画とかとは、
また違った意味で、非常に好みだったりするわけで。

ひと言で言うとリアル。
というか実際の現実以上に生々しい生ツバ感。
トリスタン・ツァラ的に言うと、

痙攣する苦痛の叫喚、相互背反と、あらゆる矛盾、グロテスクと不条理の錯綜体、
すなわち生(LA VIE)だ。

って感じ?

父親を刺殺して血塗れのまま川端に逃げ込んだ少年が、
犬の散歩に来た人の自転車を盗んで、
土手を疾走するシーン、
黒沢清の「勝手にしやがれ」シリーズのチャリンコにも似て、
その疾走感がもうたまらなく生ツバ。

キャスティングも、裸はやや不足気味だったものの、
存在自体かなりエロっちい美元を始め、
(子供と風呂浸かりシーンのエロさ加減!)
ほとんど文句付けようがないし、
(強いて言えば田口トモロヲが“付きすぎ”か)
原作・馳星周という屑っぽさがまたぐーっど。
っても、むしろ斉藤久志の脚本の功績なんだろうけど。

カタール戦はまぁ、(いきなり。笑)、
重役のチームで重役がお休みの上に、
水野もケガだったみたいだからね。
俺様2人を並べちゃったら、そりゃ上手くいかないって。笑。
ま、たかだかアウェーで1敗した以上の意味は、
別にないと思うんだけど(チュンソンと柏木はよくやってたな)、
あの程度のチームに星を落として五輪に行けないんだったら、
所詮はそこまでのチームだったと、それだけのことで。

今出れたら、重役、生ツバなんだけどなぁ。
こういう時はいつもお休みだなぁ。さすが重役。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.10.17

胡椒

朝、
起きて、立って、歩き出した、その瞬間に、
右足、ふくらはぎとアキレス腱の間あたりに、
肉離れの感じが走った。
ふくらはぎじゃなくて、その下なんて妙な所だけど。
やっべー、と思って止まってから、
軽いストレッチをして、幸い、
それ以上ヒドくはならなかったけど、
この時期は、油断も隙もあったもんじゃないとびびった。

これからまたしばらく週末は試合が続きそうなので、
「走れませーん」なんて言ったら殺されるな。
実際はいてもいなくてもそう変わんないんだけど。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.16

ベイ初黒星

府ロクにしてやられたみたいだー。
T山先生万歳。苦笑。
そりゃ全勝は狙ってたんだけどねぇ…

それにしても、ついに、
反町先生は谷口を連れてかなかったな。
理由も何となくわかってけどさ。
果たして吉と出るか凶と出るか。予選で一番の山場。
でもまぁ要は、点を取られなきゃいいってだけだから、
難易度はそんなに高くないよね。
ボランチにも心置きなく守備に専念させられるわけだし。

そういや、やっと、
高円宮杯の決勝を見ることができた。
流経ユースのAチームは、完全にオシム・ジェフで笑った。
しかしあの広島に勝つんだからなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.15

江戸前

びみょー…

Chibanori

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.14

1日

NPO法人K(チームKの母体)主催、
いつも練習で使ってるW中のグラウンドに、
延べだけど500人以上(!)の人(小学生から、
おじさん・おばさんまで。チームとしては江東区からの、
遠征軍もあったとのこと)を集めての、
4面フットサル大会。9時から5時まで。

親父の試合は2時からだったのだけど、
それまでは設営(前日5~6時半)・運営等で手伝い。
5年生の試合の主審の笛も吹いた。
一応、主催者側のため。

Taikai

で、賄いつきのカレーを頂いてからの本番、笑、シニアの部。
チームKでの参加者は
(地元の他チームで参加、という人も多かった)、
クジでユニフォームの色別に橙、白と2つに分かれ、
自分はその白チームで出場した。

成績は1勝2敗1分、全12チーム中の6位。
唯一勝った1-0の試合で得点1。
(他は1-2、0-0、0-2)
まぁ、点を取ったのはそりゃ嬉しかったけど、
5・6位決定戦が橙Kとの“ダービー”で、
決定期を外す大ポカもしての0-2で破れ、
全然嬉しくなく終わった。苦笑。

一般の部の激烈な決勝戦2-2PK決着を見てから、
片づけをしてチャリ帰り。
あと10分ほどで家に着く、ってところで、
今日初めて雨が降り出した…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.13

セーフ

野球サッカー、てのじゃなくて、
俺らがやってんのはサッカーだから、
大丈夫、てことだよね。

Yakyusoccer

それにしても野球サッカーてのは、
どういうルールなんだろう。
バットでゴールにボールを入れんのかな?
坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いたと似てた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.12

ハワイ

昨日出先でエレベーターに乗ったら、
一緒に乗り込んだOLさん2人の会話が、
否応なしに耳に入ってきたのだけれど、
何でも今“一人ハワイ”ってのが“キテル”のだそうで、
“めっちゃオススメよ”とOLさんその1が言い、
“そうそうその話が聞きたかったんですぅ”と、
OLさんその1より後輩らしいOLさんその2が答えながら、
2人はエレベータを降りていった。

それでふと思い出したんだけど、
ずいぶん昔に“ザ・ハワイ”というバンドをやっていて、
名前からもわかるように売れる意欲は皆無のバンドなんだけど、
じゃあコミック・バンドかというとそういうわけでもなくて、
演奏中にはけっこうピキピキ青筋とか立てながら、
地方営業に出てったりしてたのだった。

リーダーはまだ学生だったんだけど、
ドラムは人妻。美人。笑。
(いや笑より、今思うと旅の時など旦那はどうしてたんだろうか?)
それにプロのバイオリニスト・女性と、
当時もう30代だったヴォーカル・女性に自分の5人所帯。
バンドの命名者である自分は、
その割にパーマネントなメンバーでもなく、
だからドラマーの旦那のことも全然気にしてなかったんだけど、
何かよくわからないバンドだった。
(旦那はほぼバンドに関係してない)

で、ハワイだから、
ソル・ホオピイとかギャビー・パヒヌイとかをガンガンにコピー、
…してたわけでは全くなくて、だってバイオリンがいるし、苦笑、
リーダーの作る、どうしてなのか変拍子バリバリ、
だから練習もバリバリしなければいけないような、
無意味に難しい曲の上に、“NHKみんなの歌”が乗ってる、
ってな感じの音楽をやってた。
何だかよくわからないですね。すまん。

バンド名はハワイに憧れてつけさせてもらった。
もちろん行ったことはない。ザ・は、
ザ・をつけると、ちょっと強そうと思って。
ザ・ハワイ。でも、
何でパーマネントでもないメンバーに名前をつけさしたのか謎。

と、こうしていつものように、
タイトルの“ハワイ”には何の関係もないような話で、
しかもオチもなく終わるのだった。
ま、しょせん駄ブログですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.11

個人的

には、“今さら”なテーマ、
でもあるんだけど実は。

「ぐれる!」

小見出しを抜き出してみる。

・ぐれるための条件
・すさんで生きる
・ブスはどういう顔をして公共の場に出るべきか
・両親もぐれてはどうだろう
・もうじき死んでしまう
etc.

「さまざまなぐれ方」「ぐれて死のう!」等の、
章立てがまたグレイトだし。
だって「さまざまなぐれ方」だよ「さまざまなぐれ方」。
人生いろいろ。ぐれ方さまざま。

名著ですね。
大人だったらぜひ座右の書に。

Guregoal

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.10

10.10

なので、朝っぱらからまた、
お犬さまと一緒にお風呂。

実は風呂上がりが大変で、
お犬さま、高所恐怖症なので、
階段を上ってくることはできるのに、
下りることができない。足突っ張っちゃって。
近年は、階段に連れてこうとすると、展開を勘づいて、
途中で引き返し、その後は踊り場にすら近づこうとしない。
頭いいんだか悪いんだか。

ところが、そこでY先生がコロンブス級の大発見。
ダンボールで目先にフタをして視野を遮れば、
角度もわからなくなって怖がらずに進む、
ということで、お犬さま、今年になって、
ほぼ自力で階段を下りられるようになった。
というか、それまで、ツメを立て必死になって抵抗する、
図体のでかいアレを抱きかかえて下りてたのが、
そりゃもう洒落じゃなく大変だったわけで。
ノーベル賞を授与したいと考える。

Oinu

すっかりゴキゲンのお犬さまは、
明日、大好きな車に乗って、とりあえず検査へ。
その結果にもよるんだけど、多分、手術することになると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.09

人生

いきなり大きく出てみた。

人生ってのはな、
「重苦の日」の積み重ねなんだよ。
しみじみ。

お前に言われたかないけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.08

そりゃまぁ今年の最終回には違いないんだけどさあ。

Shuryo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.07

駄目人間

どうしていったん決めたことが、
できないんだおまえわあああ!

2007tenno1

〈解説〉12時半から5時までチームKの練習に出ることにした昨日だけど、
今日になってみて若干体調が悪く4時間も練習するのはどうかと急遽半分の、
出席にして残り半分はスタジアムで過ごしてみたのだけど、双方詰めきれずに、
ハーフ・タイムからブーイングの嵐、まぁVさんは外国人抜きで、それでも、
交代時に名波御大荒れ狂ってたし、一方のJFL門番も押してはいるのに、ああ、
なるほどだから今7位なんて順位なんだというおチャラい内容(佐川急便SC、
じゃなくて、佐川東京SCでも軽く3-0ぐらいで勝ってた)、結局チームKの、
練習に行けたのは4時すぎで、どっちも中途半端になってしまったという、
2兎を追うものイットも得ず合わせてぴょこぴょこ6ぴょこぴょこ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.06

明日

はかなりの確率で天皇杯の3回戦に、
飛田給へ行くつもりだったのだけれど、
やめにした。J2とかJFLとか今年はなかなか、
見られないんでその代替にしようと思ってたんだけど
(タダだし)、まぁ自分にとって“のかなりの確率”、
なんて所詮そんなものである。計画を立てて物事を、
恙なく進めていくのが異様に不得手。結婚式とか葬式とか、
式向きの体ではない、というか式に出させられるぐらいなら、
死んでやると思う。勿論そう言う奴に限って死なないのだど、
死ぬとか死なないとかが問題になっているのではなくて、
問題は死ぬほどの屈辱ってことだ…“屈辱ってこと”だった?
いや、そんなことより携帯が行方不明で、異様に困ってる。
自分の携帯はどっかの不具合で、バイブも含めて一切音が、
鳴らなくなってるため、鳴らしてもどこにあるか判明できない。
そこで困ってるという次第だ。式と次第といえば式次第なる、
言葉にずっと違和感があって、式次第を作っておきながら、
当日の進行は式次第でどうにでもなってしまう、みたいで、
式の様子次第なんてずいぶんいい加減じゃないかと怒りを、
こめて立ち上がった。“こめて”と“こまった”、似てるし。

Crepuscule

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.05

ゴルフをする気が全然ないので、
ゴルフ服(って何だかよくわかんないけど)を着た、
色っぽいおねいちゃんたちがクラブを持って、
「いらっしゃいませー」と出迎えてくれる、
「ゴルフ・バー」にも非常に興味がそそられて、
やまないのだけれど、それより気になるのは上だ。

Mafuga

まふが喫茶って何だ?

グーグルしても“生麩”しか出ない…
どうでもいいけど、“生麩喫茶”ってのもよくわからないす。
“麩”を取って“生喫茶”にしちゃったらちょっと大胆?
誰に聞いてんだ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.04

これが噂の透明ブランコか…。脳内噂だけど。あぶない。

Tomei

間違えてすげえデッカイ画像で撮っちまったよ。意味がない。
CL寝不足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.03

10時ごろから学校に行って、
Kの運動会の続きを見た。

Akakati

赤が勝ったのだけど。

最後の大球転がし、白が連勝すれば逆転可能だったものの、
その初戦を僅差で落としてしまった白、
2戦目いきなり投げやりになってたのが笑えた。
子供らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.02

オスカー、もう解任かよ。

まだ2試合しかしてなくて、
しかも、負けてもいないわけだから、
もちろん、チェルシーみたいなことなんだろねー、
と、誰にでも想像はつくんだけど、
それにしても実質1試合でアウトってのも…

ということで、「もう解任かよ」は、
正確には、「もう“新しい因縁対決”の仕込みかよ」、ですね。
オスカー、功労者なのに。

定永とかヒカルドとか、どうすんだろ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.01

前門のイグアナ、後門のダッチ(ワイフ)

なんてことを遠慮もなく口にしてっから、
敵がまたわさわさと増殖してるわけで。

ま、孤立無援?であろうが、四面楚歌?になろうが、
別に屁でもないって感じなんだけどねこっちは。
目には目を、な世界はたぶん、
スラム育ちの方が得意フィールドなわけだし。笑。

でもどうせ始めるんなら、イグアナもダッチも、
とことんやろうね!じゃないと面白くないからね!笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »