« 森林浴場 | Main | 老犬風呂以後続 »

2009.01.09

老犬風呂以後

大晦日に“腹に爆弾”と書いた老犬だけど、
実は奴、生来の障害をもともと持っており、
それは“金玉”。
生まれつき、“金玉”(精巣)が「両方とも」腹腔内に停滞、
それでもこれまでは、
子供が作れない、程度の話だったのだけれど、
近年そいつが異常に肥大化、ホルモンのバランスが崩れ、
一部乳腺も異常に張ってしまったため、
とりあえず昨年、手術をして精巣を摘出した、
…ものの、結局のところどうも腫瘍化している模様。
乳腺の辺りが握りこぶし大に腫れ、
腫れるだけならまだしもそこがコチコチに硬くなり、
元旦前後は、腹を下にして座るのも痛かったようだ。

で、風呂以後…

3日夜、意地汚いことでは有名だったのが、
ついに餌を残し始め、
散歩の時は必ず鎖を引きずりまくっていたのが、
路上で途方に暮れたように立ち尽くしてしまった。
(後から獣医に聞いたところでは、
腹の腫れが発熱(40度近く)に繋がってたらしい)

夜もなかなか寝ようとせず、
それはもう床に腹を付けるのがイヤだったからなのだけど、
仕方なく自分の膝に奴の前足を乗っけさせてから、
持ち上げ強引に倒したら、一声抗議に叫んだっきり、
そのまま即座にいびきをかき始めた。
やっぱり座りたいのに立ち続けがストレスになって、
疲れ切っていたのだろう。

そんな姿を見て、
さすがに今日明日かと覚悟したのだった…

Jiro3

<続く>

|

« 森林浴場 | Main | 老犬風呂以後続 »

So Nota」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/43701062

Listed below are links to weblogs that reference 老犬風呂以後:

« 森林浴場 | Main | 老犬風呂以後続 »