« 敵こそ、我が友 | Main | 新小岩手探りマッチ »

2008.09.14

フル・ボッコ

11時からチームHリーグ戦。

だったのだけど、誰が言い出したのか、
日曜は雨らしい、ということになっていて、
こっちもすっかりその気になっていて、
実際、朝のうちは確かにどんよりしていて、
雨が降ってもおかしくない空模様だったのだけど、
とりあえず雨は降ってない。
まぁ空同様ハッキリしない心持ちながら、

9時、車で出発。
1時間ほどかかって、グラウンドに着く頃には、

ぴーかん。苦笑。

誰だ、雨とか言ってた気象庁は。

ところで、今日の相手は、
優勝常連チーム(昨年度は準優勝だった)。
つまり“強い”チーム。
強いチームならではの、人の数も揃ってて、
事実、試合中一度に4人替えとかもしてた。
一方、チームH。
この日、他2カ所でチーム人員関連のイヴェント有。
で、この場に顔を出せたのは14人。
うち2人はケガ人で、1人はK代表御年ン歳。
14ひく3は11。つまり基本的には交替人員なし。
で、雨だと思ってたのに、

ぴーかん。苦笑。

しかしゲームは意外な展開を見せたのだった。

前半早めの時間帯に、先制点は何とチームH。
FWのほぼ個人技による、笑、
ループがキレイに決まって一気に活気づく、
片やGKがスーパー・セーヴを連発し、
守りもねばり強く相手の攻撃を跳ね返し、
圧力をかけているのが全然実らないことに、
みるみる相手がイラついてきてるのがわかった。

そして…前半終了間際!

もうハーフ;タイムだと少し気を緩めた?ところに、
攻撃中のボールが奪われて、
GKが前に出てたのを見透かされた、
ロング・シュートにネットを揺らされてしまう…。

そりゃ、0-1で終われなかった時点で、
後半の展開が決まったのもわかってんだけどね。

後半。
落ち着きを取り戻した相手に、
ボールをいいように回され始める。
↑これをやられる力の差があると、
ハッキリ言って為す術はない。
プラス前半の必死な守りによる疲れ、
プラス交替要因のいないマイナスが、
ぴーかんの中で一気に顕在化、
味方の足ががっくり止まる→ますますパスを回される。
で、続けざまに3点取られた。
というか、気持ち的には6点ぐらい取られたような感じ。
まぁ、最初から戦力差があったのは認めるにしても、
惨敗でした。悔。

あんまり悔しかったんで、1時過ぎ帰宅後、
今度はチャリをこいで3時からのチームM練習会へ。
2時間ミニ・ゲーム。

ウサは晴れたような晴れなかったような…
つか、雨はどーした雨は。
(とか書き殴ってたら急に降ってきた。苦笑)

|

« 敵こそ、我が友 | Main | 新小岩手探りマッチ »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フル・ボッコ:

« 敵こそ、我が友 | Main | 新小岩手探りマッチ »