« March 2009 | Main | May 2009 »

2009.04.30

いつもの

最近全然まともにボールを蹴っておらず、
特に週末に向けて不安感ばかりが募るので、
渡りに船の近隣サルへ。

思ってたよりは走れた。
トラップ等、足もまーまー。
でも、あくまでオヤジの中で、だからなぁ…。
1部でやってる&やってた連中の中に入ることを考えれば、
走り込んでもいない、こんな状態じゃなぁ…。
(だったら行っても、
不安解消にはあまり意味ないよーな。苦笑。
ちなみに来てるオヤジたちは、
自分より2,3段はうまい人たちばかりなんだけど)

それはそうと、たぶん参加者最年長だったんだけど、
控え室にいっぱい色んなデータの出る、
高級体重計があって、それにみんなで乗ったら、
体内脂肪年齢22才と、
それまでの最高24才を破って、一躍、時の人になった。

ただ、体内脂肪はやせ、なのに、
BMiがやや肥満、ってのはどうよ。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.29

今日の子ベイ

大井八潮運動公園。13~17時。

Yashio1

ヒラク君が豚じゃない方のインフルエンザでダウンしたらしく、
急遽追加召集。
あと視察の理事氏用に主将を当てる。これは成功。
ヒロアキ君の隣りに3人座る。

試合は限りなくスコアレス臭い膠着状態。
逆にカウンター一発に泣きそうな、嫌な予感もプンプン。
結果論的なオフサイドが何本かで、少しラッキー。
勝てないとすれば負け?当たり前か。
引き分けはない感じはしていた。

Yashio2

ナオと替わったクラの出来が良かったのと、
リューセイがケガで替わったのと、
成算があったとはあまり思えない2つの交替が共に当たって、
あのシュートが飛び出した。
1-0逃げ切り。
2位のラルゴが次の試合で分けたので、これで優勝も決定。

主事、主審、主将、裏広報…のスタッフ4人。
帰りのバスの中でドッと疲れが出る。

ヒロアキ君からは夜電話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.28

少女歌劇風

Mimosa

道を行く
ミモザ薫りし
君の待つ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.27

女子部No.2

ファミレス会議の結果、
ケガ気味の主将は居残らされ。
主事と裏広報が補佐、
八王子は非先発連のモチベ対策ということに。

で、エース関係者が今日は4人で参加、
うち1人は前回引き続き?で(もう覚えてない)、
うち1人は休みにすぐ心臓を押さえて蹲るポーズの、
厄介さんだった。一応は気にしてあげないといけないし。
プラス、主将の教え子6人。高1~大学!というんだけど、
全員中3ぐらいにしか見えずお子さまちっく。
でも足技は各人いっぱしで、特に幼く見える2人が気も強く、
バンバンゴールを割られた。ただ、
一般に、私が私が、をあんまりしないのがまさしく今の子。

Josy2

主事は早退。後はセッタイモードで、
終了後は主将車で、
川中インチキマンション付近まで送ってもらった。
ものの、コトこれに関してはちょっと先が見えなくなっている。

3時からの自分の試合(Mのリーグ戦)は、
時間的には間に合ってたのだけれど、悩んだ末さぼった。
その時間、仕事の方に配分。6時間プラス3時間ぐらい。
そりゃ、さくさく進んだけど、気持ちは若干曇り気味。
やってることは果たして合ってる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.26

主審様

ハッキリ言うと、最初のイエローが不要すぎ。
アレがいきなりのイエローだったから、
文句が長引いてまたいきなりの赤。
ホームの利など全く考えられてないのも、
いつもながら興行的にトホホすぎるし。

しかし、前半30分足らずで、
ゲームを壊してしまう主さまって何なの? 苦笑。
いや、まそれもそうだけど、
ロス・タイムで遠征チームに、
PKを振る舞ってしまう主さまって何なの? 苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.25

雨中の子ベイ

8時すぎに現地(大井第一)入りして、
U-15の子ベイたちの試合に帯同。
しかし、あの土砂降りの中よく試合をやったよ。
子ベイたちは4-0で今日も完勝。
田中鬼監督はいつも同様鬼だったけど。笑。

Ame01

Ame02

Ame03

Ame04

Ame05

Ame06

Ame07

Ame08

いつの間にか気がつかないうちに、
O監督も観戦。
戸越の事務所へは監督車で行けたので、
(途中デニーズでのメシ含)
あの天気では非常にありがたかった。
15時から事務所でスタッフ会議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.24

海のパラダイス

Seapara

サクセスなシナガワには、
ナイスなバラック・ビルがいっぱいある!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.23

酔って船

Bateau_ivre

ぼーっと。

海に沈みたいのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.22

遭難

遭難フリーター。

監督の意図から外に出ないドキュメンタリー。
特にラストなどあそこに何かがあるとは思えない。
ああいう風にまとめる必要はまったくなかったと思う。
逆にありきたりな「締め」になってしまってがっかりした。
安っぽい“意味”を掲げるTVドラマ程度なら構わないけど、
“作品”だったらもうちょっと計算してくれないと。ナイーヴすぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.21

J・G・バラード退出

数少ない好きな作家の1人…といっても、
著書は16、7冊ぐらいしか読んでないんだけど。苦笑。
「時間の墓標」が一番最初で、以後「結晶世界」→「時間都市」
→「永遠へのパスポート」→「狂風世界」→「沈んだ世界」→
…みたいな順番。でも、主人公たちの静謐な無力感や、
いわゆる破滅していく世界の奇妙な明るさに、
埠頭のガキなどもうたまらず転がされたのだった。
工作舎の「残虐行為展覧会」も長いことネタ本だったし。
78才。死因はキメラの癌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.20

反省

昨日あんな調子だったので、
午前中は公園でリフ練した。
といっても最高で42回。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.19

不調

ノドが痛くなりかけたり、頭が痛かったり、

…のクセして9時間近く寝て、
少し調子が戻りかけたので、
チームMの練習会に1カ月ぶりぐらいに出て、
15時半から陽のある間、立て続けに試合。
もちろん球蹴り的調子も、
今イチになりそうなのがわかってたので、
最初にむりやりFWをしたっきり、
後は後ろでごにょごにょ。
で、予想通り調子今イチ、苦笑。
んー。別に余裕カマしてるわけじゃないんだけれど、
判断が悪い、というか遅い。
ま、そもそもが不調なんだし。想定内。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.18

芝浦中央公園

は空中楼閣のような公園で、って言ったらちょっとオーバーだけど、
入り口から坂を上がって公園に入り、坂を下って公園を出る。
で、公園は実質3つあって、AとBはくっついてるんだけど、
ABとCはくっついてない、どころかつながってすらいない。
つまり坂を上ってABに入ると、そこからは直接Cに行けないので、
いったん坂を下りて公園を出て、橋を行ったり来たり2回渡って、
また別の坂の入口から別の空中楼閣に上がらねばならない、
ってことに気がつくまで30分もかかって遭難した。苦笑。

6人のうち2人は監督の教え子。うち1人などべらぼうにうまい。
本当の参加は4人。ただし14人いるらしいチームの4人だそう。
中には蹴れる人もいて、初心者というわけではない。
で、監督+たくま+2人対主将+4人に分かれて、
ゲームを始めてたのだけれど、到着後いきなり、
監督チームに入れられて参加させられる。遭難明けなのに。苦笑。
とはいっても、GK主将のゴールを破るのに燃える。笑。
とはいえ、GKをやった際は女子に結構ゴールを破られる。苦笑。

Chuopark

終了後は監督車で天王洲グラウンド横のファミレスに移動。
みんなで昼メシを食ってから、実家へ。印鑑輸送。
次いで駒沢へ大学リーグを見に行く予定にしていたのだけれど、
さすがに間に合わない時間になってしまったため断念。
中央のAチームがちょっと見たかったんだけど。
見た人の話ではあんまり面白い試合ではなかった?らしい。
0-3 早稲田。あと、夜はバカ試合。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.17

忘れ形見傘

今日は青い折り畳み傘を持って出かけて、
1度も差さないまま、どっかに置き忘れた。

と思いきや、鞄の中に新聞紙を突っ込んでて、
その新聞紙に青い折り畳み傘がはさまってた。

弁当箱の蓋を開けたら御飯の上の海苔がなかった。の次に、
棺桶の蓋を開けたら死体がなかったと来る話が頭をよぎった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.16

このV

V1

はなんなんでしょうかね…?

V2

「VIRGINITY」のVかな…

いやー、とあることがあって急にまざまざと思い出しちまったよ…
淡々とした、モノクロームにうたかたな曲想の、

「フラッシュバック」@世田谷の高橋さん、とか、
「ファーストクラス・ハネムーン」@中野の佐藤さん、とかとは、
似ていてやっぱり微妙に非なる、

実に湾岸っぽい曲。羽田の鈴木さんの。

すみませんねぇ。所詮、駄ぶろぐなんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.15

CL

再放送を流しっ放しにしてたのだけど、
途中から、というか、2点目から、
やっぱ仕事って感じじゃなくなり。笑。
ファビオ・アウレリオのアレも凄かったけど、
泣き虫アレックスのアレも大きかったんじゃね?
しかしああいう戦う意志の発露はいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.14

瀬名恵子

急に思い出したけど、まだYKが小さかった時、文字通り、
マニアだった。瀬名マニア。何が好きだったかと言うと、
ずばり、物語。あの、宙吊りにされて終わる物語。笑。
妙に整合性の取れた大人絵本が多い中、長さんと、
瀬名さんは「終わり?」と放り出される感が頭抜けてた。
旦那は大田区出身、小さん門下の6代目柳亭燕路。
もちろん彼女も東京の人だ。頭べらぼうにいいらしい。

Sena

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.13

東京第3勢力

町田さん、そう呼ばれるのがご不満なようで。苦笑。

でもま、個人的にはずっと言ってるんですが、
あえてそんな難クセ?つけられるまでもなく、
東京の人間が、町田のことを東京だ、なんて思ったことは、
これっぽっちもないんで、どうぞご安心を。笑。
つか、町田が東京だと思ってる人の方がおかしいんで、
まぁ、そう思ってるとすれば、すでにそのことこそが、
東京の人じゃない確固とした証明であるかと。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.12

重役的遅々成長

もっとシュート打て棒読。

天気が良かったので蹴り練でもしたかったけど、
何か半日以上仕事。意外と手間取ってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.11

エースの条件

Komazawa_093

後半21分。
交替の用紙を持ってきて、
スパイク底を運営に見せながら、
「あと何分?」
25分ぐらい、と答える。
そのままピッチへ。

後半26分。
謙太郎からだったか、
物凄くいいボールが入り、
右45度ぐらいの角度で、
うまく胸で落とし、シュート体勢へ。
運営の席、低い声で「来た!」
…が、何とこれを、
ゴールネット右に外してしまう…
運営、「(あれを外すなんて)
珍しい…」ぶつぶつ。

動き回ってた中盤、有悟・キム・惇壮、
それにまっちーあたりがガス欠、
30分を越えて正直スコアレス・ドローも頭に。
その瞬間、有悟からスルスルっとパス。
それを右サイドで受けて、
GKのタイミングを外して強いキック。
左隅ってほどのコースではなかったけど、
ボールはGKの逆を突いてネットを揺らした…

試合終了後、
いつものようにあっという間に消える。笑。
それが城南のエースだ。

P.S.
守備の殊勲はやっぱ、
危うくの同点ゴールを蹴り出した主将だろう。
今日も最後まで声出しが止まらなかった。
過程はともあれ、結果は2試合連続の零封。

Komazawa_092

駒沢のピッチは、佐川東京の最終試合以来か。
久々にnessunoさんに会えたのが嬉しい。
(その割にあまり一緒できなかったのが残念)
あと、たぶん気持ち悪くなるからと、
1食抜いて自分の球蹴りに行ったら、
案の定死んだ。苦笑。気持ち悪くはならなかったけど。
私的には、死ぬ>気持ち悪いなので、
ま、しょうがない。

Komazawa_091

社会人1部リーグ第3節(正確には第2節)
東京ベイFC 1-0 三菱商事サッカー同好会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.10

昼メシ

夜にいつもの近場サルがあるので、
いつになく昼メシをしっかり食っておこうと、
築地まで出て天丼を食った。
築地まで行っといて、
魚じゃなく天竹ってとこがポイント。何のポイントだ? 笑。
(正直、中栄とは迷った。でも市場は最近特に混んでて、
混んでんのは嫌いで、並んで番を待つとかできないんで)

サルは調子良かったのか悪かったのかよくわかんないけど、
3点ぐらい取れた。まーまー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.09

ぼん

Bon

もう、7回忌が終わっちゃったんだよなぁ…

早死が惜しまれる数少ない天才だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.08

そういえば

Nyugaku

昨日は入学式、てやつだった。Y。

まぁ入学前から、
すでに蹴球の部活に出てる莫迦なのだが。苦笑。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.04.07

炎の男聴き直し

企画は、ま、順調に進んでて、笑、
とっくにアニクラポ時代になってるんだけど、
そこらへんはもう連夜連夜のカラクタ・ショーで、
どの曲も甲乙付け難いファンキー度。
それでも特にフェイヴァリット級を選ぶってことなら、
1つは’77年の「J.J.D」っすかね。
いやー、コンガの連打が止まって、
ググッと低音ベースが入ってくる冒頭部、
冒頭っても、もう3分手前だけど、笑、
それと、ブラスの畳みかけが最初に来る部分は、
何回聴いてもゾワッと鳥肌立ちですね。カッコよすぎ。
つこって。

Jjd_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.06

ハナミ

はしたようなしてないような。

ハナミの写真は撮った。

Hanami1

Hanami2

Hanami3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.05

完勝

いやー、公式にはあんまり使うことができない言葉なんだけど、
正直、「完勝」だったね。

DIEGOはこの前の試合(東京カップ)で、
GKが退場になってたんで、それも大きかったんだけど、
前半のCKですかさずそこを突いたケンちゃんは凄い。
さすが帝京レギュラー、笑。
つうか、「昨日の試合(UNITED)のヒーローは、
守備ですよ~」と、人の顔見る度ヨイショしてくれるのも、
ケンちゃんうまい。笑。

それと今日は日高か。
試合後、あんな顔初めて見る、ってぐらい、笑、
嬉しそうな顔をしてた。
まぁとにかくああいう風にしろ、
という指示は出てたんだけど@監督談、
それを忠実に繰り返し遂行できるか、という能力もあるわけで。

後半頭からのキレキレまっちー+エースの、
2トップもエロかったー。
エースは「俺も取る」って顔してたし。
「ふざけんなよ」ってな顔というか。笑。
これまでエース+カブとか、エース+大先生とか、
楽しませてくれてるんだけど、
まっちー+うっちーも悪くないんだよな。
しかし町田のあのループは、
エースをいたく刺激したと思う。笑。

主将だけでなく、有悟、謙太郎あたりの声もよく聞こえた。
洵也はやっぱクレバー。

Diego4

この上、左の望月の選手登録が完了したとのこと。
次節来るかも。
まぁ贅沢な心配事もないわけじゃないんだけど。

代表、UNITED主将と監督車で帰。

社会人1部リーグ第2節(正確にはこれが第1節)
東京ベイFC 3-0 青梅FC・DIEGO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.04

本日のユナイテッドな練習試合

いやいやいや…30分×3セットの、
3セット目の終盤は冗談じゃなくマジで足攣りかけた。
そっか、足が攣るって、
TVとかで見てて何で足が攣るんだよって思ってたけど、
ああいう風に攣るんだな。笑。
あと、股関節が変に痛い。
どっちも初めての感覚だ。苦笑。

つことでバックな方々、すんませんでした。
特にCBの2人はフォローさんきゅーでした。
いやー難しかったよ。
つか、俺の対面が、
年の差30以上ってのはやっぱないと思うけどさ。笑。

うーん…慣れるしかないんだけど、
ボールの飛んでき方とかハネ方とかが、
そりゃ当たり前だけど親父蹴球とは微妙に違って、
トラップが思うように置けないし、キックが蹴れないし…
離すタイミングももっと早くなきゃダメだな。
落ち着いてやってうまくできるところもあるんだけどー。
うーん…

いやそりゃ別に張り合っていこうなんて考えてもないけど、
もうちょっと何とかできないもんかとも思い。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.03

てん

Ten

お察しのいい方はすでにおわかりだと思うのだけれど、
そう、「き一万円」の“生(き)”について、
ををっと思ったのではなくて、
「方は」と「一万」の間の、読点の“生”真面目さに、
ををっと思ったのだった。写真撮るのジロ見されたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.02

69

最近、気持ちが引きこもりなので、
(体は引きこもってないんだけど。苦笑)
携帯音楽プレーヤーで、
フェラ・クティのアルバム1枚ずつ聴き直し、
みたいなことをやってみたりしている。
で、時代的に進んだり戻ったりして、
とりあえず改めて好きなんだなと判明したのは、
まだ荒削りな「ザ・’69 L.A.セッションズ」。
特に、「Obe」「Ako」「Witchcraft」の並びは、
グーッドー@森田調。
でもそこ聴いてる最中に仕事場に着いたりすると、
しばらくまったく仕事にならなかったり。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.01

奇想の系譜

言わずと知れた辻惟雄先生の大名著で、
個人的にもケツ青き頃に人生踏み外すきっかけとなった、
「パリのダダ」(ミシェル・サヌイエ)以来の衝撃だった1冊だけど、
初版から40年経った今でも毛ほども色褪せてないのが凄すぎ。

まぁどこが凄いか、てのもいろいろあって、
視点の革新性や図版の多さはよく言われるところだけど、
自分的には、何より文章が凄いんだよな。
平易に書かれてるだけに、説得力の圧倒的なこと。
若冲をアンリ・ルソーに繋げる持ってき方なんて、
今読んでても鳥肌立つけどね。

まぁ「パリのダダ」にこれに「パラレルヴィジョン」の3つがあれば、
十分、一生棒に振れるかと。笑。

Kiso_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »