« GO ONSEN | Main | ずたぼろな日 »

2008.08.16

いつも見ている選手たちと

Ground

午前中、芝のグラウンド(ひと降りあったため、
ゆるめだったものの)で、今市FCと練習試合。
そのゲームに参加させてもらえることになった。
本来は30分3セットの予定だったのだけれど、
しろーとが入ってたら3本はもたないでしょうと、
1セット5分延長しての35分2セットということに。
こちらは都1部と4部の混成チームだったけど、
いずれにしても一緒に出してもらうのは初めて。
ただしボランチはO兄監督だ。怖ぇよー。苦笑。

で、その第2セットの方に出た。ポジションはGK、
じゃなくてFW。無謀には代わりないけど。
(まぁ一番迷惑をかけない場所でもあるけど)
ただ、第1セットは何と3点取られてしまっていて、
皆さんの(特に監督の)目の色が変わっている。
うわー。

…結論から記すと、さらに1点は取られたものの、
我がチームは4点を奪い引き分けにまで持っていった。
さすが東京1部(+4部)、というか監督負けず嫌い。笑。
で、ワタクシ? もちろん、見事なまでの役立たず。
単にウオーサオー走り回ってる以外は、
何にもさせてもらえませんでした。がっくし…

それでも、実際にピッチを共にさせてもらうと、
…なんて日本語合ってんのかわからないけど、
やっぱりいろいろなことがわかる。
まず、1部でやってる人たちの決定力の高さ。
とりわけ3点目の阿部ちゃん、健生くんから、
クロスを受けて狭いニアに沈めたフィニッシュと、
GK絶対に取れない小林雄也の4点目同点弾
(この時自分は唯一ちょっとだけ点に絡めた)
には圧倒された。間近で見てただけに余計に。
だって2人ともふだんはDFスタメンだからなぁ…

やっぱり下の者から見ると、
レヴェルが上の人たちのプレーは凄い。
彼らもJとか見に行った時は、
同じように感じるのだろうか。

昼過ぎ。グラウンドから宿に戻って、
ファイナルの温泉で汗を流し、
しかしながら個人的に、
夕方までには帰京の必要があったのに、
何だか帰りの特急券が取れないという話なので、
昼食(カレー?)も食べられないまま駅へ直行。
どうにかチケットは押さえられたのだけれど、

朝メシ以来の食べ物を次に口にできたのは、
夜の9時過ぎだった…

|

« GO ONSEN | Main | ずたぼろな日 »

Futbol」カテゴリの記事

Event」カテゴリの記事

Bay」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いつも見ている選手たちと:

« GO ONSEN | Main | ずたぼろな日 »