« 重役無事北京へ | Main | リーマン杯2日目 »

2007.11.22

重役北京細かく

というタイトルも何だけど、笑。

まず、期待通りの0-0は評価。
これまではそういうのなかったし、
そういう試合が見たかったわけだし。
で、その上での反町采配について少々。
まぁ、“点を取って”とか、“必ず勝って”とか、
戦前にやたら強弁してる時の同カントクってのは、
“石橋を叩いても渡らないぞ(手堅く行くぞ)”の、
裏返しであることが、もうほとんどなんだけど、
この試合も案の定というか、とにかく、
点を取られないことにこそ主眼が置かれてたわけで、
細貝のマンマークにしろ、岡崎・柏木の、
走り回り守備にしろ(柏木は今日は確かに良かったし、
顰蹙を買ってたFW2人はむしろ実に律儀に、
自分たちの責務を遂行していて感動的だった、
テレビには映ってないにしても)、
本田の後半SBにしろ(今日はハッキリ“良くない”本田で、
「さっさと家長とチェーンジ」などとブータレてたんだけど、
後方から前へのキックの射程は、
捨てがたかったんだろうなたぶん。結局最後まで代わらず)
そういう意味ではシナリオ通り運べたんじゃないかと。

ただ、重役がいれば、当たり前ながら、
全然様相が変わってたに違いなく、
攻撃面でいえば、特にサウジCBの18番、
たぶん出場停止のレギュラーと代わっていたのが、
ソコだったんだろうけど、あの18番は完全に穴だったので、
前半早いうちから徹底してその背後にボールを放り込めば、
後ろ向きの処理なんかメチャクチャ怪しかったし、
ボロを出すのは時間の問題だったと思う。
もっともサウジが先制したら、そこらへんもガチガチに、
スペースを埋めてきたはずだから、それを考えると、
やっぱりあの青山のプレーはビッグ・プレーだったよなあ。
アレがなければ、まぁ負けはないにしても、
面倒なことになってたのはやっぱり確か。
というより、重役がいたなら、
カタール戦の負けってのも120%なかったんだけどさ。苦笑。
あと、最後のアツい時間での、
青山直晃と西川の落ち着きっぷりには心底感心した。

とはいえ、今回のような手堅さんチームは、
五輪でも通用するだろうか?
指揮官はよくわかってると思うけど。

|

« 重役無事北京へ | Main | リーマン杯2日目 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 重役北京細かく:

« 重役無事北京へ | Main | リーマン杯2日目 »