« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.28

駆け込み川

春めきし
川面の映写
動き出す

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.27

2代目襲名

受験生、球蹴りを11月まで引っ張ったせいで、
完璧な出遅れ追い込みになったレースだったのだけれど、
一か八か大外に出てウソのようにどうにか差し切った。
ってお前はサクラチトセオーかよ。

ということで、とりあえずは本命の都営の学校へ。
もちろん貧乏なんで助かった。都営の学校は都民の味方で安い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.26

つこって2009りおまつりは、

サルゲイロが優勝、16年ぶり?、
晴れてハチドリさん(ベイジャ・フロール)の3連覇を阻んだそうで。
テーマはタンボール(太鼓)、
カルリーニョス・ブラウンも来てたみたいですね。

同時にポルテーラが僅差の3位!
この3位はスバラシイっす! 喜んでる人も多し。
ただ、やはり古豪のインペリオ・セハーノが、
2部落ちしてしまったようで…

Portela

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.25

夢の島ブルース

4カ月ぶりぐらいっすかね。
27日までだったからあと2日、
とはいえ予定はないので実質上ラスト・チャンス、
を何とかネジ込んで間に合わした。
少しずつ運勢回復しているのか、
雨がやみ暖かいのもグッドだった。新木場。

ただしそうはいっても代償を考えると決して小さくはなく、
天王洲では何と、
リベリアの怪人、湾岸のエース、吼える銀狼、の揃い踏み。
行けなかったのを初めて激しく後悔した。
仕事さえなければ間違いなくそこにいたのになぁ…
まぁ2度あることは3度あることに決まってるけど。ホントか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.24

私鉄&メトロ秘密主義

例えば~線が動いてない、ってえのを、
ちょっと手前の駅で報じさえすれば、
救われる人は多いんじゃないのかねえ。

それと、振替輸送を散々煽っといて、
舌の根も乾かないうちに、
「では発車します」ってのもねえ。
まあメッタなことも言っちゃいけないんだろうが。

そういうのをたぶん毎日やってるはずだから、
無責任の巣、みたいに見えるかな。
現場はホントはそうじゃないんだろうに。

ただ、地下電車の秘密主義は、
今に始まった話じゃない、そうですけどね。
知ってる知ってる、
実は西武を敷いたのは乗っ取り五島、とかって話でしょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.23

昨日の

書き方じゃ、何のこっちゃ?だけど、
そりゃ詳しくも書けないわけで。笑。

帰りの車の反省会で出たのは、
破られたのは右だけど、
悪化してたのは左。
何回言ってもわからない、んだそうで。苦笑。
で、さらに途中からはボラ2枚もいなくなり、
そして3枚が残った…
そりゃ相手がはるか格下ならともかくも、
名にし負う都リーグのチームなんだから、
破れかぶれで出られたら、
3枚で守り切れなんてムリだって。苦笑。
しかも持ち上がってのボールの取られ方が、
各々酷く…(酷いと言えば、反撃弾1発目の、
明らかなオフサイドを取らない、審判な方々も酷く…)

そんなこんなでとにかく、
バランスが取れる社長の登場を皆待ち望んでて、
実際社長も後半には間に合ってたらしいんだけど、
そこがあの、シロートにはとても行き着けない会場。
(先発隊2台も迷った迷った)
社長、近くまで来てるのにわからず焦って携帯いじり、
ピーポーピーポー、あーその車ちょっと来なさい。
で、20分はロスしたとの本人談。
ピッチに立てたのはあと8分のところ。
しかも逆転済み+アップ時間ゼロ。
バランスは取れるけど、さすがに天才じゃないから。

そしてPKへ。
トップバッター、チーム一、安定感があるように見えて、
実は最近、ハズし記録更新中、苦笑、…なのを、
ベンチは知ってたんだけど、セレクターに伝え切れず。
案の定の結果。
さらにアップしてない社長が蹴る寸前にボールに回り込み、
牛さん「(ああいう回り込むのって)嫌われんだよねー」
言った通りにバー。
要するに不運は不運をどんどん呼んで最不運へ。
だいたいその牛さんを後半入れて10番上げときゃ、
何の問題もなかった…? もちろん結果論すけど。

この日不在のエース。
「俺がいれば勝てたでしょ」だそうです。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.22

ということで開幕

しました今年も。今年は廃校にて。

Kaimaku

つっても、氷山引っかけて、
すぐに自沈しちゃったんすけど。苦笑。

Kaimaku2

とりあえずまぁ今日はそんなところで。
なんちゅー出だし。苦笑。

東京都チャンピオンシップ1次戦
東京ベイFC 2-2 鶴牧SC(PK2-4)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.21

頭痛

何か頭痛が痛いんだけど、
これも花粉症のせいってやつ?

外出は犬の散歩のみ。
犬は喜び庭駆け回り。
ウチの老犬は今でもホントに駆け回る。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.20

はいち

といえば、個人的にはコンパで、
それもかなり新しい代の、といっても1970年代だけど、苦笑、
来日もしたタブー・コンボなんかをよく聴くわけだ。
いやホントよく聴く。車ん中が多い。
一番聴くのは、ミニ(・レコード)3作目の、例えば、
ギターのカッティングがグッチャ気持ちいい「インフラシオン」とか、
ロジャー・ユジューンの切なVo炸裂の「ウー!ララー」、
とかで、リヴァーヴのたっぷりかかったギターのパートだけを、
ツッツクツッツクツッツク口ずさむ。笑。あ、あとコーラスだ、
…てぇわけなんだけど、今日は帰ってから、
ミニ1作目の「リスペクト…」を聴いて仕事した。
「ジヤ、ズマーン、ジェ、ズ、メーン」の煽りを聴いたのは久しぶり。
家でかけたのも久しぶり。タブー・コンボは愛してる。やっぱり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.19

新聞万歳!

朝、事務所で少し時間があったんで、
昨日の新聞をチラチラっと見たんだけど、
いやー、なんつーか、もう凄かったねー。
印象操作っていうんですか?
中でも朝日新聞、サイコー!
例えば押し込み集金人さまへの、
お追従感満載な「卑屈人語」ってんですか?には、
「怒るというより笑っちゃうくらい、
ただただ呆れて」しまいました。笑。

冬空に映える青の装いで、クリントン米国務長官が東京を駆け巡った。初の外遊とはいえ、迎える側には役者が違うという思いがある。日程は分秒で刻まれたが、行く先々で存在感を漂わせた。 やり手弁護士、州知事夫人、大統領夫人、上院議員、大統領候補……。これほど濃密な政治経験を重ねた女性はいない。そして、どんな肩書が付いても「ヒラリー」である。地金の強さをいくつもの重責が磨き上げ、今の彼女がある。<2月18日(水)付天声人語より

ねっ? ねじゃねーよ。笑。

まあ定見がないのは朝日の持ち味だけど(苦笑)、
それにしても往時は、赤瀬川(原平)師匠に、
「アカイ、アカイ」と書かれてた由緒正しきアカ日も、
今や単なるアメ日かよ。苦笑。

そういやいっとき、
先の戦争時に国民にウソ付きまくって煽ってたことの、
反省キャンペーンみたいなことを紙面でやって、
「我々って何て正直者、うふっ」と自画自賛してたけど、
なあんだ、アレはやっぱポーズだったんですね!

つことで主筆の船橋洋一先生万歳!
朝日はいつも愚民の味方です!

ん?よみうり?
もうとっくに論外でしょう。
ん?まいにち?
え、新聞だったんすかアレ?
べんじょがみ…?
べんじょといえば経団連。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.18

ブロック崩し

じゃないけれど、歯にまた穴が開いた、
と他動詞にしてるが正確に言うと、
突っついて穴が開くようにしてしまったのは、
自分なのだけど苦笑。
昨夜は2時過ぎまで何とかパズルを、
填めようとしたものの、
結局諦めざるを得なかった。歯パズルは難しい…

ラッキーなことに歯医者の予約が今日取れたので、
型を取ってとりあえずの詰め物はしてもらった土佐。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.17

板子一枚下は地獄

“板子”は和船の船底のことで、
“地獄”は海ってことなんだけど、
ちょっとスゴイのを見て、
思わず戻ってみたり写真撮りに。
板子一枚下は車庫だよ。

Yukashita

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.16

続き(合理性)

昨夕の話の続き。笑。

んじゃ、具体的に、
あーゆー状態(ハーフ・コート・マッチ+カウンター)に、
なった時に、どうすりゃ良かったのかと言うと、
自分がボールを持った際、
前に突っ掛けるんじゃなくて(スペースがない)、
例えば、CBに戻して、大きく回させる、かな。
とすれば、向こうのトップがそこそこ釣れるから、
ある程度の位置までおびき出したところで、
縦つなぎ再開、って感じか。
まぁ、あの場でバックにそれを伝えきれるか、は、
また別問題として。ただ、あの場で着手はしないと…

もひとつ。あそこで突破しようなんて発想自体、
ものすごく日本人っぽい気が。
もっと遊べばいいのに。ポイントはそこだろうに。
だからリスク管理なのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.15

試合

があったので、午前中のチームM練(9時~12時)はパス、
てか、1日に2カ所はさすがにキツくなってきてる、
つうか、やってる最中はまだいいんだけど、
やった後、帰ってきてからとか次の日とかがなぁ…
ヒザが折れなくなったりカカト回りが痛んだり色々でうーん。
ついこないだまではハシゴなんて何ともなかったのになぁ…
いや何ともなかったはウソだけど。笑。
まぁ寒いし、ムリはしない方がいいかなと、
ぐだぐだエクスキューズばかりだと人間おしまいっす。苦笑。

てことで、新小岩方面での久しぶりの試合。
去年7月に行って、9月に行って、だから5カ月ぶりだ。
5カ月ぶりか。苦笑。

で、ブランクも何のその、いきなり第1ゲームで右のFW。
使う監督からすりゃまぁわからないでもないけれど、
どっちかといや守り(後ろのSBあたり)から始めて、
徐々に馴らしていきたかったような。泣。
わかりましたよ。ハナからフルスロットルで行けってことですね。

それがまた、
なぜかハーフ・コート・マッチみたいな展開になった上に、
相手が引きまくっちゃったので、
まぁハーフ・コート・マッチだったらそりゃそうか、
となると、フルスロットルで行っても、
専守防衛の壁はなかなか崩せず、
(それをラクに崩せるほどこっちもうまくはない)
さらに得点より“繋ぐ”というテーマが監督から出ていたので、
CFに凄くいい落としをしてもらって、
左足のシュートを1本打ったのだけど(右に外れた)、
チームでもシュートはそれ1本のみ。苦笑。
スコアレス・ドローで終了。

てなわけで、顔には出さなかったけど、
いきなり疲弊し切り、苦笑、第2ゲームはお休み(1-1)。
満を持しての第3ゲームは左SBで。
さて。
4、5回はインターセプトを決めるなど、
個人的にはけっこう機能してたと思うんだけど、
上がっていいと言われた直後に、
その言ったCBがあり得ない球の取られ方をしてしまい、
GKと1対1になってしまい(この時点でまだ戻れず)、
GKファイン・セーヴで止め、
それを飛び込んできた奴に押し込まれたのを、
もう1度ウルトラ・セーヴで止めたんだけど、
なぜかそこだけは素晴らしく集中してた、
3人目飛び込みにやられ失点、結果、1-2の負け。
こっちは精一杯急いで取って返して、
GKが2本目弾くところには間に合ったんだけど、
あまりにも素晴らしいファイン・プレーに、
競りに行きもせず足を止めて見ちゃってました。苦笑。

さすがに、ハーフコート・マッチの相手に、
よもや負けるなどとは思ってもなかったんで、
(決勝点も前がかりすぎのカウンターだったし)
かなり悔しかった。つか、あの程度の敵に負けてるんじゃ、
4部なんかでできるんだろうか…

とりあえず残券1に。2月中に消化できるか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.14

日程

戸越のシナ料理屋でネギそばを食った後、

会議、

の後、お車でホームグラウンドへ。
練習、出るつもりも少しはあったのだけど、
今日は5~7時というのを忘れて、
7時~9時のつもりで調達したため、
配達間に合わず(6時半すぎ着)、
んで、上はともかく下のカッコがなく、
結局ボール拾いに終始。
ただ結論から言うと、出ない方が良かったのかも。
おそらくヘマ多くて、
ケンちゃんに怒鳴られまくること必至かと。大笑。
その点やっぱり、
年は取ってるとはいえプロはボロうま。

の後、実家で焼肉。
別のお車で帰宅。10時半。

Beiren

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.13

一人損

総合運動場体育館にて、
いつもと若干メンツに違いのあるサル。
で、それはまいつも通りとして、
途中から組替えで若者3人の組に入る。
内心、しめしめこれはラクだろう、と、
思ったのだけれど、ウチ1人がケガのため、
ほとんど動くことができず、
となるといくら若者があと2人いるといっても、
おじさん(コーチ陣)のチームにすら敵わず、
いいようにやられてしまった。
サルの場合一人損というのはやはり大きいと、
当たり前のことを今さらのように感じた次第。
ちなみに若者2プラスのお前があと頑張れば、
いいようにやられることもないんじゃね?
という疑問も脳裏には当然浮かぶであろうが、
そこには触れてはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.12

ジュ・ゲーム

Jugemu_2

ま、「夜露死苦」とか「愛羅武勇」のノリですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.11

有為之奥山

タイトル意味ないっすー。

某日本一大学との練習試合を見に、
はるばる電車に乗って行った。

Chuo01
某日本一

Chuo02
今夜は豪州戦ですね(棒)

某日本一大学の最寄り駅に着くと、
屈強な人々に取り囲まれ、
某日本一大学は受験だからと、
入ろうとすると袋叩きにされんばかりの勢いだった。
うそ。守衛のおじさんが地図をくれて道を教えてくれた。

私は甘かった。
つくづく甘かったと思う。
そこからグラウンドまではすぐだと思ったのだけれど、
山あいを歩いてるうち遭難し、
2時間かかっても着かなかったのだ。
うそ。でも20分は歩いた。

到着したら、みんなが喜んで集まってくれた。

Chuo03

某受験中日本一大学との試合は面白かった。

Chuo04

面白かった、で済ますのは、やっぱりナンなので、
1.ピンクの人が大活躍で、みんな盛り上がった、というか、
爆笑した。何で爆笑? でもピンクの強面の人は、都合、
3、4点は防いだと思う。
2.ユーゴくんがシンガポール帰り重戦車FWのことを、
かわいたかやす兄にそっくりだと「ほら、ほらそっくりだろ」と、
おばやし社長♪に同意を求めながらずーっと一人バカウケしてた。
何でも、ヘディングで競ろうとしながら結局はヘディングすら、
しないところが一番クリソツとのこと。
3.エースが今年初登場した。
4.ユースのベンチ・コートがあまりにカッコよくて、
思わず欲しくなった、つうか、アレはユースのみなの?
5.キャプテンはさぼった。さぼったのに、
メールで「キャプテンがいねーぞ」となじったら、
「アレ、いましたよ?」と、いけしゃーしゃーしてた。

Chuo05

帰りはみんなで呉服屋の若旦那をいぢめながら、
帰ったら錦糸町まで連れてかれた。なんじゃそりゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.10

デビュー

3、4日前からのアレは、
どうやら真正の花粉ショーだったらしい。
まぁ風邪との合わせ技も、
あったのはあったんだろうけど、って、
↑どんな日本語だ?昨夜はメシも食わずに、
早々に寝てしまったため、どうやら風邪の方は、
去った感じがしているのだけれど、ゆえに、
今日は純粋に花粉ショーだけが残り、くしゃみと鼻水、
くしゃみと鼻水の繰り返しで、繰り返しだけで、
貴重な1日が過ぎていった。
ゲームやめられず5、6時間潰すけどよく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.09

生涯適当

Shogai

日常生活じゃほとんど使わない単語だから、
インパクト凄すぎ。
生涯だよ生涯…
俺、使ったことないよ生涯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.08

ユビュ暴風

いまだ調子はイマゴぐらいなのだけれど、
ただ家で静養してるってのもヤだったんで、
いつも某中で行われてるKチームの練習に、
久しぶりに行く(今調べたら4カ月ぶりぐらい)。

今日出かけた人にはわかるだろうけど北風ピープーが、
凄かった(でも風の冷たさがなければむしろ暖かいぐらい)。
しばらくぶりだったけれどつなげたし走れたし結構楽しかった。
エナメルん中や頭ン中がアルフレッドじゃりじゃりにはなったけど。

2時~5時。大体。代表に休部継続も言。全て関東に上がるため。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.07

荒廃

風邪を引いた模様。

なぜ風邪を引いたとわかったかというと、
物事がうまくいかなくてイライラするからである。
物事がうまくいかなくて、は、いつもで、
イライラするのもま、いつもなんだけど、笑、
イライラの程度がひどくなる。
そこまでイライラするかという感じ。
手元に世界破壊兵器のスイッチでもあったら、
明らかに世界終焉のすぐ手前なイライラ度。
とまぁそれはちょっとオーヴァーなんだけど、
とにかくイライラの程度が甚だしいよなぁと、
自分で思う時はたいてい体調も悪いことが多い。
ある意味分かりやすいとも言える。
あー何かノドがいがらっぽくて頭にくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.06

無声時代

のソヴィエト映画ポスター展、てのが、
京橋のフィルム・センターにて。
ま、いわゆるひとつの構成主義ってやつっすね。

Poster

デザイン的には確かに、
↑チラシの表にもなってる、
ジガ・ヴェルトフ監督「カメラを持った男」
by ステンベルク兄弟、
がステッキなんだけども、
赤とダークグリーンとか、黒と茶とかの、
想像以上にシックな配色も見どころちゃんちゃんちきっす。

正月ボケでハッとするのが遅くて、展示替えで、
ボリス・バルネット監督「帽子箱を持った少女」
by ステンベルク兄弟、
のおしゃれなのを見逃したのが、ちっとばかし残念也。

エイゼンシュテインから袋一平への書簡なんてのも、
あった。

小松崎茂デザインの轟天号を見て帰った。
(本多猪四郎監督「海底軍艦」)
スケジュールは→

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.05

アポロ

事務所の下町系人妻に貸し出された本を、
夕方より読み始めたのだけれど、
昔、家で弾いてた(いや、今もあるんだけど)、
apolloというネームの入った、
色はダークレッド?といいましょうか、
まさにちょうど↓こんな色、

Apollo

のアップライトが、
浜松の東洋ピアノ製造というメーカーの、
ピアノだってことを、その本から初めて知ったのだった。

山葉、河合に次ぐぐらいの、
(といっても規模はずっと小さい)会社だったらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.04

自主トレ

ちいっとカッコ良く書いてみた。
要は体動かし。久々に朝。1hほど。
家~公園小さく1周の間は、
ヒザがピリピリ痛むのだけれど、
リフ練をしばらくしてるとだんだん、
足回りがほぐれてくるのがわかる。なんて。
今日の最高26回だけど。初心者かよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.03

ヘヴン

といっても、美濃輪くんのアレじゃなくて、笑、
トーキング・ヘッズの昔の曲が、
なぜか1日頭ン中で鳴っていた。
理由は不明。

Heaven

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.02

フロント奥

Front

あれほど一世を風靡した“フロントホック”も、
今はもう、ほとんど見かけない…

と、ロンリーに(ロンリー?)始めてみたのだけど、
この場合の見どころは、やはり「奥」だろう。
フロントに多摩大目黒高監督・奥大介が座ってるのか、
それともフロント奥に店があるのかだったらフロントって何だよか、
それともとも山のあなたのフロント奥、幸い住むと人のいうなのか、
カール・ブッセとカール・ゴッチはどっちが神様なのか、
知る者は、誰もいない…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.01

新年会

いつもの浅草の連中と、
六区の交番の近く、苦笑、で新年会、今ごろかよ。

若い頃は吉原で誕生パーティやってた奴とか、
商売テキ屋の方が向いてんじゃねーの?な奴とか、
親父とケンカして浅草寺裏の一等地売っ払われちまった奴とか、
ま、ロクでもない集まりは集まりなんだけど、
さすがに食いや飲みの方はすっかり細くなって、笑。
最初こそ、焼き鳥は1人何本まで、とか、
ギャーギャー騒いでたものの、
どうせ食い切れなくて残るんだからさ。苦笑。
しかも9時過ぎにはお開きだ。
やだやだ。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »