« September 2008 | Main | November 2008 »

2008.10.31

午前10時過ぎごろ

昨日の夕刊を読みながら、
珍しく外を歩いていたら、
すれ違いざまに、
「40近くなってこんなことやってる人間に、
ならない方がいいよ」
と吐き捨てられたので、
思わず顔を上げて振り返ると、
焦茶色のいかにも安手な革ジャンを着た、
小太りの男の人が、
ケイタイで話しながら遠ざかっていった。

野暮用があったため、
追っかけてって聞くことは、
泣く泣く断念したんだけど、
“こんなこと”って、
どんなことだったんだろう?
気になってしょうがない…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.30

大坂泣き

弁慶の
絨毯唇
味噌田楽

Kurakura

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.29

破片のきらめき

高橋愼二撮影・監督・編集。アップリンクで3時から上映会。

精神科病院内のアトリエで、創作活動に勤しむ人たちの話で、
“アウトサイダー・アート”の作家、というには、
少し微妙な位置にいる絵描きさんたちなんだけど、
まぁ想像してた通り、
多種多彩な見どころと見ごたえのあるドキュメンタリーだった。

“微妙な位置”というのは、
普通にコミュニケーションを取ったり、人によっては、
大過なく社会生活が送れる、ってぐらいの意味合いで、
向こう側にいる人たちではない故。

実際、彼らの中の1人が、
銀座で個展を開く運びになることも描かれたりするのだけれど、
それについて本人が、
「アウトサイダー・アートという括りではなく、
あくまで自分の力が評価されて、
(画廊等の多いブランドである)銀座で、
個展を開けるのが嬉しい」みたいな感想を語っていたのが、
何よりも印象的だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.28

ハプスブルク東京

そういやポエムで思い出したんだけど、
こないだ新宿方面行上り京王線に乗って外を見てたら、
ロイヤル何たらいう看板が見えた大きなマンションの隣りに、
やっぱり大きななザ・インペリアル(ザ?)とかいう看板の、
マンションが並んでた…と思う…たぶん。
立ったまま寝てて夢を見てたのかもしれない。よく見る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.27

翼くれ

“ウィング”になりに、週明け早々だってえのに、
週明けも週末も最近は関係ないけど、苦笑、
珍しく立て続けの新木場行。

で、いろいろ盛り合わせで聞いたのだけれど、
実は1番のポイントは、クロス・ステップだったような…。

もっとも、1番の難行は、
やっぱフォロー・スルー横回転用ではある。
踵をマウスの方に向けてって、あーた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.26

やればできる…できる?

今日も、
残り時間あと1秒で小曽戸シューートー!
ガン!あ゛ー ポストだー!タイム・アップー!
の体育館マッチを見学後、
原宿から長駆移動したわけなんだけど…

久しぶりだったな、
前半見てて眠くならなかった、
つーか、締まってる試合だなと感じたのは
(逆に締まらないホーム・ゲームの多さの方が、
大問題なのだろうけど。
…と言いつつ、最近は自分でも、
選手のモティヴェーションを上げる難しさは、
目の当たりにしてるので、
ムチャを要求するつもりはそもそもないけど)

もちろん、何よりまずカボレ祭ではあったわけで。
あの緩急の差甚大な動きは、どんなDFでも、
そうそう止められないだろう。
ただ、余り良さそうに見えなかった、
長友(今野もうーん…だったけど)にまで得点がつくあたり、
今日の勢いの差があったと思う。

大竹洋平のは、馬鹿のDFが大竹ごとゴロゴロ押し込んだ、
ように見えたので大ウケしてた。

試合終了後は、再度長駆原宿へ…
と戻ったりしたら、莫迦まる出しでよかったんだけど、笑、
実はけっこう尻に火がついてきてて、帰って仕事。
深夜まで。
過労死手前。うそ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.25

首位決戦

半日合唱を見てて(聴いてて、か?)、
その中休みの余興に、おエライさんが呼んだ、
チェコ在住とかいうピアニストの、
途徹もない“レクチャー・コンサート”を、
見せられたりしたんだけど、
まぁ、その凄いシロモノについては、
またいずれ詳しく。気が向いたら。
…つうか、己の芸が至らないってだけのことなのに、
ウケないのは「お前らがなってないからだ!」と、
ガキに噛みつく究極の何様芸。
“だからクラシックは…”(程度が低い)と、
言われるんだよ。何か勘違いしてるヤツの率高すぎ。

と、そういう山を乗り越えてから原宿の体育館へ行ったので、
見られたのは首位決戦のみ。仕事だったとはいえ少し残念。

球が足に付いてないようなミスが目立ったり、
(最初の点もつまんないミスから)
勝負のシュートが少なかったり(特に対抗馬側)、
立ち上がりこそ、お疲れ?ムードが漂ってたものの、
そこは1位と2位の凌ぎ合い、
試合は徐々に熱を帯びていく…

防衛王者側のキーマンとなってるのは、
山田ラファエルユウゴ。
2点目は彼の勝負シュートからだったし、
前半を見てる限りは、
王者がそのまま力で押し切りそうな感じもしてたんだけど…
(対抗はすっごい早い時間からパワー・プレイまでしてたし)

が、後半頭に反撃ののろしが上がる。まず1点。
続いて素晴らしいパス・ワークから中島の飛び込みが決まり、
完全に対抗馬ペースに。
CKからまたも山田の合わせでいったんは突き放されるものの、
高速パス交換からの健太→小宮山で追いつく。、
(やっぱり日本の生きる道はダイレクト・パスに尽きるなと)

対抗馬側のキーマンは、すでにわかるように小宮山。
まぁ1点目の失点は彼のミスだったし、
前半はツキもなさそうで、良くも悪くもってことだけど。苦笑。
ただ、その小宮山がついに逆転弾を放つ。
“ツキなさそう”は撤回。

あとは、残り1分を切ってから。
何度も轟音とどろかせていたシジネイ砲の1発と、
焦るチャンピオンの裏を取った稲葉こーたろーのトドメと。
大盛り上がりの中でタイム・アップ。

とりあえず、
ムリして来て損はなかったっす。
観客7000だってよ。何だかウソみたいだねー。

F8

Fリーグ第8節
名古屋 4-5 浦安

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.24

お住まいはどちらですか?

Poem

ま、ある種の罰ゲームには違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.23

忙サル

家の割と近くに屋内プールのある公園があって、
そこの体育館で3時間サルがあって、
うち2時間弱出席。
公園までは車。
だって雨が降ってて。
軟弱。

サルはハード。
3チーム回し。基本的に交替選手なし。人数ギリ。
ついこないだまで現役、とかも含む、
歴戦の勇士ばかりなので、
レヴェルは低くなく、
ま、年が低くない人も少なからず、なんだけど、笑、
攻守が目まぐるしく変わるような、
パスの回し合いに終始。

忙しくて球が蹴れない時にはサル。
駅近くのタイムスに車を止めて、
初・米蔵でメシ。
温玉とそぼろ丼とうどん。関西風。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.22

浅草へ

都営浅草線が人身事故、
というか飛び込みか。
通る駅通る駅止まり止まりで、
着くまでずいぶん時間がかかった。

ペナブロ打ち合わせ1時間ほど。

皆さんと別れてから、
こないだ飲みに行った時に、
2軒目で早々にこっちが潰れてしまい、
実はかなり迷惑だったろうに、
田原町の駅までの道、
何も不平をこぼさなかったので、
謝りもせず白ばっくれて別れた相手に電話。

「お風呂に入りかけてた」ところだった。苦笑。

近辺で働いているのだけれど、
目の調子が悪くて医者にかかるため、
今日はたまたま早く帰ったらしい。

他愛ない会話を少し交わした後、
さりげなくこないだのことに触れると、
別に何も気にしてない風だったのだけど、
最後に「確かに(独りにされて)困ったかな」。

なんだ。やっぱ困ったんじゃねえか。

いつも通り仕事が遅くなってれば、
本当は今日も、
差しつ差されつの気分だったんだけど、
服脱いじゃってるならしょうがない、か。
まぁ、昨日もあんまり寝てないんで、
また2軒目で潰れてだろうけどさ。

電話を切って渋谷へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.21

夜新

勝新、みたいなタイトルはともかく、
「キープ」が最終回とのことで、
3か月ぶり!の夜の新木場。
(改めて調べてみたら7/10以来だった…)
いや、「キープ」自体も、
前回は9/16だったからひと月以上ぶり。
まー勤勉じゃないこと。苦笑。

てわけで、タロー・ウラシマだ。
お前お大尽じゃない、が理由なのか、笑、
最初は野のケモノ感ありありぃ(常連だらけ?)の、
ハナからゲームでいきなりゲーム?と戸惑いぃの、
いろいろタローならではな不幸があったものの、
そこはやっぱりガチぶつかり合いの特殊学級、
逆に馴染まないままでは終われるわけもなく、
いや終わらないとミッチリで死亡してしまうのだけど、
相変わらずボコボコどつき倒される中で、
攻守ともに使える体感したことが、1ヶだけあった。
“側面は強くても背面は弱い”だけど。

それともう1ケ。
こないだはまったく叶わなかった“顔上げ”に、
微細ではあるものの明確な前進あり。
さすが練習は裏切らない。

…などとシメて男前に陶酔したいのだけど、
そのような“裏切らない度”は、
屁でもないほどに年齢は裏切るので、
ま、全てはムダ、が、
あくまでもとことん前提ってとこでしょうか。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.20

雪辱成る

いろいろあったものの最終的には順当な、
“3連覇” v.s.“覇権奪還”のカードとなった決勝戦。
いやー、ハナっから凄い雰囲気だったんだけど、
試合の中身も凄かった。

メンツとしては、スペインはダニエルが×。
一方の地元ブラジルはファルカンが十字靱帯損傷?で、
完調でなく(試合の途中で×)、
そこらへんが惜しまれるところだったけど、
しょうがないよね、ここまでくりゃ。

まぁフィールドの選手ももちろんレヴェル高すぎなんだけど、
今日の試合は、やっぱり両ゴレイロだったかなぁ。
何か圧倒的だったわ。
特にルイス・アマドのあり得なさといったら…
さすが世界No.1ゴレイロの呼び声も伊達じゃない。

で、得点は合わせて4。
その両ゴレイロを破ったわけだからもう言うことないでしょう。
トーラスの信じられない角度からのシュートも、
なんてこっただったけど、
ブラジルの2点目、
レニージオ左足、アマド止め、レニージオもう1度左足、
アマドまた止め、それを、レニージオの兄ちゃん、
ヴィニシウスが決めた、ってのは、
もう声上げっぱなしの狂乱シーンだった。

決勝初の延長戦での、
お互い5ファウル抱えながらの駆け引きも、
見ごたえ十分だったしなぁ…
ま、PKはあくまで単なる順位決めなだけだってことで。

つこって、長きにわたったワールド・カップが終了。
正直、この決勝戦2チームどちらにも善戦した、
イランのゲームもTVで見たかったんだけどねー。
で、明日からはまたCLですね。苦笑。

最後に。
チアゴ、良かったねぇ。

フットサルW杯ブラジル2008 決勝
ブラジル 2-2 スペイン
(PK ブラジル 5-3 スペイン)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.19

全日程終了

ま、相手がディエゴ、ってんで、
やな感じはしてたんだけどさ。
こっちは相変わらず11人スタートだったし、苦笑、
(ベンチに1人いたけどコジ。しかも出る気なし。
ちなみに久しぶり登場は、正岡と洵也とカトケン。
あと、春以来の小松原と朝岡)
個人的にはカメラも忘れてってたし。

Keitaiphoto
(なのでケイタイシャシン)

というわけで、今季締めのカップ戦だったのだけれど、
見事に1回戦玉砕。今季全日程早くも終了でした。
救いは、9月以降点が取れてなかったところを、
最後の最後に来て、2タッチ2タッチでの、
テンポのいい回しからゴールが割れたことと、
(牛さんが最後来て阿部ちゃんを本来のポジションに、
上げられたのが奏功+ナイス雄也)
フェア・プレイ賞を結局失なってなかったこと。
(良かったね、シンヤ君!)

ま、全ては来年、
勝負の年に、ってことで。

東京都社会人サッカー1部カップ戦 1回戦

東京ベイ 1-4 チームDiego

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.18

何という…

日付ぐちゃぐちゃになってるんだけど準決勝もう1試合。
考えてみたら、こちらもブラジル人率60%以上? 笑。
(イタリアは登録全員、スペインは、えーと、
ダニエルとフェルナンダンとマルセロと、あと誰だっけ?)

それにしてもスペインのパス。
強すぎず、早すぎず、
すーっ、すーっと、ものすごく滑らかで、
つくづく感服。力の加減がもう絶妙なんだろう。
ダニエルの先制点なんて、
うめー、うめーの連続だったもんなー。
前半はミスが恐ろしく少ないし、守備も固いし。

そんな完璧さ、なんだけど、
後半イタリア、アドリアーノ・フォリアの個人技で、
同点にされてからは、少しずつ余裕がなくなり出し、
…ってのがまた、何とも言えない味わいなんだよなぁ…

延長は、ファウルのできないスペイン
(後半の5ファウルは延長にそのまま持ち越しのため)が、
どう凌いでいくのか、に目が吸い付けられてたんだけど、
集中が一瞬途切れたところで、って感じでの、
勝ち越し弾にビリビリ。と、しばらくビリビリしてたら、
今度は残り50秒!での同点弾に薙ぎ倒された
…のも束の間だった、

しかし何という幕切れ!

フットサルW杯ブラジル2008
スペイン 3-2 イタリア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.17

ドキッ!ブラジル人だらけの準決勝

ま、2試合見てられるほどの時間は、
さすがにないので、まずはブラジル-ロシア戦で。
ん? ブラジル-ロシアかよ、
1,2次リーグ、意味ねーぢゃん!うそ。
(この試合は、ブラジル人率最大60%だな、笑)

ファルカン、どんどん調子上がってきてる。うわお。
ロシアもそんな悪いわけじゃないんだけど…
帰化コンビの他にマエフスキとか面白いし。
でも、やっぱ0-7のトラウマ?なのか、
呑まれてるところも少々。
その上、笛も微妙。うーん、地元かぁ…
ファルカン、オーバーヘッドかよ! 笑。

と思ったらプラが1点返したぞ。
面白くなってきた。…と思ったら、
アリかぁ…すげっ(点はヴィニシウス)。以上前半。1-3。

しかしながら次の点を取ったのはハマディエフ、
見事なカウンター。すまん、トラウマはないね。
まだあと14分もある。
一方のブラジルは、アリがいいねぇ…

8分になって、
ロシアはケガをしてたシリロを入れ勝負に出る。
ブラジルは2対1の大決定機を外した!
…って、何だ実況かよ。
ロシアもカウンターの大決定機を外す! 苦笑。
ブラジルはこの監督になってから114証2分1敗と、
1敗しかしてないらしい。どんなだよ!
と書いてるうちに、プラのミスからガブリエルがダメ押し!
決まったクサイかな。ロシア、パワー・プレイへ。
結局そのまま終了。

でもロシアは大善戦だったと思うね。

フットサルW杯ブラジル2008
ブラジル 4-2 ロシア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.16

代表戦×2

1試合目。

勝てたはず、とか、
負けなければ、とかはまた別の話で、
とりあえずは勝っておかないと、
勝ち点の計算ができないですね。以上。

2試合目。

2分で先制、
4分で同点にされる忙しさ。苦笑。
結果に関しては、まぁ人生いろいろ、
てことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.15

覚書2

月曜日分。

朝も早からって9時からのチームMリーグ戦のため、
7時40分ごろ、チャリで家を出発。
そういや4、5日前まで、
出席者が足りない旨の召集メールが回ってたし、
人数少ないと、そもそも、
最初のグラウンド整備が大変なんだよねー、
とか考えながら、集合時間8時のところ、
8時10分、グラウンド着したのだけれど、

ベンチ、
2チーム組めるぐらいおやじの山、笑。
しかもピッチ作りは、
とっくに全工程終了。
ってどんだけ球蹴りしてえんだよ。

で、試合。現在リーグ首位を走る絶好調Dが相手。
結果から言うと1-2で負けたんだけど、
悪くないゲームだった。
自分的には、何せ人数がいたので後半からと思っていたら、
急にケガ人発生して前半15分から唐突に右SBで交替。
ろくすっぽアップもしてなかった…んだけど、昨日、
曲がりなりにも走ってたせいか、珍しく自己満足のいく出来だった。
相手が絞ってきてて意外と右が穴場でスペースがあったため、
ヴァイタルでボールをインターセプト、からの駆け上がりが、
何度も見せられたし、あわやオウン・ゴール、といったクロスも、
それは1度っきりだったけど、笑、入れられたし、
守りでも、少なくとも2点は防、
いでくれたと口悪のGKが感謝?してくれてたし、
やっぱ前日走っといただけのカイはあったね。カイか?

もっとも、そこいらはあくまで自己満の部分で、
んじゃあんた満足いく出来?というと全然。
特にパスは一時に比べると軌道不安定で元の木阿弥。
トーシロは練習してないとすぐダメになるってことだな。
パス・ミスが増え出した後半20分で交替。
1-2のまま試合終了。

10時半に家に戻ったから1日が長い。笑。
試合だけだとどうしても蹴り足らないからと、
一緒に帰ってきた音楽家Oさんと午後からチームKの練習へ、
というかOさんが車を出すんで誘ってもらったというか、
むりやり誘わせたというか。
…とまあ意気や良し、だったんだけど、
この時期あんなに暑くなるとは思わなかったんで、
1時間ほどで完全に足が止まりました。
人数の多い女子チームとミニ・ゲームをやったりもしたものの、
2-3で完敗。ミス連発。暑さに弱い。疲れやすい。苦笑。

5時までグラウンドが使えたところ、
這々の体で4時に帰り、
ずっと逃避し続けてた仕事を日が落ちてからようやく。
深夜過ぎても終わらず。
泣く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.14

じゃあまたいつか

日曜日分覚書、主に自分用。

ふだんと同じぐらいに起きて、
何か月かぶりだかの学校へ。
Mの勤労中はグラウンドの端っこ、芝生の部分で、
女子サッカーを見ながら自主練、というかリフ練。
つか実は、先週は練習も試合もなく、
つことはまた2週間、ボールを触ってないわけで、
またぞろ不安症候群だ、笑。

1時間ほどして昼。
いつの間にか食堂が平地にされてたので、苦笑、
仮営業の税務署みたいな建物に行って昼食。
何人か久しぶりの顔も見て一緒にメシを食ったんだけど、
別れ際、された挨拶が、「じゃあまたいつかね」。
そりゃ確かに来週じゃないけどさ。苦笑。

2時までに車で調布のMFPまで送ってもらい、
とある所から誘われての初めての人たちとサル。
いつも聞かれるんだけど、
知らない所にひょいひょい参加するのは、
けっこう得意な事かもしれない。
ただ、2週間ブランクの弊害はモロに現れて、
気候的には涼しかったのにすぐ息はあがるわ、
最初のうちは人にぶつかってばかりいるわ、
タイミングが悪くてシュートが枠に飛ばないわ、最低。
あと、蹴ってないと1対1がぎこちなくなっている。最低。
最後の方になってようやく、
ワン・ツーでボールをもらってきれいな点。
それのみでした。ま、エンジョイだからOKだけど。

京王線、世田谷線と乗り継ぎ、
W中へ移動するのにどうしてか、
40分近く?もかかりやがった。苦笑。

家へは車で帰り、夜は今日も会食。中華料理店。
アルバイトの女の子が使えず、
春巻1皿のところ間違えて2皿持ってきて、
それは持ち帰らせたんだけど、それに気を取られすぎて、
海鮮おこげのでかい皿も2皿注文されてたのを見逃してた。笑。
まぁ気がつかない方も方なんだけど、
そのまま食べて腹がふくれ死にそうに。
いや死にそうはいいんだけど、
何だか注文がメシものばっかだったな。苦笑。

じゃあまたいつか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.13

祝・ナイジェリア行

つーこって連日のネット観戦、苦笑。
2-0からの後半は、
疑惑のオフサイドや、
ウサ5人抜きの1対1外し、笑、
サウジ決定機ふかしなど、
アヤシイところ多々あれど、笑、
とりあえず最後は完璧にゲームを殺し、
これで来年のワールド・ユース行きは決定。
プラチナおめでとでございます。

つか、18時開始予定だったオージー戦を見に行ったら、
いきなり対戦時間と対戦カードが変わって(17時ごろ?)、
イエーメンが年齢詐称でさよならになってたのに笑った。
イエーメンちくったオージーが、
UAEに負けたのにも笑ったし。アジア奥深すぎ。苦笑。

あとひとこと。
屑テレビ朝日がこの世から永遠に消えてなくなりますように!

AFC U16チャンピオンシップ準々決勝
日本 2-0 サウジアラビア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.12

漢イラン2

いやー、結構苦労して、苦笑、
ネットのTVでさっきやっと見終わったんだけど、
2次リーグの対ブラジル戦。
地元セレソン・シュートの、
雨アラレを浴びてはいたものの、
GKナーゼリー(だと思う)の、
連続超美技による頑張りもあって、
前半のシュマイケルの1点のみで試合終了。
んじゃ守ってばかりかというとそんなこともなく、
特に後半の最初の方は十二分に対抗していたし、
大健闘で見てて最後まで燃えた。

ブラジルに完敗を喫したアジア第2代表との差は、
やっぱりまた開いてしまってるような…

フットサルW杯ブラジル2008
イラン 0-1 ブラジル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.11

ラファエル前派

ベルギーの象徴派(クノップフやロップス、デルヴィル等)、
にも連なるそこらへんの人たちが、昔は好きだったり、
まぁ若気の至りってやつでしょうけど、苦笑、
好きだったりもしたので、大御所ミレイの、
絵が来てる、ってんで、Yと渋谷へ、
…ってもテート蔵が半分くらいで、
だったら大半は見てんだけど、
今の年の目で改めて見ると、
普通に腕の立つ画家、
ってな感じか。

それより、
人妻の身ながらミレイと恋に落ちて離婚、
再婚後は、子供を7人?だか生んで、
旦那のマネージメントも一手に引き受け、
ケツを叩いてたという、美人のカミさんの方に、
興味が引かれたんだけど。笑。

つうか、一つハッキリ再認識させられたのは、
美術館は午前中になど行くもんではない、と。
うんざりだわ。

以降覚書。
昼は珍しくうどんをすすってから、青一行。
で、これ↓を見ながら、

Takamado

たまたま出会った連中と、
“そういやサルW杯に、
Nみたいのが映ってなかった?”
“いやNだけじゃなくて、
Tもブラジル行ってるよ”…な、
気のふれた話をしたり、
試合後の駅で、
練馬?の「セキマチFC」だかいう、
田舎な?コーチさんたち?の監督不行き届に、
心底クラクラさせられたり、
(ガキ放し飼いで切符買わせてんじゃねえよタコ)
いろんな経験をして、
実家へ。

夕食後、急にハラが痛くなってきてトイレ立て籠もり。
毒を盛られた? 笑
ま、何かに当たったというより、
風邪の症状みたいだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.10

いろいろあってせっかくの

ゾロ目日なのに特に前半戦は、
いい1日とはとても言い難いものがあったので、
夜、最も最寄りのレストランへ行って、
蒸し豚丼と豚しゃぶを平らげて、
すっかり満足して家へ帰った。

ま、とりあえず同じ日の人々には祝福を。

つーもんでもないんですけど、
いろいろあるわけでたまにはそういうのもいいでしょうし、
まぁせっかくのゾロ目日なんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.09

順当

強ぇ!速ぇ!うめぇ!+ブラジル人2人!
だったからなぁ…

そのうえ、後半はほとんど自滅してたし…。
(金山の点みたいなパターンがもっと早く出てれば)

まぁ順当な結果ではあるだろう。

対抗するには、まず、
名古屋の3人(ボラ、マルキーニョス、シジネイ)あたりを、
帰化させるところから、かね?

それより、もうちょっと走ろうよ、か?
(この日に関してはもっと、
ファウルを呼び込む形に徹する戦術が必要だったかも)

木暮の終始絶不調も痛かった、ような。

フットサルW杯ブラジル2008
日本 1-9 ロシア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.08

浦安 v.s. ロシアで

いよいよ決戦始まりました。

大輔は結局間に合わなかったか…
大輔、健介、それと鈴村抜きではあるけど。

うわっ、ラッキー。
何となくツイてる感はある。

しかしロシアははるかに格上。
さすが実力欧州2位。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.07

マリーニョの話は

さすがにフットサルってものが、
よくわかってるよなぁ…

ということで、仮にここで負けたら、
今回はそこまでの実力、てなぐらいのことで、
まぁ負けるとまでもは思ってなかったんだけど、
それでも前半は、敵ゴレイロが妙に当たってる、
というよりも、自分たちが焦って、
どんどん俺が俺がの悪循環になっていくという、
いやーな展開のゲームだった。

ただ、今大会は小曽戸が、
すっかりラッキー・ボーイで、
(逆になぜか運気的にもダメダメな、
木暮の穴を完全に埋めてる)
あの同点弾は大きかった。

後半、5ファウルを取られてからも、
突然硬直化してしまったソロモン諸島戦に比べても、
集中が前向き、時間の殺し方も上出来、
修正のきっちり効いた危なげのなさだった。

これで当初の予定通り、次がZ旗。
1次リーグ突破をかけてのロシアとの決戦だ。
またロシアかよ、という感はあるし、苦笑、
正直、勝つのは難しいだろうけどね。

フットサルW杯ブラジル2008
日本 4-1 キューバ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.06

悪意のない単細胞

というのが、
例えば“悪意ある確信犯”みたいのと比べても、
よっぽどタチが悪いのは、
広く知られていることだけれど、
あそこまで職務に忠実、かつ考えのないロボット、
を目の当たりにすると、
なるほど想像や伝聞以上に、そういうところなのだ、と、
いっそ感心の思いさえ抱かされたのだった。

…という、ふと思いついた雑念とは全く関係なく、笑、
今日は社会人1部リーグ最終戦、
警視庁との試合を東大和市まで見に行ってきた。
(何で“笑”を付けるんだ俺?)

Eyamato

前半は人数が足りないうえ、
阿部-戸田の急造CBコンビでカミカゼを凌ぎ、
後半はオフサイド見逃されや戸田の被ヒザ蹴り、
そして万人に謎の小林1発レッドなどありながらも、
恐怖の“どこにも先に繋がるところのないサッカー”に、
最後までひるむこともなく対抗し、1部参入の年を締めくくった。

ま、来年なめてくれる布石になっていれば幸いである。

心の貧しい人は幸いである。
(公務員の)天の国はその人たちのものである。

帰りはO監督兄弟と車で。家の近くまで送ってもらった。

社会人1部リーグ第13節 東京ベイFC 0-5 警視庁

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.05

は~疲れた。苦笑

祝・W杯初勝利。

といっても、
前半のヒカルドのイライラに象徴されるような、
そして蹴球の代表にもしっかり通底している、
日本の弱点がよく出た試合だった。

川原サンキュー。

オセアニア王者の、
肝心な局面での雑さにはずいぶん助けられたし。

良くないねー、やっぱり。

フットサルW杯ブラジル2008
日本 7-2 ソロモン諸島

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.04

残念な判決

重役はここまでだろう。

重役以上の“なにか”になることは、
もう100%ない。

と、キツく申し渡された。

キツかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.03

漢で

そういや思い出したのだけど、
兄貴の店だ。

Bootsy

この前見つけた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.02

漢イラン

いやー大金星を逃した感大。
王者スペイン相手の3点ボコリ
(ゴレイロ股抜きの2点目とか、
3点目も落ち着き払ってたよな…)を、
守りきれず、だったんだけど、
この試合と比べると、
12点も取られる必要があったのか、
という気もなきにしもあらず。

まぁ後出しじゃんけんだけど。

オシム御大、
今大会イチ押しのゼニト観戦中(録画)。
もはや周知のように骨のある、エロいチームだ。
マドリー完全にたじたじ。笑。
主審ちょっとアヤしげ?が残念だけど、苦笑。
おいジリアノフ、お前フリーじゃねーかああ。

フットサルW杯ブラジル2008
イラン 3-3 スペイン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.01

マリーニョの話は

深いなぁ…

まぁこの試合は終わったわけだから。
次だ、次。

大ちんのケガも、
大丈夫だったみたいだし。

ヒカルド頼むぜ。

フットサルW杯ブラジル2008
日本 1-12 ブラジル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »