« プルプルしてなければプリンではない | Main | 電車で席が空くや否やダーッと滑り込むように体を入れて座る人 »

2007.12.06

鼎談続き

一昨日、金子光晴の、
下駄ばき対談で触れた鼎談だけど、
実は、田中小実昌も、
ほろよい味の旅の“味な話”の、
“鴨川の桟敷のハモ”で、
そのことについてチラッと触れてたりするのだった。
四条大橋近くの料理屋の、
店のうしろが桟敷になって、
鴨川の流れの上につきでている…らしいのだけれど、
その桟敷で食べた京都の夏の名物のハモの蒸焼き、
が、なんともおだやかな味だった…という話で、

このときは、詩人の金子光晴先生といっしょで、伏見の稲垣足穂先生をたずねた。おふたりともとびきり自由なおじいさんだった。

自由どころかとびきりとんでもないじじい2人だと思う。
もう一人もとびきりとんでもないじじいだけど自分から見れば。

Horoyoi

|

« プルプルしてなければプリンではない | Main | 電車で席が空くや否やダーッと滑り込むように体を入れて座る人 »

Book」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鼎談続き:

« プルプルしてなければプリンではない | Main | 電車で席が空くや否やダーッと滑り込むように体を入れて座る人 »