« 再びの式 | Main | 話しかけないように »

2008.04.09

接吻

Seppun

話がどうなっていくのか、は、
小池栄子の演技を含め、
ほぼ読めていたのだけれど、
タイトルのことをまったく失念していて、
そのことに自分自身ものすごく驚愕してしまった。

逆に、読みが外れた、というか外されたのは、
観る前はかなり特殊な物語、だと考えていたのだけれど、
むしろごく一般的な、
普遍性があるような話だったことだ。
殺人者はともかく、主人公の彼女は、
どこにでも簡単に見出せる、気がする。
「ベティ・ブルー」ではない。

しかしながら、この、ごく一般的な話が、
ごく一般的な視聴者の目にはなかなか触れない、
可能性が高いかもしれない、というのが、
皮肉っちゃ皮肉。面白いっちゃ面白い。

自分が宣伝の担当者だったら、
煽りはこう付けるだろう。

“愛は何ものも救わない”

|

« 再びの式 | Main | 話しかけないように »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 接吻:

« 再びの式 | Main | 話しかけないように »