« は~疲れた。苦笑 | Main | マリーニョの話は »

2008.10.06

悪意のない単細胞

というのが、
例えば“悪意ある確信犯”みたいのと比べても、
よっぽどタチが悪いのは、
広く知られていることだけれど、
あそこまで職務に忠実、かつ考えのないロボット、
を目の当たりにすると、
なるほど想像や伝聞以上に、そういうところなのだ、と、
いっそ感心の思いさえ抱かされたのだった。

…という、ふと思いついた雑念とは全く関係なく、笑、
今日は社会人1部リーグ最終戦、
警視庁との試合を東大和市まで見に行ってきた。
(何で“笑”を付けるんだ俺?)

Eyamato

前半は人数が足りないうえ、
阿部-戸田の急造CBコンビでカミカゼを凌ぎ、
後半はオフサイド見逃されや戸田の被ヒザ蹴り、
そして万人に謎の小林1発レッドなどありながらも、
恐怖の“どこにも先に繋がるところのないサッカー”に、
最後までひるむこともなく対抗し、1部参入の年を締めくくった。

ま、来年なめてくれる布石になっていれば幸いである。

心の貧しい人は幸いである。
(公務員の)天の国はその人たちのものである。

帰りはO監督兄弟と車で。家の近くまで送ってもらった。

社会人1部リーグ第13節 東京ベイFC 0-5 警視庁

|

« は~疲れた。苦笑 | Main | マリーニョの話は »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Onion opinion」カテゴリの記事

Bay」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悪意のない単細胞:

« は~疲れた。苦笑 | Main | マリーニョの話は »