« 4万歩コースにうってつけの日・後 | Main | 選手募集会2 »

2008.11.26

真木栗ノ穴

面白かった。

まず掴みの、キムラ緑子演じる中年女とのエピソードが、
主人公のキャラや位置を明示していてコクがあるし、
例えば、ボクサーの隣人とドアを同時に閉めるシーン、
みたいな、頻出するギャグのセンスも悪くない。
映画の色つけとしては反則な利重剛監督を始め、
キャスティングにほとんどハズレ感がないし(稀有)、
特に、決して美人とは言えない粟田麗や、
色っぽくは見えない女性編集者役・木下あゆ美の、
微妙なエロさが、作品を逆のサイドから盛り立てている。
ユニットバス、置き薬、文鎮、コイン・ランドリー、
浴衣、梅酒容器の金魚鉢、というような道具立ての選定にも、
面白味が感じられるし、クライマックスは少し、
「異人たちとの夏」の最後を連想させる。というか、“夏”、で、
思い出したけど季節的にはやはり夏、に見たい作品だ。

ラストも過不足なく…
と緩めていたら、
夢オチにつながるエンディングのアレは、もったいなかった。
明らかに不要以外の何物でもないと思う。

Makiguri_2

|

« 4万歩コースにうってつけの日・後 | Main | 選手募集会2 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真木栗ノ穴:

« 4万歩コースにうってつけの日・後 | Main | 選手募集会2 »