« 大輔帰還 | Main | 五輪答え合わせ »

2008.07.14

勝ち点1という選択

例えば、次のような与件があるものとする。

・アウェー・ゲーム
・ケガ人が多く、特にDFが固定できない。
・チームのリズムが悪く、ここ数試合勝ててない。

試合前、こういう条件の場合、
普通は守りのチェックからゲームに入るのが無難だ。

プランとしては前半は0-0がベスト、
仮にやられたとしても、1点差なら想定内で、
まったく問題なしだろう。
勝負は後半。
当然アウェーなので、
先制されることは織り込んでおかなければならないものの、
事と場合によっては、先制することもある。
そうなればシメたもの。
ゲームを殺しにかかり、相手の浮き足立ちを誘い、
バランスを崩したところにカウンターを浴びせればいい。
ちなみに、点を取ったとたんに逆に浮き足立って、
数分もしないうちに元の木阿弥にされる、というのは、
ありがちながら、絶対避けなければならないのは。
言うまでもない。

…なんだけど、相手がまぁしたたかな場合は、
そういうことも起こり得ると考えておくべき。
何たってやっぱりアウェーだし、
敵のシュートがベラボウに“巧い”時もあるだろう。

で、仮定として1対1になったと。
…にしても、そこまではまだOKである。
肝腎なのはここからだ。

相手はやっと同点に追いついたことで意気が上がり、
イケイケ状態になっている。
しかも常識的に、審判の笛は偏りがちな感じだ。
そんな状況で、“勝ちに行く”というのは、
勇ましくてカッコはいいけれど、
大人のフットボールには程遠い。
ましてや与件を考え、チーム自体建設途上であるとするなら、
勝ち点1を取りに行く練習も必要だろう。
「ハナッから勝つ気がないと勝てるものも勝てない」?
いや、勝ち欲を出してバランスを崩し、
負ける(大敗する)方が多いのだ、

というまったき典型がまた1つ。

|

« 大輔帰還 | Main | 五輪答え合わせ »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝ち点1という選択:

« 大輔帰還 | Main | 五輪答え合わせ »