« 表現主義 | Main | 高熱 »

2008.02.29

水に流して

ってテーマ曲の邦題がいつ見ても凄いんだけど。
映画の原題は「ラ・モーム」…らしい。

つか、シャンソンもおフランスも好きじゃないと、
散々言ってんのによー。そうか、嫌がらせなのか。

ただ、マリオン・オスカー・笑・コティヤールの、
というかそれは監督の、でもあるわけだけど、
口パクへの情熱は買う。

去年テレサ・テンのドラマを、糞なアサヒTVがやって、
まぁ見事なまでにぬいぐるみ俳優をてんこ盛りした、
キャスティングについては、まだ、百歩譲って、
ガマンするんだけど、うそ、悪口言いまくったけど、
主演?木村佳乃大先生の、なめてるとしか思えない口パクには、
てめえら、テレサを冒涜してんじゃねえぞと。
(しかしホント屑のように酷い演出の番組だった)

そんなのを見てるから、
映画の作りのマトモさが、
もうそれだけで身にしみて。苦笑。

ピアフは死んだ日は10月10日だ。ミニ知識。

|

« 表現主義 | Main | 高熱 »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水に流して:

« 表現主義 | Main | 高熱 »