« 選手募集会2 | Main | 4万歩コースにうってつけの日・続 »

2008.11.28

フェルメール

やっと見てきた。

この前の大琳派に味をしめて夜、
6時前に入場。
比較のしようがないんで、
正確なところはわからないけど、
混み具合はまあまあ、
許せる範囲内ではあった。

プルースト溺愛の画家ゆえ、
名前は昔から知ってたんだけど、
それにしても、あのフィーヴァーぶりは、
どんなもんなんでしょうか。笑。

7点の中で、個人的には、
「リュートを調弦する女」が貴重度1番だったけど、
「マルタとマリアの家のキリスト」などの、
宗教系の絵も見ごたえがあって面白かった。

フェルメール以外に、
カレル・ファブリティウスを、
少しまとめて見られたのも大収穫。

Yoruvermeer_2

|

« 選手募集会2 | Main | 4万歩コースにうってつけの日・続 »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フェルメール:

« 選手募集会2 | Main | 4万歩コースにうってつけの日・続 »