« March 2008 | Main | May 2008 »

2008.04.30

初黒星

まぁ、あそこまで勤勉忠実に、
各ポジション職務を全うされて、
リスク管理もキッチリ効かされちゃうと、
そりゃウチのように何とか心理戦に引きずり込んで、
ドサクサ紛れにぶっ叩いちまおう、というチームは、
つらいかな。苦笑。
…にしてもだよ、
いくらこっちに敬意を払ったからとはいえ、
金・土・日と3日間も集まって特別練習した、
ってのは、どう考えても反則だわな。苦笑。
(点を取った時のあの喜び方ってどうよ…)

Komazawa2

そんなわけで、
取られた点には不運もかなりあったんだけど、
全体的には弱みを突かれた初黒星。
1点でもぽこっと入れることができれば、
こっちも接戦に持ち込めたかも、とは思うんだけどね。
思う、と言えば、
黒星の日の帰りにみんなで飲み会をする応援団も、
どうかとは思う。

社会人1部リーグ第5節 TBFC 0-2 日立ビルシステム

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.29

飛行場方面

何度か決定的なキメをミスっていたので、
最終的には、引き分けかな、と、
読んでいたのだけれど、その中でも、
前半のうちに動かせた1-0のスコアを、
まんま固めて終わらせられたところは、
少なくとも去年との大きな違いだと思う。
重役も今日はやたら打ちまくってたし。

ただ、FKはだなー。
いくら上から興行のことを言われてるにしても、
18才になんか蹴らしてるんじゃないっての。
お前が蹴んだよ。「どけどけ」とか言ってだ。
それがいいチーム。わかってる?

Mou

ところで、
むーは確かにイキのいいコナマイキ君で、
滝二ってこともあるからかちょっと柿谷系も入ってて、
気に入りの要素は十分でした。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.28

体調悪

いわゆるGW進行何とやらの山が越えて、
緊張が緩んで精神がたるんだのか、笑、
昨日からいきなり調子悪くなった。風邪か?
…つことで、事務所で2度ほど意識が飛ぶ。
各10分ほどずつ落ちてた模様。そうです。
皆さまの愛と優しさに支えられて、
事務所仕事こなしてます。すまん。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.27

雨だの忙しさだの

にかまけて、
何と3週間近くもボールに触っていなかった!
…のを、さすがにそれはちょっとマズイだろうと、
内心イライラし出してたので、
今季は選手登録をあえて外してもらってる、
チームKの日曜練習会にムリクリ参加。
13時~15時半。ありがたい。

案の定、体はナマリまくってて、
基礎練(ストレッチとかドリブルとか)終わった段階で、
息があがってた。なぜか突然暑かったし。

で、ミニ・ゲームを何試合かやった後(得1)、
1時間ほど別建てでサルをやったんだけど、
女子チームとのゲームの際、プレスをかけに行ったところ、
クリアしようとしたボールを、モロ下腹部に蹴り込まれて悶絶…
そのまま終了した。苦笑。
17時半帰。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.04.26

重役 in ニホンダイラ

えーと、
シュートはまた封印なんでしょうか?

ちなみにちょっと調べてみたけど、
田坂は東海大一高なんだな。
澤登の誘いで清水へってのは、
何かで読んだウロ覚えがあるんだけど、
モリシ、服部、伊東の先輩であるわけだ。
(特にモリシとは広島大河→一高と同じ経歴)
メモメモ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.25

いつも通ってる駅からの道沿いに、
白抜きの文字で「コーヒー」と縦書きされた、
煮染めたような茶色の幟が時々立っていて、
まぁどこかの喫茶店のものであろう、
そういう幟自体は別段珍しかないんだけど、
その白抜きの文字の下に、カップに入った、
コーヒーのイラストが遠慮がちに描かれてて、
カップはともかく、何でその中にコーヒーが入ってるか、
わかるのかというと、カップから湯気が立ってるからで、
その湯気がまた、湯気というよりなぜか温泉マークであり、
幟の中で一番目立っているのが温泉マーク、
という予期せぬ事態が、特別意識してたわけでもないのに、
いつのまにか心に染みてるのだった。

温泉に行きたいって話ではありまおんせん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.24

レンタル依頼

つことで、かわみなみの「シャンペン・シャワー」を、
奇特にもお持ちの方はどうぞご一報を。
“主人公のアドルって、ありゃエデルのことだよ!”
(82年セレソンのFWで、大殿ホマーリオの師匠筋)
とか、そんな話で昨日は大盛り上がりしてたわけで。
つか皆、半徹続きで、
莫迦頭は猶予して頂きたい点もあり。

Champagne

そのくせ今朝はCLなんぞを見てしまい、
見たオノレを呪ったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.23

記憶力血みどろ

仕事場の女性が、「英名二十八衆句」の、
載った昔の雑誌を持ってきてくれて、
というのも、自分が芳年のことを言ったことがあり、
その時彼女自身思い当たるフシがあって、
わざわざ家の中を引っかき回して、
探してきてくれたのだけど、そんなことより何でか、
芳年の“大蘇”という号は覚えてるのだけれど、
本名の名字の方(月岡)がどうにも思い出せず、
とても情けない思いをしたのだった。

Yoshitoshi

そしたら今日もさあ、
昔活躍した2文字のGKの名前と言われて、
ディノ・ゾフの名前が出てこねえんだよこれがまた。
とても情けない思いをしたのだったのだった。
まぁゾフは好きだったわけじゃないけどさ別に。

件の雑誌は、別の女の人が、
仕事もしないで、してくれよ、1時間ばかし真剣に見入ってた。
意外に女性の琴線に触れるものがあるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2008.04.22

いってぇぇ…

Danca1

ちっきしょー爪先思いっ切し引っかけたよ何だよ。

Danca2

んー…?

Danca3

そこに書いてどうする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.21

コントロール

シーズ・ロスト・コントロール。癲癇の歌。
まぁ、フローベールもドストエフスキーも、
ディックも癲癇だったわけだけど。

さて、
アントン・コービンの写真てのは、よく見てるわけだ。確かに。
ビデオクリップも同様。

で、「コントロール」だ。

もし、自分が若い女の子だったら、
ハマってた可能性はある。
モノクロの画面は常にフォトジェニックで、淡々としている。
つまりクールだ。
ハマってたかもしれない。ロマンチックな女の子だったら。
淡々とし過ぎてる気もする。
原作となった本が、だけでなく、
エンド・ロールのCo-Produce(だったか?)にも、
カーティス夫人の名前が出てきて、
だから淡々の上に淡々が重なって?

生々しい交接シーン、グルーピーやドープの狂乱、
妻と愛人の泥沼な修羅場、バンド・メンバーとの諍い、
そして吊り身のブラブラ…等は、緻密に除けられ、
イアンはむしろスタイリッシュに、傷だらけの天使に映され、
それゆえ感情移入はしやすく、イコンが破壊されることもなく、
若い女の子ならなおさらだと思う。

いい悪いの評価は別にして、
まぁそういう映画ではあった。

ただ自分の横に座ってた30代女性陣は、
「出てくる女優がみんなキレイじゃなかった」と、
上映後の階段で言い合ってたけど。苦笑。

イアン・カーティスが、
若かりし頃ボウイやロキシーを聞いてたってことと、
日常的にコミュニケーションの必要な、
職安(ハロー・ワーク)の窓口に勤めてたってこと、
それと(マンチェスター)シティのサポーターだったってことは、
初めて知った。ベースはカミさんの本だから、
恐らく間違いはないのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.20

大先生降臨試合

6時起。仕事。トホホ。

この前引き分けちゃったもんで、
さすがに今日は勝たなきゃ、
まずくなるかなー、な一戦だったんだけど、
ソウル戦ではまだ本領の出てなかったFW陣がキレキレで、
加藤→町田胸トラボレーと、町田→加藤ループの2-1で、
勝つと落とすじゃ大違いの重要な試合をモノに。

新幹線を降りて電車を乗り間違え?、
最寄り駅からも道を間違えて?後半10分に到着した、
お腹ぽよぽよ大先生は、後半20分すぎに降臨。
出てから5分ぐらいで、もう腰に手を当ててた御様子。苦笑。
しかし大先生はいいんです。大先生なので。

社会人1部リーグ第4節 TBFC 2-1 ラシンクラブドトーキョー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.19

爺御前試合

8時起。仕事。

夕方からは爺の御前試合。ていつもか。

谷口に取られた点、みたいな大チョンボはまだあるにせよ、
(やっと反町は谷口呼んだかー)
何年かぶり?で、
贔屓目なしに“金払っても見る価値のある”ゲーム。
こういう試合を続けてたら、
マスコット投票、みたいな屁イヴェントなぞ打たなくても、
自然と客は増えていくもんだろう。

闘うDFや肝の据わった新人たち、
それに驚異のブラジル人ももちろんなんだけど、
何より秘やかに進化しているダーティに惚。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.18

春嵐

さて、気楽な稼業ときたもんだ、と見える筆頭は
気象庁の予報官である。気象庁気象庁気象庁と
三度唱えれば何を食ってもアタラない、といわれて
久しいが、いくらアタラなくっても、その責任をとった
なんて聞いたことがない。

…と、大人山田風太郎も書いてたのだけれど、
今日は出た折りがちょうど暴風雨タイムで、
傘を1本大破、仕方ないんでその後はもう1本の傘で歩いて、
初めて事務所へ。名刺の相談、あとは交互風呂敷。
それにしても誰もが行きやすい、いい場所だった。

第4節は、大先生(動けるのか?)が登場、との噂も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.17

いつかどこかで

上気した顔
ゆらゆらと
朧月

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.16

ノープラン

何か試合考えの見えないゲーム。
…てことは、大本営発表はどうあれ、
やっぱり単なるお試しか、選手任せだったんだろう。
先制して、さらに点を取るのか、はてまた殺すのか、
アソコまでコンセンサスが取れてなきゃ、
いくら劣化の激しい田舎とはいえ、そりゃやられるわな。
まぁ、どっちにするかは、誰でもいいから、
誰かが声をかけさえすりゃ済むんだけどね。苦笑。
しかし、あの立ち位置の試合で、
ちゃっちゃっと勢揃いして殺しにいけないってのは、
まだまだ先がなげーってことか。

あと、2と23については、もういいんじゃないの?
2のあまりに余裕なさすぎの大蹴りは、
中学生にまで笑われてたぞ。プロなのか?
23は、J2ででも毎試合出てた方がいいんじゃないかと。
何よりシュートが“いち、にの、さん”になってて、
アレじゃシロウト目にも難しいだろう。

Nabisco

それにしても、あの試合を観ておきながら、
あの選手とあの選手を招集した代表監督。大丈夫なんすか?
好きなようにやるってほども変わってないし。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.15

すべて楽しかったこと

大殿がまた引退を表明した。
ただし今回は“公式“とのこと。

Ootono

で、また撤回するよね…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.04.14

夜のパッチギ!

つうこって、昨夜は、
行ってきましたー!
ここ。

Cho1

こことか(中で着替え)。

Cho2

いやーいちおう第3ホーム?なので。笑。
まんぎょんぼんごーに乗ったわけじゃないよ。

Cho3

で、試合はまぁ…まぁまぁでした。苦笑。
トップにボールが収まりにくく、
またトップが前を向けるボールも出せなかったので、
中が上がりにくく、
かといって繋ぐのも中途半端で…

エース・ナンバーも今日はいなかったし、
そりゃこんな日もあるってことで。
ただ森田先生の復帰したDF陣の力で、
無失点に凌いだのは大きな収穫じゃないかと。

つか、サクッと連勝しちまうと、
マークがエグくなったりとか、
それはそれでややこしくもなると思うので、
現時点では引き分けぐらいがむしろいいのかも。。

とはいえ、そろそろ、
全然練習してない弊害が出始めてもいるような。
(来週もここなんだけど、来週は残念なことに来られない…)

社会人1部リーグ第3節 TBFC 0-0 チームDiego

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.13

羽生さん

おめでとさんの横(関東村)で行われてた、
女子ユース(U15)選手権の東京予選などを、
観戦してたり。そういえば。

3時半キック・オフ。
3-0で勝利…も、
ま相手が相手だったんで、
監督にかなり渇を入れられてた模様。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.12

羽生さん

おめでとうございます。
オシム・フットボールの精髄を、
さもなかったことにでもしようとしている唐変木どもとは、
私も死ぬまで闘いますんで。

Get_u

ちょっとオーバー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.11

人に背後を…その2

今さらのように、内田樹センセイの、
超面白い本を読んでたら、
“観世流シテ方の方に、「能楽師は背中をどういうふうに
意識していますか」という質問をしたことがある”という、
下りが出てきた。
少し昂揚しつつ先を読み進めていったら、
さらに超面白くなってくるじゃないか。
ちょっと長くなるけど引用。

先ほどの能楽師の方は、新幹線の駅で待っているときに必ず壁を背にして立つそうです。足も両足均等に加重しないで、右、左と移しながら、立っている。 「なんで、そんなことをするんですか?」とお訊ねしたら、「誰かに、後ろから突き落とされたりしたら、嫌じゃないか」というお答えでした。 「両足に加重しないのは、すぐに反応できるように。切りつけられたりしたときに、パッと反応できるようにしてるんだ」と。新幹線の駅でいきなり切りつける人なんて、そう多くはいないだろうから、ずいぶん用心深い人だなと思って笑っていたのですが、その後、この方の舞台を見ているときに、ああなるほどと思いました。

そりゃレヴェルは全然違うだろうけどさ、
同じようなタイプの人がいることに、
うわー、ちょっと感動したよ!
I will never walk alone … 笑。

センセイがどう“なるほど”と思ったかについては、
特に興味がある人は、
ぜひ超面白すぎる原典に当たってみて下さい、
「疲れすぎて眠れぬ夜のために」って本の、
“身体の感覚を蘇らせる”って章っすー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2008.04.10

話しかけないように

Shobu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.09

接吻

Seppun

話がどうなっていくのか、は、
小池栄子の演技を含め、
ほぼ読めていたのだけれど、
タイトルのことをまったく失念していて、
そのことに自分自身ものすごく驚愕してしまった。

逆に、読みが外れた、というか外されたのは、
観る前はかなり特殊な物語、だと考えていたのだけれど、
むしろごく一般的な、
普遍性があるような話だったことだ。
殺人者はともかく、主人公の彼女は、
どこにでも簡単に見出せる、気がする。
「ベティ・ブルー」ではない。

しかしながら、この、ごく一般的な話が、
ごく一般的な視聴者の目にはなかなか触れない、
可能性が高いかもしれない、というのが、
皮肉っちゃ皮肉。面白いっちゃ面白い。

自分が宣伝の担当者だったら、
煽りはこう付けるだろう。

“愛は何ものも救わない”

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.08

再びの式

まー仕事をサボるいい口実にはなってる。

New

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.07

夜の新木場2

雨ざんざん降りの中、2度目のトレ参加。
あそこまではもってた空の、
いきなりな大決壊はいくぶん計算外だったのだけど、
(ホント開始15分前ぐらいに急に降り出した…)
前もってわかってた人数の少なさについては、
(2人増えたけど5人)、どんなことになるのやら、
あえてそこを狙って行ったのだった。

結果は…大失敗。苦笑。

鳥かご4-1、フリーマンを置いての3-2、
仕上げにミニゲーム、をほとんど休みなしでという、
2年の人たちすら「マックス…」と言った鬼のプログラム。
そりゃ泣きはしなかったけど、半泣きはしたけど、
寒さもあってボールを取りに行く度に足が攣りかけるし、
体は正直で、最後の方など、
すでにコントロールは二の次三の次の、
いっぱいいっぱいなワタクシ。
すみません身の程知らずでした。もう来ませんみっちり日は。

ということで、どこが「マックス」かもわかって、苦笑、
無謀トライの期間は終了。
次回は、初めの1歩から、という感じっすかね。

それより今夜歩いて戻れるのか不安だったのだけれど、
匍匐前進して何とか帰還。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.06

開幕戦 3-1の魔

祝・東京都リーグ1部開幕。

…ということで、初戦、
昨年の関東リーグから降格してきた、
今季優勝候補筆頭の青梅を、
打ち合いの末に見事逆転で制したわけなのだけれど、
個人的には、今日のポイントは、
後半、割と早めに取られた青梅の3点目だったと思う。
あの3点目を取ったがために、青梅はたぶん、
「これで勝ったな」と。
チャンピオンシップでウチに不覚は取っているので、
油断してたってことではないだろうけれど、
どこかにスキが生まれたのだと思う。
そして青梅のベンチも動かなかった。

こちらとしては、
あそこで新鮮な守りの選手でも入れられて、
ゲームを殺しにかかられた方がキツかった。
バランスを崩してでも点を取りに行かなければならず、
カウンターを浴びて、大量点差での負けもあり得た。
しかしながら向こうは、それまでが思った通りに行って、
あの3点目で、つい“ナメ”が入ってしまったんじゃないかと。
直後にCKからウチのエースのヘディングが炸裂し1点差。
相手が少し浮き足立ったのはわかった。

同点に追いついてからはゲームは膠着。
K兄監督は、「3-3で閉めるつもりだったけど、
最後の1点は自分のフットボールを超えてた。
あれは、今日のこちらの総合力で入った点だ」と。
ユーゴのFKから、アベちゃんの“おもちゃの右足”(本人談)が、
奇跡のようなボレーを突き刺し、とうとう逆転。
慌てて相手はバタバタ動いたが、時すでに遅し、だった。

今日、勝ってしまったことが、
果たして吉と出るか凶と出るか、
実はわからないのだけれど、
今晩だけは、興奮を噛みしめると同時に、
フットボールってのは面白れえなぁ、と改めて。

社会人1部開幕戦 TBFC 4-3 青梅FC

League_open

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.05

重役不全2

何本か以上シュートを打たないのはもはや意地。
つうか、ホント頑固だよね。
扱いにくいったらありゃしねえな。苦笑。

FKはちびよーへーではなく、
あんたが蹴りなさいっての。ったく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.04

時間があると

ちょくちょく見に行く超人気サイトの、
サンパウロさんのところで、
ジョアン・ボスコのコンサートのことや、
モロッコ展のこと、
最近だとミウーシャ(シコ・ブアルキの妹で、
ヴィニシウス・ヂ・モライスにギターの教えを受け、
ジョアン・ジウベルトの2度目のカミさんだった歌手)
のコンサートのことが書かれてて、
興味が尽きなかったのだけれど、
特筆すべきはどれも「無料」だということ。

そういうのが、
“文化”ってもんじゃないかなーと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.03

いないいない

Bear

と、いきなり言われても、クマった、クマった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.02

重役不全

Boromake

まぁCBやジャパニーズFWの差も如実だったのだけれど、
それ以上に10番の差が明快に出ての結果妥当な3-0。
ともあれ、コンディションが万全ではなかった?にしても、
敵将のシュートへの意欲、枠内へ飛ばす率の高さ等々、
常日頃から散々ぱら注文してることではあるのだけれど、
よーくお手本にして下さいね。これをいい機会に。どぞよろしく。

9時半すぎ帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.01

ん?とだっけ?やだっけ?

てな時にありがたさしみじみ。
字の小ささもプライドを傷つけない細かな配慮。
お…大人だ。

Yame

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »