« 4部開幕戦 | Main | 日曜続き »

2009.05.24

F市の

リーグも開幕。
チームHの初戦が多摩川べりにて。

早朝の移動中に雨が強くなり、
到着時は試合を危ぶむ声もあったものの、
(実際、近隣の試合は早々に中止になっていた)
グラウンドの状態は全く問題なく(サッカーどころF市の、
このグラウンドはいつ来ても本当に素晴らしい)
“これならむしろ蹴球日和じゃね?”と思ってたら、
案の定、やることに決定。笑。
予定通り9時半から試合が始まった。

Honshuku11

相手は昨季最終節で2-0会心のゲームで下したところ。
…ということで、向こうは期するところが大だったのだと思う。
DFにこそ難があるものの、
元々攻撃はスピードがあって強烈なチームだし。
一方こちらだって、ほぼ全員の17人参加で、
ボランチにゲーム・リーダー的な人材の補強まで敢行、
前後半ターン・オーバーして、笑、がっぷり4つに組み合える…
ハズだった。いや、前半は1-2でリードを許しはしたものの、
確かにがっぷり4つの、悪くない試合だった。前半は…

後半、総監督に欲が出てしまい、
逆転するつもりで前半の攻撃陣を予定外に多めに残した。
でありながら、全員出場の荒事に挑んだため、
DFがようやくなじんできた時間に、
両SBを替えていくような悪手を続けてしまい、
さらには前半のDFまで投入…となると後ろが大混乱。
決定的なカウンターを食らって息の根を止められた上に、
最後はパワープレイもあって全員が戻らず、
自分を含む走れる2、3枚だけで守備全域をカヴァーするという、
(それでいてシュートも打ってたり、苦笑)
アナーキーな世界になってしまった。
決め事が何もないとこうなるという草蹴球の典型。

個人的には、人数の多さが裏目に出たというか、
もし全員出場が目的であれば、
勝敗にはある程度目をつぶって機械的に分割する、
つまりDF4枚は動かさず、
前半6名、後半6名を適度に、か、
もしくはどっちかを勝負セットにして、
6(前半)+4(前後半)+6(後半)+1(GK)にする、
しか方法はなかったと思う。
まぁ、あくまで勝負に徹するなら手は全然別だけど…
難しいよね。どうせ暑くなると人も減ってくるんだし。

続く…

|

« 4部開幕戦 | Main | 日曜続き »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference F市の:

« 4部開幕戦 | Main | 日曜続き »