« コンフェデ | Main | 蹴球運気、上向き…? »

2009.06.12

象を抱く

ワープロで打たれてきた原稿に、
そう書いてあるのを見て、
「はぁ…?」
と思ったのだった。

しかも正確さを期すと、
“象”の前に、“底知れぬ”、
という形容詞が付いていて、
“底知れぬ象を抱く”、
だった。

“底知れぬ象”。
なんかすごそうな、
イメージは湧く。
底知れぬ…
“底知れぬ沼”、
“底知れぬ力”…
底知れぬ、だけでも、
底知れぬ感じなのに、
プラスさらに“象”だ。
蹴球で言うなら、
終了5分前にダメ押しを食らったのに、
ロスタイムに退場者まで出された感じ、
でも、“底知れぬ象”の、
象の底というのは何なのか、
正直言うと、
よくわからない。

ひそかに懊悩していたら、
「すみませーん」、
と軽い電話が入って、
“象”が“憎悪”になった。
単純な打ち間違いだったらしい。

|

« コンフェデ | Main | 蹴球運気、上向き…? »

Doubt」カテゴリの記事

Word」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/45321657

Listed below are links to weblogs that reference 象を抱く:

« コンフェデ | Main | 蹴球運気、上向き…? »