« ハプスブルク東京 | Main | 大坂泣き »

2008.10.29

破片のきらめき

高橋愼二撮影・監督・編集。アップリンクで3時から上映会。

精神科病院内のアトリエで、創作活動に勤しむ人たちの話で、
“アウトサイダー・アート”の作家、というには、
少し微妙な位置にいる絵描きさんたちなんだけど、
まぁ想像してた通り、
多種多彩な見どころと見ごたえのあるドキュメンタリーだった。

“微妙な位置”というのは、
普通にコミュニケーションを取ったり、人によっては、
大過なく社会生活が送れる、ってぐらいの意味合いで、
向こう側にいる人たちではない故。

実際、彼らの中の1人が、
銀座で個展を開く運びになることも描かれたりするのだけれど、
それについて本人が、
「アウトサイダー・アートという括りではなく、
あくまで自分の力が評価されて、
(画廊等の多いブランドである)銀座で、
個展を開けるのが嬉しい」みたいな感想を語っていたのが、
何よりも印象的だった。

|

« ハプスブルク東京 | Main | 大坂泣き »

Art」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 破片のきらめき:

« ハプスブルク東京 | Main | 大坂泣き »