« 兄よ銃を取れ | Main | キル・ビル »

2008.02.14

師匠の本

は大部分読み倒した気になっていて、
迂闊にも気づかなかったんだけど、
去年の10月に新しい文庫本が出てたんで、
遅まきながら買って読み始めた。
短篇集なんだけど、やっぱ、
師匠はすげーんだよなー。コクといい、コナレといい。

Shisho08

例えば「競輪円舞曲」。

もちろん主人公はむちゃくちゃ魅力的なんだけど、

「スタンドの人たちをごらんよ、これが全部、敵なんだぜ。一枚百円の券が二十五円はテラ銭、あとの七十五円をこの人たちと奪い合うンだ。…これだけたくさんの敵が居るなんて、豪華でしょう」

と主人公に言ったりするワキもたまんない。

で、そんなこと言いながら、
みんな例外なく泥々になっちゃうところが、
また何ともいえずいい。

やっぱ師匠が断トツだね。1番。文章が。

|

« 兄よ銃を取れ | Main | キル・ビル »

Book」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 師匠の本:

« 兄よ銃を取れ | Main | キル・ビル »