« カタカナ愛 | Main | 梶山入籍 »

2007.11.11

痛い目に合うことで覚えていく

実はリーグ戦をやってたんだということを、
思わず忘れてしまいそうになるほど、
自分の試合はこのところ、
悉く週末雨天流失。
苦笑。

一方。昼からは雨がおさまり、
家から最も近い蹴球グラウンドで、
例年この時期おなじみの、
Kの大会が決行され応援に行く。

別になめてたわけでもなく、
でも、負けることはないだろうと、
誰しも考えてた相手だったのだけれど、
主任コーチを1人(本職の方の出張で)欠いただけの、
Kのチームは1-3で敗退。

もっと言うと、Kの公式の大会はこれで全て終了。
Kの、この年代での球蹴りは、
何とこんなところで、
あっけなく終わりを告げてしまったのだった。

そりゃ敗因はいろいろあったんだけど、
他の2名のコーチが言うには、
コーチである自分たちの経験が不足していた、とのこと。
確かにそれは、わからなくもない理由ではある。

選手はもとより、コーチだって、
痛い目に合って、それが初めて自分の経験になる、
そして、そういう痛みの経験を積み重ねることで、
少しずついい選手やいいコーチになっていく。
のだと思う。
自分たちのような年でも同じこと。

今回は痛い目すぎたけどなぁ…

Sawayaka3

|

« カタカナ愛 | Main | 梶山入籍 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 痛い目に合うことで覚えていく:

« カタカナ愛 | Main | 梶山入籍 »