« 1年 | Main | U14 »

2009.05.02

v.s.東京ベイフットボールクラブ

大井町の改札を通過しバスへ急ごうとすると、
けいと&もっちコンビとバッタリ。
駅で主将と待ち合わせだそう。
なら、ということで同行することにしたものの、
肝心の主将、待てども待てども来やしない。
業を煮やしたもっちが電話をしたら、
「早めに着いたんでもうグラウンドに来た」。
わがままパワー爆発、苦笑。
しょうがないんで3人でタクって大井第一へ。

今日はユナイテッドの練習試合3戦目。
相手はトップチームだ。笑。
まぁレギュラーのメンツはあまり来ない、と、
前もって聞いてはいたのだけれど、
それでも主将とゆーた、牛さん、学ちゃん、復活アベちゃん、
荒畑、日高、それに熊谷、湯本といった新入メンバーの、
豪華ラインナップ(そこにユースが入った)。
対するユナイテッドは、もっちがケガから復帰。
中盤を健生とコマッティ、ケイトで作って、
1トップの大ちゃんへ。
そこに伊藤、小山あたりが絡む、といった、
仁義なき闘いだった、笑。
(ちなみにマツは来るつもりで家を出たものの、
東名の渋滞で即めげたらしい。苦笑)

Baybay4

30分3本、ということで始まり、1本目。
最初はけっこう均衡してたのだけれど、
学ちゃんのFKが決まって緊縛が途切れ、
最後主将にも決められて0-2。

続く2本目。
いよいよユナイテッドの誇る最年長SBコンビの出番。
もちろんトップにすればそこが穴なんだけど。苦笑。
この2本目も最初の15分はこっちも攻め込むなど、
けっこういい勝負。…だったんだけど、
結局は主将と学にズタズタにされる。いや、やっぱうまいわ。
特に4点目の日高の点?だったか、
ヴァイタルで主将にボールを持たれると、
例えば左にユースの子がいて、
その奥に日高が上がってきてるのもわかってんだけど、
右SBとしては、CBとの間を空けるわけにはいかず、
(空けりゃ、その途端に間からシュート打たれること必定)
かといって外をほっとけばパスを出されて終わり、
じゃどっちを選ぶ?といいた感じでまさに釘付け状態、苦笑。
仕方なく外を諦めて日高にキッチリやられたんだけど、
どうすりゃいいんだよああいう時は、笑。
つうか、力が段違いだからああなるわけで、
トップとの差をつくづく感じた終盤だった。0-2。

(大ちゃんともやっぱ同じような話をして、
彼は川上が飛ぶとそれはもう200%勝てないので、
何とか飛ばせないようなボールの引き出し方を苦心してた模様)

Baybay5

3本目。トップのレギュラー陣はずいぶん抜け、
替わりに監督が入ったりしたんだけど、
両翼がユースになったお陰で最年長SB陣もそこそこ健闘?笑。
…とはいえ、やっぱり半ばから押し込まれ始め、
下がった健生&もっちのCBコンビで跳ね返し続けたんだけど、
最後は「ああいうの結構決めてますよ」とかいうアベちゃんの、
CK直接サイドネット揺らしで幕。
個人的には中に絞ってて間近で見たんだけど、
アレはGKも、ポジショニングは別問題としてノーチャンスだった。
0-1の合計0-5で完敗。
まぁ当たり前なんだけど、トップの連中がハンパないことを、
再認識したっす。

皆とモノレールで浜松町に出て、健生先生と新宿まで山手線。

夜は行きつけの香港屋台でうまい料理を食って帰ったんだけど、
本職そっちのけで金勘定しかしていない公務員には呪いあれ。

|

« 1年 | Main | U14 »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Bay」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference v.s.東京ベイフットボールクラブ:

« 1年 | Main | U14 »