« ハセベと重役 | Main | 幸福論 »

2009.06.04

ヤング@ハート

最近、人気の度合いというものがよくわからないので、
知られているのか知られてないのか正直不明なのだけれど、
あちこちでかなり話題を呼んではいるらしい、
高齢コーラス隊(撮影時は平均80で最高齢が92!)の、
リハ~コンサートに密着したドキュメンタリー。

映画としては、まず練習風景の頭に、
ソニック・ユース「スキッツォフレニア」(なんて曲を、
じーちゃんばーちゃんが歌ったりするわけだ)を、
持ってきたりするのが、狡猾。巧い。
まぁコーラス隊の選曲自体からして、
指揮者であるトーキング・ヘッズ好きボブ・シルマン(50代)の、
力に負っているところが大なのだけどね。
(選曲の狙い等は、特典映像のインタビューで、
本人が話している)、
ただ、ポイントに持ってくる曲が、
「アイ・フィール・グッド」だったり(もちろんJB)、
アラン・トゥーサンの「イエス・ウィ・キャン・キャン」だったり、
(↑こういうのも狡猾)
ま、コールドプレイの「フィクス・ユー」なんかはベタだけど、
ディランの「フォエバー・ヤング」だったり、
実は監督の編集も絶妙。

それと、じーちゃんばーちゃんが歌うと、
原曲の歌詞の意味がズレを生んで、
そこはかとない味わいを醸し出すのが最高に面白く、
そういう曲もまたかなり選ばれて照明を当てられてると思う。
例えば「パープル・ヘイズ」の、
「頭ン中で紫の煙がモヤモヤして」とか、
「ゴールデン・イヤーズ」の歌詞とか、もう笑うしかないわけで、
でもそれは、バカにした笑いじゃなくて、
理由は言うまでもない、ある種の苦味を伴った笑いなわけだ。

よって、メンバーの“死”に裏打たれた、
「フィクス・ユー」が感動を呼ぶコンサート本番そのものより、
その前、囚人に向かって「フォエバー・ヤング」が、
怪しげなフリ付きで歌われる刑務所慰問ステージ、
そっちの方にクライマックスがある。
…というように見える作りも、狡猾…なんだよなぁ。

いずれにせよ、ホントはもっと生々しいはずだろうけどね。
そいつを何とか出そうとして失敗した、笑、
唐突な“セックス・アニマル”の章も含め、
へたな劇映画なんかよりはるかに狡猾さにくすぐられる、
久々に借りたDVD

|

« ハセベと重役 | Main | 幸福論 »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤング@ハート:

« ハセベと重役 | Main | 幸福論 »