« April 2009 | Main | June 2009 »

2009.05.31

連敗

雨を衝いてチームHリーグ第2戦。
先週同様8時半集合、これがツラい。笑。
特に今週はカミさんも自分の試合(町田)で車を取られ、
電車で近くまで行って歩きで川を渡ったんで、
余計ツラかった。苦笑。
(ちなみに川下のチームKは雨をつけず、試合が流れた)

と、気合いはバッチリ、笑、だったものの、
0-1 敗戦。

まぁベンチは“何で負けた?”ってな雰囲気だったけど、
私見を述べさせてもらえれば、ムリもない負け。理由も簡単で、
だって走れてないんだよ。

ここで誤解して欲しくないのは、
「走れなきゃ話になんねーから、じゃ走れよ」
ってことが言いたいわけじゃないんだよね。
オヤジが走れないのはま当たり前で、
走れないなら走れないで、
あくまでそれを前提に作戦を立てないと、ってことか。
それがフットボールってもんだろうからさ。

走れないのにつなぐのを目指せば、それは確実に破綻するだろう。
その意味で、オフサイド自己判定プレー止めでの失点1のみ、は、
十分健闘したと言えなくもないんだけど、
つなぐという「正しさ」の前に現実を見ないのはどうかな。
もちろんそれは、“勝つ”を前提にした話だけど。
(片や、勝っても負けてもつないでいこう、
つなぐフットボールをしよう、という前提もありだ)

勝ちたいのなら、守備を固めて、
長いボールを入れて(といってもDFが長いボールはムリだから、
そこはすぐMFにつないで、MFがトップのスペースに入れる)、
トップの1人か2人に追わせてMFがカヴァーに入る、
それだけで段違いによくなると思う。

要は作戦が中途半端になっているんじゃないか。
できることとできないことを、ちゃんと分けて考えないと。
(できないことをする必要はまったくない)

今日も人数が多かったので、後半からFW出場。
ガンガン引いてボールを受けたり、守りに行ったりしてたら、
途中からボランチに下げられた。苦笑。
ただ、個人的にも1度チャンスはあったんだよねー。
(GKが前にこぼした時に詰めてた)
いつもチャンスはあるのが面白い。
それを信じるか信じないか、そして、
そのわずかに来る1回を決められるか決められないかだけど。

帰りのまた橋を渡るのと、
最寄り駅から歩くのがツラかった。笑。
2時にはもう帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.30

アロイーズ

仕事の合間にたまたま外苑西通りを通ったので、
ワタリウムに寄ってアロイーズ・コルバスを。
ま、自分の中では名前の通った画家だけど。

アロイーズはアウトサイダーというより、
むしろ“覚醒”の人に思える。
所謂ヴォワイヤン、ってやつだな(女性だからヴォワイエンヌ?)。

ジャン・デュビュッフェとジョン・ゾーンのコメントを、
並べるってのはどうなんだ?

14分のドキュメンタリーは斜めな感じで面白かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.29

夢の0系

朝寝した
顔でお出まし
新幹線

間の抜けた句、はもとより、
“新幹線”って言葉、
よく流通したよと思う。
夢の“新幹線”…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.28

ムリヤリ

打ち合わせを午後からにしてもらい、
午前のわずかばかりに余った時間を再編成して、
急いでCLの決勝など。笑。

U18時からのシモン・サブローサ好きとしては、
ロナウドのイメージはやっぱり“硬”なんで、
軟体が勝つのは見えてたような。
…にしてもエトーの先制点は、
「GK目がけて打つんだよ」のO監督教えの、
まるでお手本みたいなシュートだったな。笑。

午後からはちょっと意外な展開。
6月だろうと思って押さえてた情報を、
自分からばらしやんの。苦笑。

3時のおやつに、
おねえちゃんとカレーを食べて(食べたのは俺だけだけど)、
帰りもおねえちゃんと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.27

ジエゴ

あんだよやっぱ白黒行くのかよー。

まぁそもそも白黒出だから、
元に戻った、てことではあるけどさー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.26

昨日小春日和の川べりで

諸々の霧を一気に晴らしにかかる話をした。
相手がそんなにキーマンだったとは、
わかってなかったような、
わかってたような。

夏にはキレイサッパリ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.25

日曜続き

午後からは、
スカは好きなのにそういや単体で、
見に行ったことはなかったよな…の、
スカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)を見に、
味の素スタジアムへ行った…ら、

Skapara

どっかで見たことあるジャージだな…の、
御一行様が、たまたま座った席の回りをうろちょろ。
振り返って15列ほど上を見たら、
東京ベイU15御一行様だった…苦笑。

鬼コーチ(=湾岸エース)と話しに行ったら、
全員分券を買ってきたとのこと。
鬼コーチはツンデレだ。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.24

F市の

リーグも開幕。
チームHの初戦が多摩川べりにて。

早朝の移動中に雨が強くなり、
到着時は試合を危ぶむ声もあったものの、
(実際、近隣の試合は早々に中止になっていた)
グラウンドの状態は全く問題なく(サッカーどころF市の、
このグラウンドはいつ来ても本当に素晴らしい)
“これならむしろ蹴球日和じゃね?”と思ってたら、
案の定、やることに決定。笑。
予定通り9時半から試合が始まった。

Honshuku11

相手は昨季最終節で2-0会心のゲームで下したところ。
…ということで、向こうは期するところが大だったのだと思う。
DFにこそ難があるものの、
元々攻撃はスピードがあって強烈なチームだし。
一方こちらだって、ほぼ全員の17人参加で、
ボランチにゲーム・リーダー的な人材の補強まで敢行、
前後半ターン・オーバーして、笑、がっぷり4つに組み合える…
ハズだった。いや、前半は1-2でリードを許しはしたものの、
確かにがっぷり4つの、悪くない試合だった。前半は…

後半、総監督に欲が出てしまい、
逆転するつもりで前半の攻撃陣を予定外に多めに残した。
でありながら、全員出場の荒事に挑んだため、
DFがようやくなじんできた時間に、
両SBを替えていくような悪手を続けてしまい、
さらには前半のDFまで投入…となると後ろが大混乱。
決定的なカウンターを食らって息の根を止められた上に、
最後はパワープレイもあって全員が戻らず、
自分を含む走れる2、3枚だけで守備全域をカヴァーするという、
(それでいてシュートも打ってたり、苦笑)
アナーキーな世界になってしまった。
決め事が何もないとこうなるという草蹴球の典型。

個人的には、人数の多さが裏目に出たというか、
もし全員出場が目的であれば、
勝敗にはある程度目をつぶって機械的に分割する、
つまりDF4枚は動かさず、
前半6名、後半6名を適度に、か、
もしくはどっちかを勝負セットにして、
6(前半)+4(前後半)+6(後半)+1(GK)にする、
しか方法はなかったと思う。
まぁ、あくまで勝負に徹するなら手は全然別だけど…
難しいよね。どうせ暑くなると人も減ってくるんだし。

続く…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.23

4部開幕戦

しかし、なんで東京都のリーグだってーのに、
こんな○○の果てまで来なきゃいけねーんだよ?
…と、渋谷で待ち合わせした御一行様約4名
(引率主将、湾岸スピードスター、DFキング、裏広報)が、
ぼやき合うことン百回。
まぁ主にボヤいてんのは裏広報なんだけど。苦笑。
それでもバカ話をしているうちに、
意外に早く最寄り駅には到着。

United11

でもこっからまだタクでン時間、嘘、かかるらしい。
げんなり。
ただ現地には、チャリで来たメンバーもいたんで、
あんまり遠い遠い言うのはよそう。笑。

United12_2

さて、肝心のユナイテッド2009開幕戦の方は、
あのクソ暑い中で(突然そんな天気になった)、
スピードスター大炸裂!
実のところ1点目が入った時点で、このメンツだからもう、
負けはないかな…というような雰囲気だったのだけれど、
唯一、調子の上がらなかった右サイドに、
マツを入れる豪華陣容でさらに安定感を増した後半、
事件は起こったのだった。
起こったのだった…なんて自分は、
終了5分ぐらい前での時間稼ぎ交替、笑、に備えて、
そろそろアップでもするべーかとたらたら現場を離れてて、
直接見てなかったんすけど、苦笑。

United13

彼我の10番どうしが、
ヘディングの競り合いで(だと思う)激突。
伊藤ちゃんは外に出されてから、
裏広報に少し気持ち悪さを訴えるし、
相手選手は眉間が割れて大流血。
共に救急車で病院に運ばれることとなった。
(相手は人数がギリで人手が割けず、
即座に、引率主将が救急車に乗ってくれた。
いてくれてよかったと心から思う)

当然、ベンチには、
わざわざ見に来てくれた物好きなトップ選手以外、
もう誰もいないので、いきなり伊藤→裏広報。
残り5分どころか25分はあるし…汗、
しかもポジションは、一番問題が起こりにくそうな、
FWで…猛汗、ということで、
バタバタの4部リーグ初出場となった。

とはいえま、大方の想像通り、
ほとんど何もしてないんすけど、苦笑。
ボーッとトップに立ってて改めて思ったのは、
ウチの人たちみんなうまいなー…と。笑。
特に、迷惑かけないようパスをと思ってたのに、
思わず打ちにいっちゃったシュートがあったんだけど、
小山から来たロングパスなど絶妙で、
ついボレーせざるを得なかったという…
松ちゃんの何本かのクロスも精度高かったし。
(最後のコマッティのボレー、あれ、
むしろあそこにいなきゃいけないのは、
FWだったかも、っすー…苦笑)

まぁ今節で大ちゃんとの間合いもわかったから、
次は点を決められるね。←アピール@儚い。
(つか、もう2度と出番はないでしょう、苦笑)

帰りは、主将を迎えに行く小山車が一杯そうだったので、
鈴木、石井、ヤタガイの変則取り合わせで、
日高車に乗せてもらった。もちろん前座席で。
プレーは三流、ワガママは一流、てこって。

United14

社会人4部リーグ開幕戦
東京ベイUNITED 3-0 ころまるフットボールクラブ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.22

ポンチャック

今週の「ほぼ1」(TokyoMX)に、
ゲストで根本敬が呼ばれてて、
ピエール(瀧)のいつもはゆるい番組が、
釜が崎だの奥崎謙三だの、
ムチャクチャな異空間になってて笑った。
予想通りだったけど、笑。

で、後半はポンチャック特集、笑。
李博士(イ・パクサ)の名前を聞くなんて何十年ぶりだよ?
バカ・カセットひと山いくらで買わされたよ…だったんだけど、
まぁかけられる映像が限られてるもんで、
彼がしょうがなく3枚ぐらい流したDVDの最後、
エロス・ポンチャックのあまりのエロスに号泣した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.21

とんかつ屋

ここんとこ、流行りのようなので記念して。
というか、とんかつ屋なんて、
自分ではかなりメッタに行かないのだけれど、
誘われたので行った。誘われると行く。
日替わり定にした。チーズ入りチキンカツ。
ごはんやおつけまではちょっとムリとしても、
せめてキャベツぐらいはと思ってたのだけれど、
おかわりまで行けず。行けなかったけど味は満足。
人気店ですごい混んでた。そういえばこないだ、
天丼も食べに行った。人気店ですごい混んでた。
誘われて行くのは人気店が多い。
でも混んでるのはランチだからかもしれない。
とんかつ人気店は2時半までランチで助かった。
ふつう2時だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.20

寝不足

ここんとこ、それ気味のため、
昼メシを食った後、3時ぐらいまでの間に、
必ず人事不省になってる。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.19

シビア解明

「謎だ…」みたいなことを書いときながら、
かえって行くチャンスのない地元の店らしく、
4年半近く放っとかれたシビアだったのだけれど、
この度、ついに足を踏み入れる運びとなり、
それによって年来の謎の方も
(雨のその日も10時過ぎというのに4人も客が入っていた)、
晴れて解き明かされたことを、ここにお報せしておく。

…誰もが「なるほど」と肯けるような理由だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.18

負けに不思議の負けなし

今日のKeiテーマは2ヶ。

失点は2までに押さえること。
と、カードはもらわないこと。

Nichido3

そりゃ、あんだけボールを動かされて、
サイドから何度も何度も締め上げられたら、
虎の子1点で勝てるなんて、
これっぱかりも思っちゃいなかったけど、
結果的には、失点は想定内の2。
…となると、
悔しさが2倍増しなんだよなぁ…
断じて引き分けでしのぐべきだった。
先手を取った上でプラン外の突発事が起きたら、
「大人の」チームなら汚くもそこに持ち込むだろう。
ま、今は目標だけどね。

さすがに自分たちより上位のエリートさんたちには、
ウチの持てる力を最大限集めてどうか、ってもんだから、
キャップはいない、まっちーはともかくも社長が不在、
ゲームが始まれば30分でいきなりギックリ中央を失い、
(「ゲーム前からそんな予感がしてたんだよなぁ…」という、
10番、佐川東京時代からの持ちネタだったらしい)、
もっちー審判講習会でホントに終盤のみ…なんて感じだと、
やっぱツライなんてレヴェルの話じゃなく。

まぁ、両SBの「経験不足」
(特に後半は、敵の侵入に詰めていくことができず、
チェーン云々以前の状態になってしまっていた、
あんだけ次々に打ち込まれたらいくら頑強な中でもキツイ。
帰りの話し合いでは、SB1枚は、
洵也を動かさない方がよかったかもという論も)、
あるいは、10番の代わりにエースを中盤に下げた手は、
果たしてどうだったのか?
それに、いつも頭ではほとんど負けない川上が、
何回か競り負けてたこと…神輿の後遺症か?
俺も肩上がらないし…ってホントかよ、苦笑…
等々、負けた原因は何とでも言うことができるし、
実際、それぞれが少なからず当たってもいるのだろう。

別になめてたからこうなったってワケじゃないけど、
要するに不思議の負けなし、ってことだな。
要因が重なり合っちゃしょうがない、としか言いようがない。
ただ全力で負けたわけじゃないんで、悔いは残るし、
逆に心底やられた、って感じもしない。
日動戦は去年も有悟、ケンちゃんがいなくて、
洋明も川上も0-2からの出番だった。
何か巡り合わせ悪し。

Nichido5

それでも、あのウッチーの矯め(=ガマン)→
神出鬼没なエースの恐るべき決定力から生まれた、
あっという間の先制点には、鳥肌が立ったんだけどなー。
(エース珍しくハーフ・タイムに自分から声をかけてきたし)

ということで、これで1歩後退。
今まで以上にどこにも星を落とせないことは変わらず、
シビアな戦いが続く。
とはいえ、ポジティブに考えれば、
格上に負けただけで、取りこぼしをしたわけじゃない。
まだまだこれから、って感じじゃない?

カードは牧がもらいかねなかったけど(成長成長)、
最後に川上がもらってしまった。
それだけは残念。

社会人1部リーグ第5節(正確には第6節)
東京ベイFC 1-2 東京日動海上火災保険株式会社サッカー部長げーよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.17

2009年的祭

まぁいろいろあって、苦笑、
昼近くに参上。
観音堂裏から6丁目の方へ抜けようと、
新川屋の通りをぽこぽこ歩いてたら、
左の路地から、ぬっと湾岸のCBが出てきて、
「馬二(今年の二之宮は8時50分通過)いました?
何やってんすか。僕は昨日の夜宮も担いだし、
(奴はおばあちゃん家に泊まった模様)
今朝はちゃんと起きれてハナも取れたんで、
今年はもう満足っす」 だそう。笑。
ゆーたとはとりあえずバカ話だけして、
田町の友だちんところへ。
すでに総員集結、皆さんできあがってて、
囲まれてすぐ飲み。苦笑。

二之宮は2時半すぎ、
恒例1時間近く遅れてやってきた田聖のところで、
半纏借りて担いだ。
担いだ、つうか、同好会用の右のハナに、
人が足りないってんで、1本締めの後ぶち込まれ、
そのまま20分ぐらい出られなくなった。苦笑。
もうそれで今年は十分でございます。

2009sanja
「酔」の半纏は同好会の人

2009sanja2
「ウマ(手前)とおりまーす」

曇り空、ちょっと肌寒いぐらいの、
祭日和だったんだけど、
びうびう風が強くて、
ガンガン飲まされてから出かけたんで、
偏頭痛になってしまって困った。

ちなみに浅草寺は↓こんな感じで改装中。

2009sanja3

宮出しも宮入れも不思議な感じだったとのこと。
んじゃ次は品川で。

2009sanja4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.16

今にも降りそうな

空の下。2時間ほど時間が取れたので、
チームMの練習会へ行って来た。
というか最近むしろ皆勤してない? 笑。

ピッチを半分にしてプレスの掛け合いみたいなミニ・ゲーム。
いつものように最初のうちはひどかったけど、
尻上がりに徐々に復調。

狭いと気圧されてダイレ等不正確なパスを出しがちになるし、
かといって焦らないとボールを持ちすぎになってリズムを壊すし。
結構いいトレーニング。

肌寒かったものの、雨降りに合わなくて良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.15

バースト前

のバカ騒ぎ、といった感じで、
ひとたびこういう状態になると、
因果な性格からなのか、
もう楽しくて楽しくて。
毎日浮かれて仕事中。苦笑。

もっともリアルには、
今日、昔主力のキャバまじめ嬢が訪ねてきて、
夏からのシステム改変とかいう話は、
こっちじゃ当然フカシと睨んでいたのだけれど、
それに関しては出まかせじゃなかったことが判明した。
(彼女はその仕事のために雇われたらしい)

その昔、向こうがとある事務所を辞める直前になって、
偶然情報交換をするようになったキャバまじめ嬢だけど、
労せずして直接のソースになってくれたわけで、
これはどんな中間業者より偉大。
実はいい風が吹く前兆かも。

まぁそれ以外に打てる手も打ってはあるけれど、
それにしても五里霧中になってくると、
ヘラヘラしてしまうのは病気。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.14

俺、中1だけどさ、

Hajime

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.13

発見

意外と、と、
胃が痛いとは似てる。

なので、
「意外と胃が痛い」と言ったら、
“い”と“が”と“た”の3文字しか使ってない。
「意外と胃が痛い」は全9音だから30%。
3分の1で全部賄ってるわけで、
喩えて言うなら朝食だけ食べて、
昼と夜抜きでもOKという、
ダイエット中の頑張り屋みたいなところがある、
そんな発見なのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.12

別宅

しばらくほったらかしにしておいたのだけれど、
ふと行く気になって、小雨の中、自転車で向かう。
別宅といっても、まぁ古いマンションの1室なんだけど、
何も物を置いていないDKに、
仕事の道具を並べてある6畳の、いちおう二間。
虫でも湧いてるかと思ったけど、
中へ入ってみると、少なくとも奥の6畳は、
快適に過ごせそうな感じだった。
レインコートを玄関に脱ぎ散らかしたまま、
奥の部屋のソファーに座って、少しの間ぼーっと…

する夢を見た。
何かから逃げたいと思ってるのかもしれない、苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.11

TOKYO MXの

ピック・アップ第1作が、
自国民だけでなく第3世界まで食いものの「Wal-Mart」で、
同2作目がうんこマックに大爆笑の「THE YESMEN」
同3作目が、金さえ儲かりゃ自殺者が増えようと知ったことかの、
カード業界マニュアル「MaxedOut」、と、
傑作ドキュメンタリーを次々丸流ししてくれる、
「松嶋×町山未公開映画を観るTV」は今後も見逃せないよー。
やべっちなんかもう見なくてもいいからさ、笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.10

胸のすく勝利ととめどもない痛みと

いやー、見学の上司だかベンチの先輩だか知らないけど、
偉そうにすぐ「根性根性ー!」とか怒鳴り散らす、
脳みそ筋肉な上意下達チームにだけは、
負けたくなかったもんなー。

今年も判定は微妙だったし、
それでも「(審判に文句を)言うな言うな」言ってただけで、
運営のキャリア組?から「運営は喋るな」と苦情されるし、
(俺は運営じゃないっての。今日の運営は熊。苦笑)
相変わらずイラつくこと多しではあったんだけど。

あのヘディングのループがサイドネットに吸い込まれていく瞬間。
そしてロス・タイムの、
倒れたままの相手GKが悔しそうに見送ったループが、
きれいな弧を描いて落ちていった瞬間。
報われたなー。ざまーみやがれ、って感じか。笑。

もっとも敵の決定機は数知れず。
前半11分のシーンや23分の川上ミス。
後半も59分のポストに当たって事無きを得たシュートや、
66分のGKと1対1になられたシーン(右に外してくれた)等、
正直どれか1本でも入ってしまってたら結果はわからなかった。

もちろん4連勝はめちゃくちゃデカい。
でも幸運の裏では不運の対価も払わなきゃいけないわけで、
代償はあまりに大きかったと言わざるを得ない…。
前季のコバシンじゃないけど、少なくとも2試合はアウト。
それもヤマの2試合をだ。先が見えなくなった…

とりあえず初出場大車輪のもっちーサンキュー。
あと後半78分のヘディング。うっちー今度は決めてくれよ!

Police5

社会人1部リーグ第4節(正確には第5節)
東京ベイFC 2-0 金・金・金組織の悲しい下っ端パシリ部

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.09

よく考えてみると

出られないと思ってたチームM練習会に、
出られることが判明したので9時半にママチャリで出発。

2時間ほど球を蹴って、
せっかく出た割には出来が悪かったり、
GKさせられたり割に散々だったんだけど、
そこからまたサイクリング。

いつも寄る公園でピクニックをしたり、
女子高生3人にダラダラしたものを見せたり、
昼飯を食う人の食堂の開店待ちに付き合ったり、
結局6時すぎまでママチャリに乗ってた。
最後はちょっと肌寒かった。

しかし市部はどんどん面白い景色がなくなってる。
カメラ持ってったのに撮れなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.08

間があいたり文字が欠けたりしてるから、
ちょっとずつ不思議。

Baba

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.07

私はなぜ逮捕され

Josefk_3

たまたま文庫を手にして読む。

拘置所の細かな記録の積み重ねが、
時としてだらだら感を醸し出す点も含めて
どうしても「審判」を彷彿させるリアル・ドキュメント。

で、房の中では何と何を持つのが許されてるだの、
獄中での食事はどんなだの、
そういう記録がもちろん大きなポイントなんだけど、
その一方で、保釈~控訴断念の終盤部分
(300ページの中の最後40ページぐらい)がまた、
ヤマと言ってもいい読みどころなんじゃないかと。
怖いぜー日本のマスゴミ込みの司法システム。
ヘタに日曜勝ったら、他人事じゃなくハメられるかも。苦笑。

ところで。
個人的にどうしてマンチェスターUって嫌いなんだろうか?
確かにベストとブライアン・ロブソンがいた、ってことでは、
まあね、なんだけど…
田舎だからか? ブラジウ人少ないから?
それともAIGがやっぱうんこ? 苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.05.06

1、2、

3は歩いただけだけど、
4、5と、体を酷使し過ぎたので、
休みにして仕事した。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.05

G.Wといえば

おなじみの、チームMのカップ戦へ。朝6時半起。苦笑。

実はねー。一昨々日のユナイテッドの試合で、
左足の裏の皮がずるムケになっちゃってて、実は昨日も、
けっこー痛かったんだよ。なら、やんなよ、ってことなんだけど、
やっちゃうんだな、これが。患部を大きい絆創膏で覆って、
その上からガチガチにテーピングしたら、ほーら不思議、
ちっとも痛くない。痛くない痛くない全然行ける笑。

さて。8時には会場へ行ってグラウンド作りをし、
恒例A、Bチーム分け…だったものの、
今回はチームMの重鎮(お年寄り)がBに集結したため、
自分の配属されたAチームは、
意外といいメンバーで大会に臨めることが判明した。

9時から第1試合。
意外といいチーム、しかも中盤に人が集まってしまったので、
スタメンならず、笑。
意外といいチームなのに寝起きの立ち上がりをしてしまい、
アトランタのブラジル戦のような、DFとGKの連繋ミスで、
前半のうちに1点失ってしまった。
左MFで後半から出場。トップにデカイのを2人並べて、
そこに当てながらガンガン攻めたてる。
実際、バー当てなどの惜しいシュートも多かったんだけど、
1点が遠く、非常に悔しい敗戦…

12時半から第2試合。
今度は左SBでスタメン・フル出場。
例年優勝候補のK1が相手で、1戦目を落としてしまっただけに、
負けられない、どっかの国のような戦いだった。
ただねー。自分と相対した敵右MFが相手のキーパーソンで、
何回かボランチと共同で侵入は食い止めたんだけど、
1回だけ、クロスを通されたのが、
CBの対処できない所に転がって、
左MFに巧いシュートを決められてしまった。
以降は何とか凌ぎ切り、追いつくチャンスもあったのだけど、
無念の敗戦。意外といいチームの落とし穴か。
フットボールって面白いよなぁ…

その(Aチーム)第2試合から降り出した雨が、
だんだん強くなり、いつもなら5、6位決定戦
(Bチームも2敗して回ってきた)のダービーで盛り上がるところ、
先に決勝を行うことになり、K1がPK戦で辛くも優勝。
すでにピッチに水が浮き出してたものの、
やりたいとリクエストされた3決まで何とか行っただけで、
大会自体も不本意な悪天終了になってしまった。
まぁ、天候のことだからしょうがないけど、
実施できただけ幸いだったということで。

でも、結果は5位。
いや、そりゃBチームとの直接対決はできなかったし、
だとすれば、予選リーグでの勝点0、しかも得点も0は、
AもBも変わらないし、5位も6位もないんだけど、

でも5位。笑。

失点が4とか5とかの最下位チームの人は、
気軽に話しかけないでくれたまへ。

Komaecup09gw

足…明日歩けるかしら…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.04

Fリーガー・クリニック

正月に誰かの病気で急遽行けなかった、
初代Fリーグ得点王のクリニック(2回目)出席のため、
チャリで某区立小学校体育館へ。

Reo

クリニック後の馬鹿リーガにも、
途中まで残って参戦してくれたのだけど、
やっぱべらぼにうまかったっす。金髪のライオン君

馬鹿リーガはデラ・ダービー(デラばっか暇人多し)で締め。
デブチームとヤセチームとに分かれ、
でもここに両チームのメンバーを連ねても、
「分別の基準は何?」と聞かれるに決まってるけれど、
白熱のタコ殴り合いの末、別に同点でもないのにPK戦へ。
…だったけど、えーって言うようなゴールデンPKオチで、
馬鹿ダービーらしい幕。俺もPK蹴りたかったんすけど。苦笑。

考えてみりゃ昼メシ食ってなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.03

U14

国際大会の試合を2つほど見てから、

U14tokyo
(↑のFC東京むさし-スメナ(モスクワ)と、
その後のヴェルディ-NSW選抜(オーストラリア)。両方とも都の中学生が圧勝)


駅前に出て遅くまでnessunoさんと閑談。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.02

v.s.東京ベイフットボールクラブ

大井町の改札を通過しバスへ急ごうとすると、
けいと&もっちコンビとバッタリ。
駅で主将と待ち合わせだそう。
なら、ということで同行することにしたものの、
肝心の主将、待てども待てども来やしない。
業を煮やしたもっちが電話をしたら、
「早めに着いたんでもうグラウンドに来た」。
わがままパワー爆発、苦笑。
しょうがないんで3人でタクって大井第一へ。

今日はユナイテッドの練習試合3戦目。
相手はトップチームだ。笑。
まぁレギュラーのメンツはあまり来ない、と、
前もって聞いてはいたのだけれど、
それでも主将とゆーた、牛さん、学ちゃん、復活アベちゃん、
荒畑、日高、それに熊谷、湯本といった新入メンバーの、
豪華ラインナップ(そこにユースが入った)。
対するユナイテッドは、もっちがケガから復帰。
中盤を健生とコマッティ、ケイトで作って、
1トップの大ちゃんへ。
そこに伊藤、小山あたりが絡む、といった、
仁義なき闘いだった、笑。
(ちなみにマツは来るつもりで家を出たものの、
東名の渋滞で即めげたらしい。苦笑)

Baybay4

30分3本、ということで始まり、1本目。
最初はけっこう均衡してたのだけれど、
学ちゃんのFKが決まって緊縛が途切れ、
最後主将にも決められて0-2。

続く2本目。
いよいよユナイテッドの誇る最年長SBコンビの出番。
もちろんトップにすればそこが穴なんだけど。苦笑。
この2本目も最初の15分はこっちも攻め込むなど、
けっこういい勝負。…だったんだけど、
結局は主将と学にズタズタにされる。いや、やっぱうまいわ。
特に4点目の日高の点?だったか、
ヴァイタルで主将にボールを持たれると、
例えば左にユースの子がいて、
その奥に日高が上がってきてるのもわかってんだけど、
右SBとしては、CBとの間を空けるわけにはいかず、
(空けりゃ、その途端に間からシュート打たれること必定)
かといって外をほっとけばパスを出されて終わり、
じゃどっちを選ぶ?といいた感じでまさに釘付け状態、苦笑。
仕方なく外を諦めて日高にキッチリやられたんだけど、
どうすりゃいいんだよああいう時は、笑。
つうか、力が段違いだからああなるわけで、
トップとの差をつくづく感じた終盤だった。0-2。

(大ちゃんともやっぱ同じような話をして、
彼は川上が飛ぶとそれはもう200%勝てないので、
何とか飛ばせないようなボールの引き出し方を苦心してた模様)

Baybay5

3本目。トップのレギュラー陣はずいぶん抜け、
替わりに監督が入ったりしたんだけど、
両翼がユースになったお陰で最年長SB陣もそこそこ健闘?笑。
…とはいえ、やっぱり半ばから押し込まれ始め、
下がった健生&もっちのCBコンビで跳ね返し続けたんだけど、
最後は「ああいうの結構決めてますよ」とかいうアベちゃんの、
CK直接サイドネット揺らしで幕。
個人的には中に絞ってて間近で見たんだけど、
アレはGKも、ポジショニングは別問題としてノーチャンスだった。
0-1の合計0-5で完敗。
まぁ当たり前なんだけど、トップの連中がハンパないことを、
再認識したっす。

皆とモノレールで浜松町に出て、健生先生と新宿まで山手線。

夜は行きつけの香港屋台でうまい料理を食って帰ったんだけど、
本職そっちのけで金勘定しかしていない公務員には呪いあれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.01

1年

練習初見学から、
1年が過ぎた。

Renshu

ちょうど5月1日。
あの時は誰がいたんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »