« いい天気だったのに | Main | なにがそしてすべてはカップのためにだ »

2008.12.23

そしてすべてはカップのために

タイトル、某Numberか? くさっ。

とはいっても、チームMの、
記念すべき?10回目(実際の開催は8回目)の、
春冬恒例カップ戦だ@そのために6時起きだ@苦笑だ。

前日の“何でわざわざ今日降んだよ!”な雨のせいで、
グラウンド・コンディションが心配され、
実際、水はけの良くないKグラウンドには、
史上最大な水たまりがいくつかできてたわけだけど、
それが蹴球バカ一代たち(20名以上?)の田んぼ作業
(スポンジに水を吸わせてそのスポンジをバケツで絞り、
そのバケツをグラウンド隅に開けるという豪奢作業)によって、
ホント文字通り見る見るうちに消えていき、
さらに工事などで使われる赤いコーンが、
逆さにするとバケツの替わりとして意外とイケる新発見!や、
スポンジは厚手に千切るより薄手の雑巾状にした方が、
効率大!といった、ムダに感動的なノウハウも蓄えながら、
9時すぎ、どうにか試合の幕が切って落とされたのだった。

で、いつも通りチームMは2つに分かれてのAチーム、
うち何名かは前回>ファイナリストの誇り、笑、を胸に、
こないだは2位だったから、今回はもしかして優勝?@にやにや、
だったのだけれど…、

いきなりサクっと結果を書けば、

ビリでしたー。

蹴球の神は苛酷だ。苦笑。

|

« いい天気だったのに | Main | なにがそしてすべてはカップのためにだ »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そしてすべてはカップのために:

« いい天気だったのに | Main | なにがそしてすべてはカップのためにだ »