« 老犬風呂以後 | Main | 1歩1歩 »

2009.01.10

老犬風呂以後続

翌4日朝、
パンパンになってた腹が自壊した…
(3つ穴が開いて、そこから血の混じった漿液が、
流れ出していた)

ところが、
腹が自壊したことにより、
素人目には悪いものも全部外に出たのか、
(実際には熱が収まったせいだと思うけど)
途端に食欲が戻り、少し元気が復活した。

夜、かかりつけの医者に頼んで病院を開けてもらい、
いろいろ注射を打ってもらう…

今。
患部を傷つけられるのが怖いので、
まだ部屋の中にはいるものの、
本人いたって元気。
メシはバクバク食ってるし、
散歩の時は、
主人の都合お構いなしにぐいぐい引っ張るし。
あの正月付近のドタバタは何だったんだ? って感じ。
まぁ、癌の疑いはなくなったわけじゃないけど、
この冬は少なくとも楽勝に越しそう。苦笑。

Jiro4
元気だとハッキリ言ってうるさい。苦笑

|

« 老犬風呂以後 | Main | 1歩1歩 »

So Nota」カテゴリの記事

News」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老犬風呂以後続:

« 老犬風呂以後 | Main | 1歩1歩 »