« November 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.31

老犬

Jiro1

元から腹に爆弾を抱えてるようなものだったのだけれど、
ここ2、3日で急激に具合が悪くなっている。
日曜ぐらいの散歩の時にはごく普通の様子だったので、
本当に急激。

この冬は越せないかもしれない…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.30

犯罪山本

や、のつく方々の事務所や、
や、のつく金融の業者さん等が集まった、
や、のつくやばいビルだと見た。

Crime

今日から高校サッカー。駒沢は初戦が帝京で明日から。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.29

富士山見物

富士山を見物に。
このクソ忙しい時期に。苦笑。

Fuji

あとはメモ。

◇案の定1時間15分ずぶずぶの出。恒例。苦笑。
◇ICを降りてから目印その3のスーパーマーケットが潰れて?
  いたんで、コンビニを(半分必死で)探したんだけど、
  結局ミニストップ1軒のみ。裏の道はそんなもんか。
◇遠州トラックのおかげで無事。
◇結果論的に当初予定通り、報徳社への道を曲がった先に停。
  あくまで結果論だけど。
◇山へは裏から(裏専門。笑)。人っ子ひとりいない道を歩く。
  近道の芝生も歩く。
◇そこそこぶらりしたんだけど、
  基本N氏にしか会わなかった不思議。
◇焼きそばは普通の夜店の焼きそば。
◇ビップに笑う。しかも最初だけ。
◇重役は当社比2倍ぐらいの稼働。テンションは高かった。
  たぶんそれゆえの戻り遅れが痛い結果に。
  あくまで結果論だけど。
◇メールもらってたG君が捜しに来てくれる。
  今年はいろいろあったけど(苦笑)来年はいいことあるよ。
  よいお年を。
◇40分ほど球蹴り on 芝生。いい芝生。
  坂になってて平らじゃないのが球にキズだけど。笑。
Eco_pas_3◇帰りバイーンからメール。
  「ケンがあるから困ってるんすよ」につい大爆笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.28

兄と昼食会

冴ゆる駅
瓶の牛乳
ひと息に

Milkstand

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.27

不調

延々仕事続きで、それでも昼2時間だけ、
チームMの練習に抜け出し、
8-8ぐらいのミニゲーム4本。

ただし膝裏問題がやっぱり勃発、
膝裏問題→キックに対する自信欠如→
プレーの選択肢減少→視野狭隘、
とどどんどどんと悪循環して、散々な調子だった。

前にも書いたけど、
痛い所をかばって、というのではなくて
身体のバランスの少しずつの崩れが、
大きなダメダメに繋がってる、感じ。

Kが登呂へ蹴球合宿に行ったので、
夕メシはYと2人で狸へ行き、
あらぶり煮、じゃなくてぶりあら煮を食ったのだけど、
その際、不調をかこつと、
まず足を治しなよと説教。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.26

エックスマス・コンサート

という名の、
要するに“発表会”へ行く、1日遅れだけど、苦笑。
とはいっても、
発表に発見がいろいろあって想像以上に楽しめた。

Concert_3

チームMおよびKの、
一緒にボールを追うチームメイトで、
某交響楽団のファゴット奏者がいるのだけれど、
余興、というか、サーヴィスで、
ファゴットを分解して楽器の説明をしてくれたのも、
面白かった。

ファゴット、あんなにいい音がするんだとは、
知らなかった…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.25

カホゴ

雨でもだいじょうぶ。

Kahogo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.24

なにがそしてすべてはカップのためにだ

昨日はあまりにも凹んだため、
酒飲んで酔っ払ったまま早寝してしまったんだけど、
いちおうもう少し詳しい覚書。

第1試合は9時10分~、右のMFで出場、
相手は初参戦の八王子チーム
…だったんだけど、この試合がポイントだったよーな。苦笑。
最初にボールに絡みに行った時に、
左目にヒジを食らったんだよねー。
誰に気づかれることもなくしばらく遠近感を失ったのが、
ケチのつけ始め。思いっ切り言い訳っすけど。苦笑。
で、続く敵ゴール・クリアランスの際、
GKが何をトチ狂ったのか、自分の方に手投げでコロコロ球を。
もちろん遠慮なくかっさらわせていただき、
ダイレでシュート!…をフカした。涙目。
まぁ1-2からの同点のチャンスをみすみす逃してたら、
そりゃ負けるよな。立て続けに2点加算されて1-4終了。

第2試合は例のK1チームと。
組み合わせが酷いよね。思いっ切り言い訳その2っすけど。
ここからちょっと人数も減り、ボランチでフル出場。
…のほか、経験者をすべてDFに下げるという、
実に現実的な手で行ったんだけど、
いいようにパスを繋がれまくったあげく、後半は力尽き、
一挙4点取られて、1-5で負け。まぁ順当ではあるんだけどさ。

さすがにシャレになんないと昼飯はカツ丼を食いに行き、
臨んだ5、6位決定戦はW学院OBと。これもボランチ、フルで。
彼らも強豪で、白熱の闘いになったんだけど、
自分がスローインしたボールをFWのところで奪われたのが、
一気に前線に送られて、ポジションに戻るヒマもなく失点。
結局それを跳ね返せず3連敗を喫したのだった。

確かに組み合わせもキツかったんだけど、
個人的にはやっぱりハッキリしてんだよねー、理由。
つかヒザ、特に右の具合が…思いっ切り言い訳その3だけど。
いや、走りに関しては全然問題もないし、
キックもそんな痛みがあるわけじゃないんだけど、
無意識に、何かひねりが入ったりするのを怖がってんだよねー。
で、微妙に強く蹴れなかったり叩けなかったり、
アウト(・キック)はどれも浮かせてしまったり、
とにかくパス出しがどれも話になってなかった。
フィジカルの不調からくるメンタルのヘタレというか。
第3試合に入ってようやくできることが明確になって、
プレーも落ち着いてきたんだけど、何つーかねー、
そもそもがうまいわけじゃないからさー。

No_cup

…と書いてるうちにまた凹んできた。
あー悔しい。
悔しくて仕事になんねーよ。苦笑。

言い訳その4。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.23

そしてすべてはカップのために

タイトル、某Numberか? くさっ。

とはいっても、チームMの、
記念すべき?10回目(実際の開催は8回目)の、
春冬恒例カップ戦だ@そのために6時起きだ@苦笑だ。

前日の“何でわざわざ今日降んだよ!”な雨のせいで、
グラウンド・コンディションが心配され、
実際、水はけの良くないKグラウンドには、
史上最大な水たまりがいくつかできてたわけだけど、
それが蹴球バカ一代たち(20名以上?)の田んぼ作業
(スポンジに水を吸わせてそのスポンジをバケツで絞り、
そのバケツをグラウンド隅に開けるという豪奢作業)によって、
ホント文字通り見る見るうちに消えていき、
さらに工事などで使われる赤いコーンが、
逆さにするとバケツの替わりとして意外とイケる新発見!や、
スポンジは厚手に千切るより薄手の雑巾状にした方が、
効率大!といった、ムダに感動的なノウハウも蓄えながら、
9時すぎ、どうにか試合の幕が切って落とされたのだった。

で、いつも通りチームMは2つに分かれてのAチーム、
うち何名かは前回>ファイナリストの誇り、笑、を胸に、
こないだは2位だったから、今回はもしかして優勝?@にやにや、
だったのだけれど…、

いきなりサクっと結果を書けば、

ビリでしたー。

蹴球の神は苛酷だ。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.22

いい天気だったのに

出かけられたのは、
ようやく日が沈みかけてからだった。

駒沢の体育館の方で、
関東リーグの2部。
関東自体、見に行けたのは、
夏以来?かもしれない。

Kanto2

タイム・アップ1秒前の同点弾、とか、
めったに見られないようなものは、
いろいろ見られたけど。

最後の試合まで一緒に見ていた、
友人親子と別れて、次の席へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.21

すべてはカップのために

8時~10時

暖かい球蹴り日和

…で、
チームMのリーグ戦があったのだけれど、
膝の具合思わしくなく、
(土曜日には黒一点練もあって、
いちおう行ったんだけど、
強いキックは避けたまま終了した)
欠場
…というか、8時前に起きられなかった。

いい天気だったのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.20

久しぶりに近場サル

19時半~21時。

1カ月前の時よりは、若干、
納得のいく動き。

ただねー、実を言うと、
今週になってから膝の裏、
靱帯?半月板?
とにかくそこらへんが、
日を追って痛くなってて、
理由は寒くなった、ぐらいしか、
考えつかないのだけれど、
今日も体育館行く前に、
サポーターが見つからず、
少しセーヴしながらやってた。

23日にはカップ戦もあるし…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.19

ありゃりゃ

このゲームを面白いと評価されると、非常に厳しい物を感じる

西野監督に怒られちゃいました。笑。

でも、上背のない山口×チキンのCBコンビが、
零封できるなんて万に一つも考えられないわけで、
リアルに勝つためのゲーム・プランとしても、
あれしかなかったんじゃないかと思ったんすけど。
つまり、どうにか死に物狂いで先制して、
相手がムカッ腹立てたところに、
こらえこらえてのカウンター、と(まさに弱者の王道)。

なのに省エネCK2本でプラン簡単にぶち壊され。
そりゃ監督は怒り心頭だろう。
だけどさ。バンちゃんがGKに当ててしまった時点で、
悪夢の東京戦も頭をよぎったはずで、苦笑。
(バンちゃん、今季不調なんだよたぶん)
もし、バンちゃんがもう1ヶでもフェイクかまして、
アレを入れてたら…、もしくは、
審判のゲーム構築的に99%あり得なかったとはいえ、
前半のうちにPKがもらえてたら…

そう考えると、あの2点にくじけることなく、後半、
相手の舐めまくり油断を突きまくって点を取ったのは、
十分痛快だった、面白かった、と、
言ってもいいんじゃないすか?監督!

でも、自分が監督だったらもちろん、
「面白いわけねえだろこのタコが!」と、
アナウンサーにツバ吐いてるとは思いますが。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.18

まぁ、負けは負けだけど

受験生Yがなぜか横屑スタジアムに行ってる、苦笑、
元インターコンチ・カップの準決勝だけど、
遠藤のPKの後、
取ると取らないじゃ大きな違いだと思った3点目を、
詐欺師@橋本が取ったので○かな。
ダメ男のプランとしては、
バンちゃんがあの先制点を決めるべきだったんだろうけど、
今季の彼はアレだから、苦笑。
というか、なかなか中央に戻してもらえず、
“実はもう出世コース外?”の話も、
内輪ではチラホラされてたダメ男だけど、
すみません、もうダメ男とは2度と言いません。
少なくとも十八番の展開に持ち込むことはしたわけで、
興行的にも十二分に面白い試合でした。スバラシ。
(ゼロに押さえるのは絶対ムリだしね)

あとは変人二川がいなかったのがかなり残念だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.17

重役、海外移籍希望

五輪のZ旗試合に負け
さらにその後のJリーグでの、
いかにも志が低く見える調子の波に、
ついには引導を渡さざるを得なかった重役だが、
海外移籍を希望していることが漏れ聞こえてきた。

ふーん、なるほど。
とりあえず今シーズンは最後まで、
育ててくれたチームに恩義を尽くして、
ということだったわけね。

そういう“外に出たい“という心積もりだったんなら、
話は別だな、
というか判決撤回。
私が間違ってました。
つことで、これからも、
重役を贔屓の引き倒しするんでよろしく。
…って誰に表明してんのかよくわかりませんが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.12.16

商号

Shogo1

ふつう名前まで付けっかよ…
(↑詳しく知ってるわけではない)

Shogo2

と思ったら、奥もそうだった。
張り合ってんのか…?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.15

久しぶりに朝トレ

昨日の雨で、チームMの練習会がたぶん中止、
になってしまった(はずな)ので、
近くの公園で、久しぶりに朝トレをした。
基礎セットから軽いパス練まで。
右の靱帯がちょっと痛い感じで、
ロング・キックはなし。

で、それは良かったんだけど、
帰りにインテル調のネック・ウォーマーを落とした。
1時間ほど後に探しに戻ったんだけど、
なぜかどこにもなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.14

フットサル部

の試合があったので、
一路、夜の府中の体育館へ。

Sal34

個人的には、
ウチの試合&3部の試合初観戦、笑、
と記念すべきゲームだったのだけど、
チーム的にも、
今日負けてしまうと入れ替え戦が、
どうたらこうたらいう、
かなりZ旗(皇国の興廃この一戦に有)チックな、
ゲームだったらしい。
相手は学習院。

Sal31

ゲームが始まって瞬時に3点取られた時は、
ホントどうしようかと思った…けれど。苦笑。

試合後に聞いた、
ゴレイロ“湾岸の守護神(T.N命名?)”のコメントによると、
「0-3のまま前半終わったら試合投げてましたよ」
だったらしい。

ちなみに“湾岸の守護神”は、
今日ゴレイロがいないからと有無を言わさず、
急遽駆り出されて来た模様。笑。
試合前は腹が痛いと訴えていた。
“湾岸の守護神”はメンタルにちょっと難がある。笑。

それでも皆、徐々に目が慣れてきたのか、
尻上がりに動きがよくなり、前半のうちに2点を返、

Sal33

後半はすっかり呑んでかかって、4-2、
合計6-5で見事な逆転勝利!

まぁ、内心は1点差でヒヤヒヤもんだったけど。
Z旗のゲームと知って、ゴール裏右奥で、
ひとり初観戦していたO監督も、
こっちへ降りてくるなりの第一声が、
「ドキドキしたねー」だったぞ。苦笑。

でも、いい勝ち試合を見せてもらって良かった。
ゲームとしてもいろいろと面白かったし。

都フットサルリーグ3部
東京ベイFC サル部 6-5 学習院

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.12.13

We're Not Gonna Take It

ザ・フーの「トミー」の話は、
書き出すと確実に長くなるんで、またいずれ、にするとして、
こんな、どっちかというと地味な曲を、
よく掘り出したよなー…というか、
掘り出したのはたぶん、
「トミー」からじゃないんだろう、とは思うけどさ。

この応援歌、なぜか自分でけっこう気に入ってるらしく、
知らず知らず口ずさんでることが多かったりする。笑。
俺たちと共にレディゴー♪、ってやつだ。

入れ替え第2戦だけど、
文字通りのラッキー・ボーイに、
半ば台無しに、苦笑、されたとはいえ、
後半のロス・タイムなんか、
やはりたまらなく濃厚だったりしたわけで。

勝利チーム・インタビューの間じゅう、
仙台の連中がずっと歌い続けていたのに、
ちょっとウルっときた。
うそ。
でもいい応援歌だと思う。

仙台的には、あの入れられなかった幻の先制点が、
全てだったよな。

1時からTBFC打ち合わせの後、
某大学でチームHの納会。
その後自由が丘に取って返したけど、
肝腎の風呂屋の倅が案の定潰れていて、
連絡取れず店わからず。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.12

オシム翁

「(日本代表)監督時代にやり残したことがあるのが残念。病気にならなければいろんなことが実現できた。」

何だか残念でしょうがないねぇ。

「いろんなことを実現」してほしかった…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.11

にぎりたいとおもいませんか

Nigiri1

Nigiri2

ちょっとおもう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.12.10

もちろん

何よりも肝腎な入替戦だ今日は。

で、磐田が圧倒的なアドヴァンテージを、
握ったわけだけど、
まぁ、次は勝つだけ、に目的が特化された、
とも言えるわけだ、仙台。
むしろ磐田の方が迷いの出る、
あるいはその一体感を失う、可能性もある。

ポイントは、1週間3試合目の、
コンディション調整、にあるような…
足が止まりがちになったら、ホームでの優位が逆に、
選手の動きを過度に縛る恐れも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.09

一部で有名な

Chugoshi

“どの体勢でだよ!”な飲み屋。笑。
隣りは中学の同級生の実家の寿司屋。

どっちも休止状態也。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.08

揚々と引き上げて

きてから、今度は別の場所にて、こちらも朝から、
フレンドリー・カップに招待参加していたチームMのもとへ。

チャリこいで到着した時は最終ゲーム中で、
残りの時間、やはり右のMFでちょっとだけ出してもらった。
で、その試合は勝ったものの順位はブービーだった模様。

それはそうと、自分より上のカテゴリー、
シニアの大会ではあったんだけど、
中には76のFWの方がいて、
その精悍な姿にシビれた。
ウチの長老@還暦過ぎたばかりも、
「俺なんてまだまだだなぁと思った」らしい。
長老に刺激を与える大長老。すげえ。

3時前に家に戻り、
以降仕事。
そこんとこだけは早く70代になりたい。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.07

リヴェンジ

チームH、今季のリーグ最終戦。

相手は、先日のカップ戦において、
0-2で完敗した(第2試合)ところ。
とはいえ、そのDF陣はそれほど盤石ってわけではなく、
こないだも右はそこそこ崩せたし、
何より今日の味方は参加人数が多そうだし(特に攻撃陣)、
交代枠たっぷりなら、前線からハード;ワークして突っ掛ければ、
何とかなるのでは?…てな皮算用をたてながら、笑、
車で8時半すぎ出発。朝早すぎ。苦笑。

つこって、さすがに最終戦だけあるのか、
10時半のキック・オフまで16人が顔を揃え、
今日も右MFでゲームに入った。

まぁ、カップ戦見て敵もなめてかかってきたんだろう、
中盤から前はウマイので、さっそく押し込まれまくり、
…だったんだけど、こちらも準備は万端、
左右のMFが絞り気味にして、スペースを与えない作戦で対抗。
相手は中、中、と強引に突破したがるため、
そいつがうまくハマり、いったん凌いだところから、
徐々に反撃もできるようになっていった。

…と相手はなかなか点が取れないので、
焦れてくる、焦れてくる。
もちろんそれも狙いだったり。笑。
というところで、前半半ばすぎ、
向こうの何の気ない&油断したバック・パスを、
追い込んでたウチのFWがGKの鼻先で触り、
結果股抜き蹴り込みのような形になって先制した。
皮算用プラン通りだ。笑。

ただ右MF、
同じく追い込みをかけ始めてた時に、
ボールの取り合いでスネのあたりをハデに削られ、
前半終わり近くに退場。
時間稼ぎ? 笑。
いや、やられた瞬間のダメージがでかかったからだけど、
ま、時間をおけば走れないわけでないし、
監督からは、スペース埋めに対するお誉めの言葉などを頂き、
後半、また右MFで出場。
マリーシア。笑。

んで後半。
実は何とか守り倒す展開を考えてたんだけど、
動きの落ちてきた&焦りを増した(怒号が飛び交ってたよ、笑)
相手の球を中盤で奪ってさらに切り込める好循環に。
その矢先、敵右サイド深くに流れたボールを、
DFが収めたところにプレスかけてみたら、
慌ててクリアしようとして、こっちの腹にモロ当てた!

…のを、痛かったけど、苦笑、先に拾って、
さらに縦に突っ掛けて、追ってきたのを切り返しでかわし、
ちょうど走りこんできた左MFへ、マイナスのパス@グラウンダー!
…が、自分でも驚くほどキレイに繋がったのを見事決めてくれて、
ノドから手が出るぐらい欲しかった追加点!
つうか、GKにぶつけて危なかったんだけど。笑。

ともあれ、後は皆さん、
アドレナリン出しまくりで(プラン通り?)守りに入り、
こちとら穴を開けないようにってんで、すぐボランチに下げられ、
と思いきや、早々に外に出されて万全の構えだ。苦笑。
最後、念には念を入れての時間稼ぎのため、
みたびピッチに戻ろうとしてる瞬間に笛が鳴った。
最終戦、初めての勝利で終了!
さらにこの前負けたところだけに、超キモチいいーっす!

Revenge

結果。今季のチームHのリーグ戦は、
3勝3敗2分だった(うち1勝は不戦勝だけど、笑)。
それでも去年は1勝1分、あとは全敗だったんで、
少しは前進してる、ような。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.06

フクアリ

先週予告した通り、
フクアリへ行った。

10時半に車で家を出たんだけど、
途中いろいろなことがあって、
なぜかちょっと間に合わず遅刻。笑。

Fukuari

それにしても信じられないものを見た。
いや、あんなもの、そうは見られないだろう。
フットボールって、面白いよなぁ…
所期の目的も達成したし。

United

隣の柱の脇に、古参っぽい親父サポーターが、
1人で立ってみてたんだけど、
最後は人知れず、目頭を押さえてたよ。
やっぱ、そういうもんなんだろうなぁ…年取ると。
ってそっちかよ。

それにしてもやる気のない日テレはともかく、
磐田が負けてくれたから良かったものの、
惨状は惨状だったな、千葉。
昔のように走れてないのはまだしも、
時折ビクッとした動き出しで、
集中力欠けてるように見えるってのはねぇ。
奇跡を起こした、といやあ聞こえはいいけど、
相手のDFが悪癖のハラホロヒレハレを起こしただけで、
要は単なる放り込みだったしなぁ。

まぁミラー残るみたいだから、
来季は大丈夫だろうと思うけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.05

昨日でも明日でもない

1年に1度か2度、
自分の最高に好きな、というより、これ以上ない、
というような温度の日があって、自分の場合、
それはどん詰まり感の漂う、
静かな生ぬるい温度の日、なのだけれど、そんな日は、
“うぶ毛がそそり立つ”くらい、ゾクゾクして、
何回も、何回も息を深く吸い込んでみたり、
夜更かしして、昔バカみたいに聴いてたレコードを、
飛ばし飛ばし聴き漁っていたり、埠頭に立って、
ぼうと黄昏れてたり、とにかく、
思うがまま後ろ向きになって、過ごすのだった。

地下鉄から地上に出た時、そういう温度の空気を、一瞬、
嗅いだ気がして胸が騒いだのだけど、昨日でも明日でもない、
1日にしては、ちょっと強過ぎる風が吹いてたりして、
早とちりだった。昨日でも明日でもない日は、あくまでも、
1年に1度か2度、
しかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.04

鮫洲公園

免許書換に付き合った合間に、
足を伸ばしてみた。

Samedu3

今、東京ベイFCが本拠の1つとしている、
天王洲公園のグラウンドとともに、
この鮫洲公園のグラウンドが、
ガキん時の2大グラウンドだったわけだ。

ここまでチャリで来て、
グラウンドが埋まってれば天王洲まで行き、
逆に天王洲に行って混んでれば、
こっちに来る、といった感じ。

Samedu2

球蹴りだけじゃなく、野球や(なんちゃって)アメフトなど、
球技は必ず、どっちかのグラウンドでやってた。
中坊ん時、フェンス越えのホームランというものを、
初めて打ったのもここだったり。

さすがに平日の昼間だと使い放題だな。笑。

Samedu1

4時までに溜池山王へ。
帰りに久しぶりに三茶へ寄ったら、
セキゼンがなくなっていた…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.03

ヴィルヘルム・ハンマースホイ展

デンマークといえば、
やっぱ一番はアラン・シモンセンすかね。
「三菱ダイヤモンドサッカー」でも、
放映回数のやたら多かったボルシアMG黄金期の、
彼自身もたぶん全盛期の雄姿には、
ホント憧れましたよ。こちとらも背が低かったもんで。
ずっぱずっぱと点を取る牛若丸。
ホマーリオやルイス・フェルナンデス(メヒコ)以前の、
紛れもない大スターだね個人的には。

と、ものすごく話が逸れてしまったけど、
ヴィルヘルム・ハンマースホイはデンマークの画家だ。
東京に先立つロンドン巡回
ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)では、
あのマイケル・ペイリン@モンティ・パイソンまで、
熱気ムンムンの講演を行ったらしい。

ベルギーは専門だったのでともかく、
不覚にもデンマークにも象徴主義があった?
ことを知らなかったのだけれど、
ひと言で言うと、相当な変人、笑。

Seiyobijutsukan

人々は視線を合わさず、建物は寂寥の中に沈み、
ドアは白く、いつも少しだけ開いていて、
窓も開いていて、その先に光があって、
室内はガランと、省略で再構成されていて、
沈黙と、不安定と、モチーフへの執着と、
モノトーンに近いストイックな色と、丁寧な塗りと、
女は常に背中を向けて吊られている。

何か、フェルメールというよりポール・デルヴォーを、
連想したよ。質は全然違うけど。
変な絵だと思う。
「農家」や「ローマの聖堂」など、
人物画以外の絵も、想像以上に良かった。

Hammer_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.02

ひえてない

Hietenai

写真撮ってたら売店のおばちゃんに笑われた。
え、おいらが笑われんの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.01

ハニュー

ウチでは別名ウラン。何でウランかは忘れた。
個人的に偏愛しがちな異形系の選手で、
まぁJEF時代から惹かれる存在ではあったのだけれど、
改めて惚れ直した。
とにかく気が利く、頭がいい!
…と、スマートな選手はもう無条件に好きなんだけど、
体が小さいとなお良し。
さすがは有悟(佐川東京SC→東京ベイFC)の同級生だ。
つうか千葉県は凄い。

…てことで、来週はフクアリに行き、
降格阻止を謳うことにした。もちろんチケットはホーム側っす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »