« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.29

水に流して

ってテーマ曲の邦題がいつ見ても凄いんだけど。
映画の原題は「ラ・モーム」…らしい。

つか、シャンソンもおフランスも好きじゃないと、
散々言ってんのによー。そうか、嫌がらせなのか。

ただ、マリオン・オスカー・笑・コティヤールの、
というかそれは監督の、でもあるわけだけど、
口パクへの情熱は買う。

去年テレサ・テンのドラマを、糞なアサヒTVがやって、
まぁ見事なまでにぬいぐるみ俳優をてんこ盛りした、
キャスティングについては、まだ、百歩譲って、
ガマンするんだけど、うそ、悪口言いまくったけど、
主演?木村佳乃大先生の、なめてるとしか思えない口パクには、
てめえら、テレサを冒涜してんじゃねえぞと。
(しかしホント屑のように酷い演出の番組だった)

そんなのを見てるから、
映画の作りのマトモさが、
もうそれだけで身にしみて。苦笑。

ピアフは死んだ日は10月10日だ。ミニ知識。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.28

表現主義

Cherio

さわやかじゃねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.27

平仮名

ほのかなる
ゆきのあかりに
いきをはく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.26

人さらい

という死語が頭をよぎる。

Akachanya

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.25

つい3週間程前まで

増大する一方だった仕事先のエントロピーだけど、
今のところいったん落ち着きを見せてて、
ハッキリ言ってつまんない。
とはいえまぁ落ち着いてんのは外見だけだから、
いずれまた新たな鉄火場は必至なのだけれど、
今日、重要な内部情報源の1人を失った。
ちょっとテンション下がり気味である。

Tension

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.24

強風の中

あれが春一番~?な、昨日からの、
冷え冷えとした強風の中、14時から2試合。
人出が微妙に足りなかったので、両試合ともボランチ。
で、今年のテーマ。やたらと動き回ることなく、
スペースを埋めている、をできるだけ実践、したつもり。笑。
結果は、最初の試合は相手が強くてパス自在回し、
それでもラインを上げて対抗したものの、
何度かのズレで失点してしまい敗戦。
2試合目は2-0勝ち。うち2点目は、
左から入ったスローインをバウンドさせたまま足で方向を変えて、
中へ持ち出し、コースはあまり考えないでただ思い切りよく、
ボレーして振り切ったら、GKの頭上を越えてネットが揺れた。
宇宙開発にならないで良かった。笑。
ポジションに戻る時「1年に1回」とハヤされたのだけど、
その後、押し込まれた時間帯に左サイドの奥から、
カウンターをかけて駆け上がった右のMFに、
アウト・フロントで糸を引くようなパスを通して、
そいつがそのままダイレクトでシュート!
バーに当てやがったんだけど、苦笑、
そっちの方が“1年に1回”のうまパスだった。
つうか、ピーク今かよ!

17時あがり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.23

今日の貼り

Gamute

ポイントは電柱ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.22

君には向上心がないの?

いやぁ、口を挟むべきとこじゃないんでしょうけど、
彼みたいな東京の人間にそれを言うのは、
ほとんどムチャってもんでして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.21

中国

キック・オフから5分ぐらい眺め見して、
こいつら途轍もなくヘッタクソなことを理解。
つうか差がありすぎ。
しかもフットボールする気すらなさそうなことも、
おいおい了解。
…と思ってたら、15分すぎぐらいだっけ?
点取れたよ早いとこ、ラッキー!…てことで、
後はできるだけ後ろ(か、それがイヤなら前)で、
パス回ししておしまい、てわけにはいかなかった?
(実力差的には余裕でできると思った)
まぁ2点取ってから、ってことだったのかもしれないけど、
仮にそれでヘタ打って追いつかれても、
“ま、いいんじゃない?ケガしちゃバカらしいし”
という大人のフットボールでOKだったんじゃない?
いや、何だったら花を持たせて勝たせてあげたって良かったし。
おおー、なんて選手自身拍手してあげたりして。
つうか差がありすぎなのは誰が見てもすぐわかんだから、
別にいいんじゃない?
何のための大会でもないんだし。
勝ち負けにこだわってることの方がよくわかりません。笑。

ちなみに女子の方はちょっと違う。
北朝鮮戦はめちゃくちゃ面白かったし、
韓国戦の1点目なんて目の覚めるような点だった。
いや女子>男子、ってことが言いたいわけではなくて。
すぐそう思う人も多いみたいだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.20

断れない性質

いやー見ず知らずのお宅なんですけど、
“みて下さい”なんて言われちゃうとやっぱり、ねぇ。

Mite

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.19

ずずず

割に面白い本で、
立ったまま結構熱中して読んでた時に、
「ずずずず、ずずずず」
って音が聞こえたんだな。
後から考えると、それを、
“誰かが鼻をすすってる?”などと、
考える方も考える方なんだけど、
最初のうちはほとんど、
気にも留めてなかったわけだ。
すると、一定の間隔を置いてまた、
「ずずずず、ずずずず」
と来る。
それが、2、3度繰り返されたところで、
さすがに無頓着者の耳にも入ってきた。
で、“何だ?”と思って、
音のする方に目をやるとだね…

都心の地下鉄の中で、
立ったままカップ・ラーメンを食べてるイナカ精神の人、
ってのを初めて見た。
まぁ若者・男だったけど。

昼じゃなくて20時ごろの地下鉄。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.18

危険自転車

Chari

自分のは“あぶなくない自転車”だから、
落とさなくても大丈夫ダヨ~ん。
デカパンだす~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.17

だって寒いんだもん

Mの練習試合が2~6時だったのを、
ついついおさぼりして今日も代々木。

正解。メッタに見られない大盛り上がり興行を堪能。
こういう時のドーブツ的なカンはあんまり外れることがなくて、
その前の6-1一方的試合に微妙に間に合わなかったことも、
自慢。笑。2回も忘れ物して家に戻ったからだけだけど。

Misebamansai

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.02.16

この週末は

たぶん休めないぜと覚悟してた仕事が、
暖簾に腕押しな感じであっさり終了、
唐突に空き時間ができてしまったため、
代々木へ。

3決(ドロー)は、
それぞれが取るもの取ったし(勝利と得点王への1点と)、
勝負的にも面白かった。

Sanketu

レコード屋から五反田へ移動。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.15

キル・ビル

Bill

だと思う。気持ちは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.14

師匠の本

は大部分読み倒した気になっていて、
迂闊にも気づかなかったんだけど、
去年の10月に新しい文庫本が出てたんで、
遅まきながら買って読み始めた。
短篇集なんだけど、やっぱ、
師匠はすげーんだよなー。コクといい、コナレといい。

Shisho08

例えば「競輪円舞曲」。

もちろん主人公はむちゃくちゃ魅力的なんだけど、

「スタンドの人たちをごらんよ、これが全部、敵なんだぜ。一枚百円の券が二十五円はテラ銭、あとの七十五円をこの人たちと奪い合うンだ。…これだけたくさんの敵が居るなんて、豪華でしょう」

と主人公に言ったりするワキもたまんない。

で、そんなこと言いながら、
みんな例外なく泥々になっちゃうところが、
また何ともいえずいい。

やっぱ師匠が断トツだね。1番。文章が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.13

兄よ銃を取れ

ふと、目について、
そういえば、この“カテゴリー”っていうんすか?、
“Hi”ってやつ、それのことをすっかり忘れてて、
いや、書くことがなかったわけでは断じてない、
んだけど、うそ、そういえば、この前“Hi”で書いたのが、
去年の11月で、心ならずも2カ月以上も経ってしまい、
そんなわけなので、今日は「兄さんの日」だ。
と書こうとしたら、とある人からクレームがつき、
クリームがついたらちょっと得した!なのだろうけど、
3人兄弟の真ん中っ子である彼が言うには、
「兄さん」というのはかしこまりすぎてて、
兄弟の関係者にはほとんど使われてないのではないかと。
つまりふつう、年上の兄弟の関係者を呼ぶときには、
「兄貴」、ま、小さい頃は「兄ちゃん」が相場で、
“兄さん”派はかなり特殊な業界じゃないかと、
生クレームがついたわけだ。ノー・シュー・クレーム。
となると、勇んで「兄さんの日」と言ってはみたものの、
それは一般ぴーぽーの話ではない。いやもしかしたら、
一般ぴーぽーの話ではない!と“!”すら付いてるかもしれず、
そう言われてみると、何となく失敗したかなー、
見逃してほしいなーと、なかったことにしてもらいたいよーな、
ハッキリしない日本の私なのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.12

お手上げだぜ

Oteage

ホントは、対面にある鏡に映ったのの方が、
風情があって、撮りたかったんだけど、
(口元が微妙にニンマリに見えるし)
いきなりカメラのバッテリーが切れて、
お手上げになってしまった。のろい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.11

青い鳥

年恒例の、
そしてたぶん今年が最後になるであろう、
(都合8回ぐらいだったろうか?)
1日区民センター引きこもり。
今回は、じゃなくて、今回も、か、
新宿区、タンスの町におジャマした。

Tans

まぁ、おジャマしといて言うのも何だけど、
新宿区、ってのはやっぱり、
自分の場所じゃない、ってことを改めて。
高校あんまり行かなかったのもそのせいか。苦笑。

それでも、これが最後かと思うと、
ある種の感慨が…。うそ。

Diamond_2

9時すぎ。妹の家(文京区)の隣でメシ食って帰った。
声はかけなかった。説教されるんで。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.10

五反田

こないだは夜だったんで気がつかなかったけど、
ガキん時よく来た不二家が無くなってた…

試写室、というのがいろんな意味で、
あまり好きではないのだけれど、
仕事絡みの繋がりで0号試写に、
よく入れてもらったイマジカ3階の第一試写室
(「たぶん画質音質ともに日本の最高水準で
映画が見られるところ」@竹熊健太郎)
ここだけはに随分通ったんで懐かしい。

と、他にも個人的には因縁だらけな五反田、
というか、今日は上大崎/池田山だったんだけど、
昼日中から5時すぎまで大打ち合わせ大会。
連休中?なのに。苦笑。

Earth

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.09

ヒーキ

Cafe

そりゃ断然ホットの方がいいな。

こんなにも扱いが違いすぎるなんて、
もしかしたら継母なのかもしれない。
上は実子で下のアイスの方は夫の連れ子とか。

でも、例えば“つめたくない”と書かれてたら、
立場一気に逆転なんだけど。
おいしいホットよりは断然つめたくないアイスでしょう。
単に氷が溶けてぬるまってる、ってことかもしれず、
だったらやだけど。ぬるまってる時点でアイスじゃないけど。
なに厳密に定義しようとしてんのかよくわかんないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.08

昔知ってる人

道ですれ違った人が、昔一緒に仕事を、
してた人にものすごく似ていて、でも、
その人でないのはハッキリしていて、
それにしてもやっぱり、あまりに似ているので、
小声ながら思わず、「お前は○○かよ!」
とツッこみかかるのだけれど、そこで突然、
○○のところに入る名前を、実はすっかり、
忘れてしまってることに思い当たり、
とはいえ、すでに「お前は」までは、
言いかけてしまっていてもはや止めることができず、
えーと○○、あいつ誰だっけあいつあいつ、
で仕方なく、「お前はあいつかよ!」
あいつってどいつだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.07

祭優勝

は、ベイジャ・フロールだったそう。
ジーコはさぞかしゴキゲンだったろう。
2003、2004、2005、2007に続く栄冠。
そろそろもういいんじゃないすか?って気持ちもあるけど。

個人的にはサルゲイロを応援してた。
大殿が応援してたので。
付和雷同なタイプだ。

大殿、今度こそ本当なんだろうか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.06

仕事先の

エントロピーががんがんに増大していて、
…っても、何のことやら?だろうけど、
要するに、騒動が騒動を呼ぶ大すったもんだ中、
…でまぁ不謹慎はもちろん承知なんだけど、
大きめの爆弾が日ごとに炸裂してるって感じで、
ごたごた悶着好きとしては、もう毎日が、
楽しくて楽しくてしょうがないっすー。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.05

ウーロンテー

いやここまで言い切ってもらえると、
いっそすがすがしい気分のような。

Kominite

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.04

祭絶賛展開中2008

だよ、きっと。
今日がラストで、21時とまさにさっきスタート、
これから朝まで。

渡御表によると、
マンゲイラ、ポルテイラ、サルゲイロあたりは、
すでに昨日渡御完了。おなじみ O Globoのオンラインでも、
昨晩の写真がトップからバンバン出てるよー。

で、今日はヴィラ・イザベルやグランジ・ヒオ、
そしてトリが、王者陥落はたった1年だけだった、
ベイジャ・フロールと、真打ちが続々と。

んー。
ぶらじうに行きたしと思えど、
ぶらじうは. あまりに遠し。

そうそう、
今年は“日系移民100周年”てことで、
ポルト・ダ・ペドラが、2番目のアレゴリア(山車)で、
第1回移民船の笠戸丸を演出、
日本人、日系人も多数パレードに出た模様だよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.03

新聞で唯一ちゃんと読んでいる

今朝のbeにショパン猪狩さんと、
奥さんの千重子さんの話が載ってた。
(「名人芸を支えた箱の中」 文:小泉信一 写真:飯塚悟)
いい話だった。

掲載の資料によると、

ショパン猪狩(本名・猪狩誠二郎)さんは、宮大工の家の五男として東京・目黒で生まれた。浅草の喜劇界で活躍していた長兄・パン猪狩さんの誘いで戦後まもなく芸人に。「小さなパン」をもじって「ショパン」と名づけた。

東京出身は知ってたけど、
目黒だったのかー。職人の家だし。
世の中知らないことだらけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.02

今日は今日とて股関節が…

M練習。個人的には初めて行った中学校の校庭にて。
9時~12時。なげえよ。
寒すぎ&また召集が急だったせいか、
最初は全8人、校庭の片隅でサルをやってたのだけど、
10時になってたかだか4人増えたぐらいで、
いきなりピッチを全面に広げるのはやめよう。
6-6だとお互いラインをあげるっきゃないから、
オフサイドの取り合い、ひいてはドリブルのし合いになり、
かけっこするのはキツイ。苦笑。

で、別にピッチを広げたからではなく、
最初のサルの時にすでにやった感じなんだけど、
キックの時変な風に足を振ってしまったようで、
股関節を痛めて途中から全然蹴れなくなった。
蹴ると痛い。特に長いのは全くダメ。
とりあえず応急処置はしたんだけど、
引きずってしまったらコトかも。

久しぶりにCKを頭で合わせて点を取った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.01

マーベラス

Marvelous

辞書で調べたら、
「驚嘆すべき、信じがたい」
って出てた。

驚嘆すべき歯科。
どっちかってと、
ちょっと遠慮させていただきたいような気が。
いやもちろん、
「優秀な、素晴らしい」
って意味もあるんだけど、
素晴らしい歯科。
文化圏が違ってたみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »