« 今朝の | Main | 薄荷煙管 »

2008.06.24

アール・ブリュット

見ておきたいとは思ってたので、
ユーロ休みを取ったいい機会に、笑、
汐留行。

Brut

いやー…。
世の中で「天才」って言葉が濫発されるのには、
個人的にものすごく抵抗があるんだけど、
このフィールドはやっぱ天才目白押しだよねー。
いやー、フットボールの時ですら、
あんまり使わないのに何回も言うけど、
「天才」目白押し。

特にテーマの“都市の夢”が良くて、
たぶん初めて見たんだけど、辻勇二の、
夢の景色のような細かい俯瞰図には、
もう言いようもなく吸い込まれた。

Tsuji

「とにかく風景を眺めるのが好きで、乗り物ではいつも車窓から一心に外を眺めています。特に高いビルから街を見下ろすのが大好きで、放っておくと何時間でも見ています」と母親は話す。

引用は会場にあった辻の紹介文から。
漢字の喜舎場盛也も他人じゃない感じだった。

今回も、遮るもののない力そのもの(生(き)の力)が、
どの作品からもがっぷり放射されていてヘヴィだ。
真正の「力への意志」。

|

« 今朝の | Main | 薄荷煙管 »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アール・ブリュット:

« 今朝の | Main | 薄荷煙管 »