« 悪意のない単細胞 | Main | 浦安 v.s. ロシアで »

2008.10.07

マリーニョの話は

さすがにフットサルってものが、
よくわかってるよなぁ…

ということで、仮にここで負けたら、
今回はそこまでの実力、てなぐらいのことで、
まぁ負けるとまでもは思ってなかったんだけど、
それでも前半は、敵ゴレイロが妙に当たってる、
というよりも、自分たちが焦って、
どんどん俺が俺がの悪循環になっていくという、
いやーな展開のゲームだった。

ただ、今大会は小曽戸が、
すっかりラッキー・ボーイで、
(逆になぜか運気的にもダメダメな、
木暮の穴を完全に埋めてる)
あの同点弾は大きかった。

後半、5ファウルを取られてからも、
突然硬直化してしまったソロモン諸島戦に比べても、
集中が前向き、時間の殺し方も上出来、
修正のきっちり効いた危なげのなさだった。

これで当初の予定通り、次がZ旗。
1次リーグ突破をかけてのロシアとの決戦だ。
またロシアかよ、という感はあるし、苦笑、
正直、勝つのは難しいだろうけどね。

フットサルW杯ブラジル2008
日本 4-1 キューバ

|

« 悪意のない単細胞 | Main | 浦安 v.s. ロシアで »

Futsal」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マリーニョの話は:

« 悪意のない単細胞 | Main | 浦安 v.s. ロシアで »