« 死んでもやっちゃいけない | Main | 夜の新木場3 »

2008.05.11

じじいが東京にいる限り

ま、じじいのことなんで、
覚書でいいや。

◆席はJFLでも座ることがないような良席。笑。
もう長いつきあいになる友人ご家族が、
取っておいてくれたのだけど、ありがとうございました。

◆普通の試合通り、選手がピッチに入ってから、
じじい、G裏とバック・スタンド間の通路から、
リリーフ・カー?に乗って手を振りながら登場。
もちろん本人の演出ではないんだろうけど、
あまりの“らしさ”(脱力度)に腹を抱えて笑う。

◆ゲーム開始。前半はオール・オールド・スター・チームが、
後半はOBチームが、G裏に向かって攻める。
前半は、長老ラモスを始め、前園、小倉、
それに相馬(いいクロスだった)といった面々が、
とにかくじじいに点を取らそうと躍起になってるのだけど、
GK正面にいったり、ハデにフカしたり、
決められないじじい。いつも通りだ。笑。
G裏からは「ダッメ外人、ダッメ外人!」コール。

◆ハーフ・タイム、スクリーンに元同僚たちのコメント。
ケリーの元気そうな姿にもグッときたけど、
やっぱアベちゃんかな。1番は。
ユキヒコなども。

◆後半、OBチームは、オクを投入。
勝負に出る。何の勝負だ? 笑。
けっこう時間が経ってから、じじい、ようやくゴール。
よかったよかった。もうそこでおしまいでもいいぐらいだ。
つか、何でこんなにハラハラ見てなきゃいけねえんだよ。

◆ハイライトその2 ぴろみーがユニフォームを着て、
ベンチから出てくる。誰と交替かと見ていたら、
よぼよぼピッチから出ていこうとしているのがじじい…って、おい。
あんたの試合だってーの。笑。
さすがに言われたのか、結局じじい、
ぴろみーと一緒にピッチに戻った。豪華?2トップだ。

◆右からぴろみーにいい球が入り、
じじいへのパスも考えず(FW魂だ!)、
敢然と左足で打ちに行くぴろみー!
おおーっ、と思ったらダフった。苦笑。
背後から「帰ったらシュート練習なー」の温かい声。

◆試合終了。主審がなかなか笛を吹かず、
じじい死ぬか?とも思ったけど、
何分かぐらいの伸ばしでカンベンしてもらえた模様。
その後、センター・サークルでじじい演説。
今日は飯野はいなくていいのか? 笑。

◆と思いきや、マイクを持ったままG裏移動の際、
「あーいしてるー」と自分でスターにしきのするじじい。
久しぶりに聞いたよその歌。
ホント久しぶりだ。

ここからはちょっと順不同。というかゴッチャになって忘れた。
◆じじい、G裏挨拶。
◆じじい、胴上げ。
◆じじい、奥さん紹介。
名前がわからないので「お、く、さん、お、く、さん」コール。笑。
◆じじい、泣く。年寄りは涙もろくていかんね。
◆じじいへの花束贈呈の後、場内一周。
途中から作り物の王冠をプレゼントされて頭にかぶったのだけど、
それはちょっと気が利いたプレゼントだった。

…てな感じだったかな。

実は、
じじいが丸亀でサポーターに向かって右腕を突き出してる写真、
アウェイ・ユニフォームの上に黒いベンチ・コートを羽織り、
表情はハッキリわからないけど、
口をキッと結んで涙をこらえてる写真、
べつだん深い意味もなく、
それをずっとケイタイの待ち受けにしてたんだけど、
あの、じじいが都を離れた年、
成田に見送りに行った時よりも、
今日の姿を見て、
何だかやっとひと区切りついた気持ちになった。
なぜかはよくわからない。

Jijiiboroboro
おしっこもらしちゃったよー。

|

« 死んでもやっちゃいけない | Main | 夜の新木場3 »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference じじいが東京にいる限り:

« 死んでもやっちゃいけない | Main | 夜の新木場3 »