« 一日千夏 | Main | 昭和レトロ »

2008.07.27

セットバックの季節

決戦の日来たる。

言うまでもなく、
ここに至るまで同様のスムーズな進化を続けるためには、
たとえ相手が首位であろうと、絶対に落とせない一戦。
というか、もう1試合も落とすことはできないのだけれど。

実はいろいろあって危うく間に合わなくなりかけた、ものの、
かなり強引なことをして、苦笑、何とかキックオフ前に到着。
アウェーの決戦の地は、緑の美しい天然芝、
洒落たクラブ・ハウス、高いフェンス、そして、
立派な照明設備という、ほとんど東電クラスの超リッチな環境
(何面かのテニス・コートや、
内野がやはり目にも鮮やかな緑芝という野球場まで併設)。
そんなところで好きな時に練習ができて、高給が保証されて、
というチームだから、相手にとっては不足なし、だね。
こちとら、全体練習なし(1度も)、金なし、
蹴球だけに打ち込んでいられる優雅な職なし、
ないないづくしの雑草チームなもんで。笑。

12時半、炎天下の中、キック・オフ。

メンツ的には、今日は有悟と謙太郎の両翼が不在。
決して小さくない“不在”だけど、
まぁガタガタ言ってもしょうがないってことで。
そのかわり前の試合に引き続き、小林(シンヤ)がいる。
新加入・田原もいる。川上が戻ってきた(後半途中から)。
荒畑ワン・トップで始まり、
前半のうちに洋明・カブの國士2トップに代わる。
が、その時はすでに0-1だった…

ゴール裏からの視点で、
中央やや右寄りからくさびに入ったボールが、
トラップの加減だったか、左の、もはやゴールまでの間に、
CBしかいない場所に運悪く流れて、
反転したそのくさびが持ち出そうとしたのを、
モーリがよくコースを切ろうと粘り腰を見せたものの、
結局ゴール・ネット上部目がけて打ち込まれてしまった。

もちろん0-1まではプラン想定内だったろう。
…と考えてた前半終了間際、
こちらの左サイドが、ついおおっと声をあげるほどのうまさで、
股を抜かれて突破され、
阿部ちゃんが必死に追いすがったものの、余裕を持ってクロス。
その先にFWが飛び込んできた。
0-2。

0-1のまま後半に入ることになれば、
まだ勝負はわからなかったと思う。絶対に。
個人的にはこの2点目が重かった…
やっぱり1点目よりはるかに重い2点目だった。

後半、向こうはこちらのプラン通りバテ、
前半よりも攻撃にかかれる回数が増えた。
ただ、こっちもバテていた。
エースの素晴らし技の反撃弾はあったものの、
(ひ~ろ~あ~き~、東京ベイ・ゴーール♪@ByebyeBaby)
さらに同点にまではつながらず、1-2でタイム・アップ。
TBFCの今年の冒険は終わりを告げた。

相手の意外になりふり構わず的なファウルの多さや、
それを一切不問にした主審の笛に対しては、
あえて何も言わない(言ってるけど。笑)。
とはいえ、前半2失点はやっぱり勝負の分かれ目。
後半向こうはバタバタしてただけに余計に。

残念だ。
関係者一同と同様、悔しくて仕方なく、
そういう時はひとり電車に乗って、仕事に戻った。
電車を降りてから雨に降られた。
悔しい。

Nichidoground

社会人1部・第11節 東京ベイFC 1-2 東京海上日動火災

|

« 一日千夏 | Main | 昭和レトロ »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Bay」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セットバックの季節:

« 一日千夏 | Main | 昭和レトロ »