« February 2008 | Main | April 2008 »

2008.03.31

マンデイ・フットボール

家から最も近いグラウンドが取れたというので、
出先から取って返し、6年生どもの追い出しを兼ねた、
OG+コーチ+ほか関係者3名(←ここに入る)混交の、
球蹴り大会19時~21時。

首肯したのは、
1.この時期はまだ行き倒れてしまうほど寒い。
2.あんだけ昼まで雨が降ったのに球蹴りはできるものである。
3.相変わらず中学生は動かない。
4.コーチ陣の大人げのなさは驚異的。
5.週の頭からこんな会に出るのはさすがに無茶。
先週も月曜からしてたけど球蹴り。
以上5点。

Monday_football

夕メシは力尽きて外食。明日がまた早いんだこれが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.30

鐘を鳴らすのは誰?

今日の帰り道。狛江のあたりを走ってたら、
自分の車の何台か後ろに消防車がついた。
もうすっかり暗くなってた時分だし、何でそれに、
気がついたかというと、カーン、カーン、カーン、
消火活動を終えた帰路を知らせる?鐘を鳴らしてた、
からなのだけれど、あの鐘の音ってのはどうして、
あんなにもテンションが下がるものなのだろうか?
何だか非常に暗い、落ち込んだ、黄泉の国に、
引きずり込まれるかのような気分に、だんだんと、
なってくる。あなたはだんだんと深い深い眠りに。
しかし実はそれよりも、帰り道としてけっこう裏道を、
あちこち駆使して通ったつもりだったのだけれど、
後ろ何台目かの鐘の音がずーっと離れずついてきて、
いっこうに遠ざかることがない、そっちの方が、
怖かったので、思い切って進行方向を外してわざと、
15分ほど逆走してみた。ら、
まだついてくんだよ。何台目か後の距離は保って。

これは怖い!

(単に鐘の音が頭ん中でループしてたのかもしれないけど)

Rainny_day

試合は重役欠勤のためそれなりの予想だったけど、
それなり以上とも。つうか、監督の言うように確かに、
点の取られ方は悪いのだけれど、一方で点の取り方も、
悪くない。特に前半終了時の加点は◎で、
後半の配分次第ではもう少し主導権を持って戦えるかも。
若手バックスについては育成中につき言うことなし。
“得点王”が点を取り始めたらそこそこ勝ち進めるのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.29

恒例の川べり公園花見

Sakura1

今年はYと2人でという変則的なメンツで参加
(写真2点Y)。3時間ほど遅れていったので、
5時にホストが場所取りをしといてくれたという
(でも4番目だったらしいけど)、最高のステージに、
過去たぶん1番の凄い人数の人がいて、
誰が誰でどの関係者なのかもわからず、というか、
まそんなこたいつもの調子でどうでもよくて追求もせず、
たらの芽とかうどとかを天ぷらしてもらって、
あとはひたすらへらへらしてるのみ。

Sakura2

2時間ほどしてちょうどいい塩加減になった頃に、
奥沢のスタジオ南南西に移動、
したと思う。確か。タクシーだった?
そういや今年はいつも会う人たちとはほとんど、
話をしなかった。じゃあ長い時間何をしてたんだろう。
そんなに飲んだわけじゃなく寝てたわけでもないのに。

ウクレレは弾いてたな。確か。へらへら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.28

梶山ケガ

だとさ。券買ってからじゃ、
詐欺に合ったようなもんで。苦笑。

かといって、んじゃ行かね、
と言えるほどお金持ちでももちろんないんで。
行ってきましたー。やな客だわ。

Angolaangola

意外と面白かった。
アフリカ人のゴム毬のような瞬発力は、
やっぱ凄いわ。

重役出てたら勝ってた。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.27

予想通り

事務所の人間に、
「今日は負けるよ」と言って帰ったので。苦笑。

つうか、あの1998年のW杯の時も、
ヴェテランへの慰労のご褒美チームか、
(三浦と北澤を落とさず小野を落とす)
それとも4年後のための思い切った若返りの投資チームか、
(市川を落とさず、黄金世代も大量招集する)
実に中途半端な感じが、いかにも中間管理職っぽくて、
何とも言えなかったのだけれど、
今回も見事なまでに中途半端だもんねー。笑。
負けた方が得る物ある結果につながる?かも。
希望的観測でしかないけど。
そりゃしばらくJのリーグすら見てなかった人だしねー。

ということで、nessunoさんのこちらを、
あたしも推しますね。
リンクなら金取られないだろうし。希望的観測。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.26

そういえば4年後の夢の地だった

4years_before

水面の
鏡奏でる
春の歌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.25

卒業式

のシーズンですねぇ。

Sotu

小学校に足を踏み入れることは2度とないかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.24

夜の新木場

なんて今まで行ったことがなかったので、
ついぞ知らなかったのだけれど、凄いぞ!

いや、ハッテン場の話ではなくて。

夜の新木場、何というか、
人の集まってる所は限られてるんだけれど、
そこで聞こえてくる言葉が、
いっさい日本語じゃないぞ!

でだね、“俺たちの夢の島”とは反対側の、
広い公園の中を、行き帰り2度ほど、
通らなきゃならなかったんだけど、
個人的には久しぶりに、
レヴェル5程度の警戒をしながら歩いた。

5っていうとマルセイユ以来か? 苦笑。

11時、
駅に戻り有楽町線に乗る。
2時間みっちり跨ぎ練したため足ガタガタ。
レヴェル5のお陰?で襲われてはいないけど、
帰りは確かに午前さまだな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.23

何だかなぁこりゃ、な敗戦

前半。
まぁよくあるように若干押し込まれながらも、
最近すっかり上げ調子なYugoの、
信じられないオーバー・ヘッドで鮮やかに先制。
あとは、とりあえず前半終了まで試合を殺せば、
この上なくプラン通りの展開、
実際その通りにコトは運び、1-0での折り返し、
まさに言うことなし、のはずだったんだけど、
大きな誤算が1つ。
目立ちたがり主審にCB森田が削られてしまった…。
1枚はわかるとしても1枚は“何で?”なイエロー2枚。
おかげさまをもちまして、
コンビ芸が確立しつつあった最終ラインが壊され、
ハンデを献上させられるハメになったわけで。

後半。
何とか殺せ殺せ、の祈りも空しく、
ボディ・ブローの蓄積もだんだん効き始め、
そりゃ、全体練習もしてないんだから、
これ以上何を望む?という感じもあり。

ま、T弟の黄金の右手?で全社の出場権は得たし、
仮に町田と戦えたとしても、
来週はメンツが全然揃わなかったということなので。苦笑。

今日はこんぐらいで許してやる。

Komahojo

許してやるといえば、自分の練習だけど、
正直昨日走り過ぎて足がダルく、
実は明日も球蹴りがありやがるんで、
今日のM練習3時間は許してやった、おさぼり。
今年はさぼってばっかのよーな。内緒だ。

東京都チャンピオンシップ4回戦 おれら 1-2 FC斜め上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.22

ご婦人方練習会

ようやく雨があがってくれたのと、
運よく珍しく時間がポコッとハマったのとで、
久々にご婦人方との練習会黒一点インD学園。
とはいえいつも通り遠慮はなくてバンバンと。笑。
ただ練習会自体も久々だった(いっぱい人も来た)ため、
顔にボールを食らって退場1名、
着地に失敗して靱帯伸ばした1名、
帰りにチャリの所で「初めて脹ら脛が攣った」1名、
ケガ人続出でした。あと校庭。何台も車入って搬出作業中でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.21

Love will tear us apart

Love_will_tear_us_apart

1980年の夏に、上の12インチ・シングル、
ファクトリーの23番を買って毎日かけてた。
クールな歌を歌ってたイアン・カーティスは、
この時すでに首を吊ってしまって故人だった。
ジョイ・ディヴィジョンの、最後に買ったアルバムは、
「Still」で、ロンドンのどっかで買ったのだけれど、
ジャケットは紙でなく、グレーの布張りだった。
今も手元にある。

ちなみに当時の周囲は、松任谷何とかの曲に、
代表されるような、今思い出しても吐き気のする、
空気が蔓延していた。クソな時代だった。
それでも育ったとこが育ったとこだったせいか、
「彼女はコントロールを失ってる」だの、
「愛は再び俺らを引き裂くだろう」だの、
あの時期そんな曲を聞いてられたのは、
結構ラッキーだったんじゃないかと。

アントン・コービンの映画の方(音出る注意)は、
まぁ言わずもがな、なんだろうけど、グラント・ジーの、
ドキュメンタリーの方も、見といた方がいいかな、なんて。
いずれにせよ、「24アワー・パーティー・ピープル」だけじゃ、
あんまりだし、少し。ファクトリー・レコーズは、
マンチェスターにあったってのが、ミソ。
良くも悪くも。

え、ニュー・オーダーって何ですかそれ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.20

氷雨の中のプラン通り

これ着ていったらちょっとオーバーかなー、
というような、バリバリ冬物コートを、
羽織っていったのだけど、正解、
というか、それでも寒くてたまらず、
それを着ていかなかったら、文句なく、
死んでたと思う、因縁深い3回戦。

思いの外早いタイミングで先制点がもらえたほかは、
見るだに、ほぼゲーム・プラン通り(後でO兄にも確認済)、
後半など、勝ちにきた相手が、
自らバランスを崩してしまっての(思うツボ)、
イヤらしいまでに見事なハメ勝ち。お疲れさまでした。

ただ、向こうは主力が4人ほど、
欠けてたこともあるのだけれど、
それにしたってここまでに至るスピードが、
若干早すぎないかい、と杞憂してもみたり。
何せ、練習したことすらないわけで、まだ。

Rain

東京都チャンピオンシップ3回戦 TBFC 3-0 23SC

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.19

AKY

何で“KY”が「め」で、
“AKY”が「ま」なのか、
よくわからないものの、
ケンカ売ってる感の強い、
AKYの方が、
より好感が持てるのは何で?

年のせい以外の、
何物でもないと思うんだけど、
最近沸点が異様に低くて、
正直自分でも戸惑ってる。
妄想が強いのかもしれない。
とすりゃ統合失調?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.18

無粋

今朝通った所に、高層マンションでも建てるのか、
だだっ広い工事現場があって、その周りは、
縦3m、横50cmぐらいの金属の板(1枚)により、
覆われているのだけれど、
そのツヤ消しメタリックな板を、たぶんペンキ屋さんが、
1枚1枚、丁寧に白く塗っているのを、偶然目の当たりにした。
1枚1枚、といっても、口で言うのは簡単だけど、
恐らく200を下らない数はあるだろうと思われ、
それを1枚1枚塗っていくというのは、
少し気が遠くなるというか、工事現場金持ちというか、
こうして雇用は産み出されていくのかと思ったわけなのだけれど、
ツヤ消しメタリックのままじゃ、許してもらえないのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.17

モダンフットボール

ジーコ同様、個人的にはほぼアンタッチャブルな、
ストイコヴィッチ監督だけれど(ピクシーの方が年は下)、
その指揮は意外にリアリティ重視で、
そこらへんの地に足のついたバランス感覚が、
さすが数多くの鉄火場をくぐり抜けてきた人という印象。
そっちの方がより厄介だろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.16

2年ぶりのJFL

いや去年1試合佐川見に行ってるけど。
(2年ぶりじゃないな)

とにかく友人入魂の「JFL昇格記念ビデオ」が、
国立のモニターにかかるってんで、
それを見るためだけに霞ヶ丘へ。

とにかくそれを見るためだけに行ったので、
試合の方はよく見てない。というか、
人が多くて試合を見るような雰囲気じゃなかった、ような。

で、Hondaも佐川もやられたみたいで。笑。

Jfl

しばらくすぽーつをしてなかったので、
そこから急いで川べりへ行き、
電車の見える丘中学校でチームMエクササイズ。

チンチンにされて走り回らされた。
痩せた。

Densha_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.15

午後いっぱい

仕事。昨日が仕事にならなかったため。苦笑。

出かけるまで30分ぐらいしか、
時間がなくなってしまったので、
公園を1周だけ走って、
大崎まで車で送ってもらう。

夜は飲み会。
尾山台小→尾山台中の田中選手と、
ミランのプリマヴェーラでバレージの指導を受けた話など。
うそ。もうちょっと深刻な話をした。

あと川上選手が浅草出身と聞き、
「三社はどこで担いでんだよ」
「馬二ってとこですけど…」
毎年一緒に担いでたのかよ…

仕事の続きをしに帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.14

もう何もかも

Ookawa

後輩の、大阪人なのに大阪のにおいが全くない悪党と、
もんじゃを食いにいく。
実は彼の“送別会”だったのだけど、
そのことを忘れてたのとだから何するとかダリぃので、
もんじゃにしてしまった。
ただ、自分で普通に注文してもんじゃを食ってた。
さすが大阪のにおいを全く感じさせない大阪人。

にしても、まぁアレだな。
食いに行っといて言うのもナンだけど、
もんじゃってのはやっぱ夕メシとして食うもんでは絶対ないな。
アレは菓子みてえなもんだから。
よくみんなあんなもん食いにいくよな。
おれらの場合はトラウマだからしょうがないんだけど。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.13

出口

Exit

まぁごく当たり前のようにナチュラルを装ってる。
↑日本語が変だけど、
そんな文章の違和感以上なナチュラル・フィーリングだ。

…が、知ってる人は知っての通り、
0から出るともう0にしか戻れない。
0×1=0 0×2=0 0×3=0 ほらね。
くれぐれも、お・気・を・つ・け・て…
何をだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.12

相談

あるサークルでの人間関係に悩んでいる女性に、
どうしたら皆と仲良くできるだろう、と尋ねられ、
仲良くできない人と仲良くしようってのは単に、
時間のムダ、とあっさりめに即答したら怒られた。
何か間違ったこと言ったか俺?

声優には全く詳しくない上、
もう皆忘れた頃のような話なんだけど、
“このーちょんちょんなんだからー”さんの逝去には、
謹んで哀悼の意を表したりなんかしちゃったりして。

ニュース見ないんで、昨日知った…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.11

で、楽しみにしてた

川崎-Vは、日曜の夜には見たんだけど、
我らが福西がテセを軽くあしらってたのと、
愛するDQN森が、
ゲームが荒れそうになった所で、
みんなをなだめてたのに笑った。

見どころ満載の試合っしたー。
見てない方はぜひ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.10

佐川東京臭プンプンのFK

カレー後、
Kと別れて駒沢移動。

チャンピオンシップ2回戦。
いきなり試金石の青梅と。
ちなみに人数が揃っておらず、
予定では後半から10人だった、苦笑。
ま、エースの居残りで、
10人は避けられたものの、
練習は1度もしてないわけだし、
ポジションもバランバランで、
実際相手にかなり押し込まれたし。

…とはいえ、
勝っちゃいました。笑。

決勝点は戸田有悟のFK。ちょっとズル?

O兄によれば、
「戸田はやめてからの方がFKうまくなってさー」
だそうです。笑。

それにしても、
相手はあんなもんなんでしょうか?

Komazawa1

東京都チャンピオンシップ2回戦 ウチ 1-0 青梅

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.09

第13回全日本選手権

ギリギリまで、
等々力とどっちへ行くか迷ってたのだけれど、
第6回大会、まだ客が関係者以外は数人だった、笑、
その頃からまぁ毎年通ってるんで、しょうがねーか、
てな感じで、代々木体育館へ。
(つか、例年2月開催で全然問題なかったのが、
今年からは見事にJと、
日程重ねてくれてどうもありがとう、苦笑
まぁFの日程があったのもわかるけど)

でも選択@半分当てカンは正しかった、ような。

“惜しくも負けはしたけど、
今まで見た浦安の中では、
一番いい浦安だった”

と、名古屋勝ち越しの時点では、
そういう風に書こうと思ってたのだけど、
結果は浦安が再逆転勝利で優勝。

Champion
優勝に湧く浦安な人々(赤ユニ)

特に素晴らしかったのは、
得点だけでなく、
何回も敵のビッグ・チャンスを潰した岩本と、
いつも以上に気合い入りまくりで、
紛れもなく最大のキー・マンだった小宮山、
…なんだけど、今日のMVPはと言うなら、
やはり、もうほとんど神がかっていた川原かと。

↓な3決も意外に楽しめたし。
3ketu

*****
帰路、たまたま降りた駅で偶然に、
Kとばったりすれ違って驚く。
立ち食いのカレーを食わせたら、
手持ちがなくなったんで、
「金貸せ」と言って、
持ってる百円玉全部巻き上げた。
どーゆー親父だよ by K。

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.08

ウラン登場

城福チームは1-1だったらしい。

Yugata

我らが10番は後半大凡消えてた。
攻撃最大の切り札6番より主将は、
ムリヤリにでも10番にさせた方が、
もしかしたら有効なのかもと思ったり。

夜は神社の社務所でチームKの納会。
(兼トップ・チームの優勝祝賀会)
少し考える所があってしばらく暇をもらうことに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.07

目の当たり

今日久しぶりに、
人間の屑性というのを、
目の当たりに。

まぁ特別な意図もない、
単なる悪意の発露ってやつなんだろうし、
こちらも別に、何かを書き連ねることで、
正当化を図らなければならない必要性は、
毫もないので(差別主義者でもないくせに、
不用意な差別発言しちゃダメだよ苦笑、ぐらいか)、
あくまで淡々と、
ただし徹底して、

売られたものは、
買うだけであるのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.06

ボンベ

O2

どうしてこういう字体なのか、
素人には謎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.05

臆病

今日、人と話をしてる最中に、
すっかり忘れてたそのことが、
ふっと、頭をよぎったんだけど、

そういえば、
やの人の息子(顔に傷有)を筆頭に、
黒黄の今でいうハーフな地回りの方、
お金を徴収にくるはんとー高校の方々、
制服着てるけど年食ってるショックンな方々、
あちこちの道を塞いでるゾクな方々、
馬動物園帰りの目の据わった方々(群れ)、
朝から道で棒になってるお酒飲みな方、
点数稼ぎにトラップ仕掛けまくりのマルケー、
自分にもたぶんお世話してるお薬屋さんやポンの方、等々、
敵キャラが満載だったよなーと、小中学校の頃。
しかも人口密度が恐ろしく低い所だから、
目撃なんて期待もハナッからできない(してない)し。
ただ、それでもまだ地域コミュニティが、
健在だったから、どうにか残れたんだろうなーと。
頭をよぎった。

おかげ様でひと気のない道を一人歩く時など、
今でも全身びりびりに身構えてたり、
臆病者この上ないんですけど。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.04

レット・アス・レタス

Let_us

意味は不明。パン屋。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.03

拍子?

暦には大安だの友引だの書いてあって、
六曜というらしいんだけれど、その六曜の、
仏滅、に近い日であることは確かだろう。
まぁその大安だの友引だの仏滅だの、
結婚式にいいとか葬式にはよくないとか、
実はあまり根拠がないらしく、気にしても、
ほとんど意味がないらしいんだけれど、
そのあまり根拠がないらしいってことを、
どこの何で知ったのか実は全くもって、
覚えておらず、従って気にしても意味がない、
と言い立てても全く説得力がないのだった。
と余談めいたことを書いてたら何が本談か、
自分でも怪しくなってきてしまったので、
もう1度頭から行った方がいいかもしれない。
暦には大安だの友引だの書いてあって、
六曜というらしいんだけれど、その六曜の、
仏滅、に近い日であることは確かだろう。
仏滅に近い、つまり「さんざんな日」である。
しかし考えてみると、今日が「「さんざんな日」
と言われても、”~の日”的には嬉しくない。
嬉しくないというか、ここからどうやって、
まとめに入るか困って気がついたのだけれど、
「さんざんな日」はどちらかというと3・3より、
3・37の方がより「さんざんな日」感が強い、
わけである。惜しくも3月37日という日づけが、
ないので暫定的に3月3日に決定したのだけれど、
日づけ的に考えれば37は31たす6で、要は、
4月の6日のことであり、それは「死むー」の、
意味だから、いずれにしてもその日は、
「さんざんな日」であったとは言えよう。
言えよう。何か偉そう感が漂うので重ねてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.02

開幕

しました。ホーム・スタジアムにて。

“開幕しました”なんて書くのは2年ぶりで、
ちょっと感動。

Opening

いやホントは開幕じゃないけどね。
ほんとうの開幕は1カ月ほど先。

弟監督「結構ヒヤッとしましたよ」とは言ってたものの、
ま、あんなもんでしょう完勝。
もっとも来週が試金石なんだけど。

兄監督は日中球蹴りしてきて、
3カ所肉離れだそうです。苦笑。

とりあえずまぁ今日はそんなところで。

東京都チャンピオンシップ1回戦 TBFC 3-1 目白クラブ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.03.01

高熱

卒業大会当日だったKが朝になって、
悔し涙とともに急な熱でダウン。
本日の分刻みな予定が、
大狂いして頭も狂う。

そういえばこないだ、
パトに停車を食らった。
無知な善人で押し通し、
何とか事なきを得たのだけど、
ピンチは慣れてるとはいうものの、
正直かなり冷や汗もんだったっすー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »