« フォトギャラリー | Main | 「自分たちのサッカーを貫く」? »

2008.08.06

ルー・リードのベルリン

歌マネとかが得意なわけではないんだけれど、
ほぼ唯一か唯二ぐらい自分でも歌マネができる人がいて、
それがルー・リードだったりする。
もちろん人前で披露したことなどないし、
客観的には言うまでもなくヘタだと思うけど。
ヴィブラートのかかったライムと歌との仕分けとか。笑。

そういえば、こうやってアルバム1枚、
それも一時期糞のように繰り返し聴いてたアルバム1枚を、
まるまる通しで、ライヴの形で見る、なんてのは、
初めての体験だと思う。

歌詞が身体に滲むまでしつこく流した曲、
当時はそれほど関心が持てなかった曲、
それらが不思議と、隔たりなくひと繋がりになって、
甦ってくる。すっかり忘れてたようなアレンジの細部まで、
ひとつひとつするするっと口をついて出てくる。奇妙。

考えてみれば、生のステージを見た、
ボウイやブライアン・フェリーの軽く3~400倍は、
彼に“エポック・メイク”や“前衛”を見ていたのだと思う。

曲の美しさと激しさ、呟きのクールネスと歌の熱の、
信じられないほど微妙なバランスの良さ、
今にして思えば、若い時のフェイヴァリットは、
彼だったのかもしれない。
でも年を経た彼は、もっと味が出ている。
しわしわの今聴くと、
かつての曲がさらに深く、凄みを持って聴ける。

欲を言えば、「キャンディ・セッズ」「ロック・メヌエット」と、
静かに続いたアンコールのラストは、
(「サテライト・オブ・ラヴ」とかはカットだったんだな)
まぁ…「スイート・ジェーン」もそりゃいいんだけどさ、
(イアン・ハンターもカッコよく歌ったわけだし)
欲を言えば、やっぱり、
「ロックンロール」で締めてほしかったかな。
なぜならロックン・ローラーだからだ。
詩人とか音楽家とかである以上に。
「ロックン・ロール・アニマル」でのように。

あ、皿のシュナーベル(監督)のことは途中から忘れてた。
てことは、珍しく「良かった」? 笑。

Lou_2

あと、まあムリもないけど、客席の雰囲気は良くなかった。

|

« フォトギャラリー | Main | 「自分たちのサッカーを貫く」? »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ルー・リードのベルリン:

« フォトギャラリー | Main | 「自分たちのサッカーを貫く」? »