« 招待 | Main | プルプルしてなければプリンではない »

2007.12.04

鼎談

いきなりだけど、金子光晴の対談集に、
足穂と田中小実昌と鼎談してるのがあって、
そもそもそのメンツが凄いんだけど、
中身もビンビンだったのを、
ちょっとした調べ物をしてる際に思い出した。
特に、作家に対する悪口三昧のところ、
タルホの師匠格の佐藤春夫、
それに芥川、漱石、鴎外に始まって、
百閒や日夏耿之介あたりも、もうばっさばさ
(だったと思う。いつものうろ覚え、苦笑)
三島も、彼と同い年というコミさんが確か、
面白くない小説とか言い出して、タルホは“ハッタリ”、
金子先生は“どうでもいい”だったかな。
どうでもいいって、先生…笑。愛してます。

|

« 招待 | Main | プルプルしてなければプリンではない »

Book」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鼎談:

« 招待 | Main | プルプルしてなければプリンではない »